憲法の勉強で何を意識すればいいのか。

憲法の勉強で何を意識すればいいのか。

2019-02-21

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「憲法の勉強で何を意識すればいいのか」についてお話いたします。

憲法をただ漠然と勉強している人がいますが、それはゴールを見ないで走り出すのと一緒で、効率のよい勉強はできません。

まずは「憲法とは何か」を考えましょう。

憲法は大きく分けて「人権」と「統治」の2種類がありますが(「総論」もありますが)、人権というのは国民の暮らしを守るためのもの、統治というのはルールです。

つまり「人権」を守るためのルールが「統治」の役割なのです。

「人権」と「統治」というのは、そういった関係性だということです。

これを知っているだけでも、今、自分が勉強していることは、どこの部分だという意識が強くなりますので重要です。

頭の中がごちゃごちゃになる科目ほど全体を見渡すことを怠らないように心がけましょう。

「行政書士試験に合格できる計画を教えてほしい」という方は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME