スマホの活用法。

スマホの活用法。

2019-03-15

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「スマホの活用法」についてお話します。

最近は、スマホのアプリや動画などを利用した勉強方法も増えてきていますね。

重たい辞書や問題集を持ち運んでいた時代と比べると雲泥の差ですね。

ただスマホは便利なツールですが、使い方を誤るとダメですね。

私の感覚では、問題集や辞書はスマホでも良いと思います。

ですが、テキストは断然、紙のものでないと危険ですね。

書き込んだり、ページを瞬時にめくったり、記憶として定着させるのは、断然、紙ベースの方が優れていると思います。

紙の本はその世界に入るこめるもの、スマホの書籍は景色の一部として眺めるもの、といった人がいますが、私が受験生を見ていても、その言葉は当てはまっている気がしますね。

ただ、今後、紙の書籍から完全に電子書籍になり、学校の授業もすべてタブレットで行うようになったときは、その認識も変わるでしょうし、10年前と比較しても、徐々に変化してきています。

今はその過渡期の時代ですので、「スマホの方が便利なもの」「紙の方が優れているもの」をしっかりと分けて考えましょう。

「スマホを有効活用して、行政書士試験に合格したい」という方は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME