もしも石井がスマホを使って行政書士試験の勉強をしていたら。

もしも石井がスマホを使って行政書士試験の勉強をしていたら。

2019-03-18

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「もしも石井がスマホを使って行政書士試験の勉強をしていたら」についてお話します。

完全に落ちていますね。

というか、行政書士試験の勉強を始めていなかったことでしょう。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は漫画からスタートし、小説やアニメ、映画などにもなりましたが、「もしも石井がスマホを使って行政書士試験の勉強をしていたら」は、小説どころか2行くらいで終わりますね。

それくらいスマホを使った勉強は難しいと思います。

電車に乗っていると、ほとんどの人がスマホを見ていますが、この環境下での勉強は厳しいですね。

私の時はガラケーだったのでメール程度でしたし、本や新聞を読んでいる人もたくさんいました。

でも、今はみんなスマホですからね。

友達とSNSやったり、芸能人のインスタグラムを見ている時間って、間違いなく10年後、何の役にも立っていません。

でも、行政書士の資格を頑張ってとれば、10年後は、独立開業して稼いでいます。

もちろん、先日、お話した通り、スマホを使った勉強方法はたくさんあります。

しかし、それと同時に、しっかり自己管理しないと誘惑に負けますので、目の前のことだけを見るのではなく、もっと先を見据えて物事を考えるようにしましょう。

「スマホを有効活用して、行政書士試験に合格したい」という方は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME