子供が春休みの時の行政書士試験の勉強方法。

子供が春休みの時の行政書士試験の勉強方法。

2019-03-19

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「子供が春休みの時の行政書士試験の勉強方法」についてお話します。

春休みはだいたい3週間くらいでしょうが、実は、春休みは、夏休み、GW、冬休みなどと比較しても最も重要な長期休みです。

なぜなら、学年が変わるこの時期に、しっかりと今の学年で勉強したことを復習しておかないと、4月以降勉強が遅れ、落ちこぼれてしまうからです。

結局、春休みにしっかりと復習していないから、授業についていけず、「なんとか夏休みに復習して挽回する」ということにつながるわけですので、学年が変わる前にしっかりと勉強しておくことが重要です。

ここまで行政書士試験の勉強とまったく関係ないようですが、本当に何にも関係ありません・・・

強いて言うなら、お子さんと一緒に勉強するというのも大切だということでしょうか。

時々「息子が高校受験だから私も行政書士試験を目指します」「娘が大学受験なので、私も一般知識を教わっています」といったご家庭がありますが、そういった親子は一緒に1年間頑張れているケースが多いです。

自分一人では途中で挫折しそうなときは、家族と一緒に勉強するという気持ちを持つことも重要です。

やるべき勉強内容は違っていても、「勉強している」という姿勢を見せることは、お子さんの励みにもなるはずです。

「なんとしても行政書士試験に合格したい」という方は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME