荷物の多い人は不合格。

荷物の多い人は不合格。

2019-03-22

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「荷物の多い人は不合格」についてお話します。

毎日、テキストに問題集、六法に法律用語辞典を持ち歩いている人は残念ながら2019年度行政書士試験に不合格となることでしょう。

たかだか会社の往復にそれだけ持ち歩くということは、やるべきことが明確になっていない証拠だからです。

「今日やろう」と決めているものだけ持っていきましょう。

2つもあれば十分ですね。

あとは、帰宅してから確認すればよいでしょう。

よく「大きなカバンの人は仕事ができない」といいますが、それと同様です。

荷物の多い人は、それだけ頭の中が整理されていないということなのです。

もちろん、大荷物で動かなければならないこともあるでしょうが、日常では、勉強の優先順位を考えて行動するようにしましょう。

「なんとしても行政書士試験に合格したい」という方は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME