人間は同じ姿勢でいるとより疲れる。

人間は同じ姿勢でいるとより疲れる。

2019-06-20

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「人間は同じ姿勢でいるとより疲れる」についてお話します。

立ったり、動いたりすると疲れることは、しばしばありますが、実は、座って勉強したり、横に転がって休憩しても、人間は疲れてしまうものなのです。

休憩とは単に休むだけでなく、姿勢を変えることこそが重要なのです。

普段から座って勉強ばかりしている受験生の場合には、むしろ、軽く歩くくらいの方が休憩には有効でしょう。

平日、仕事や家事で働いているので、日曜日だけは、何時間も座って勉強を続けている人も多いかと思いますが、30分に1回は席を立って、体を動かすようにしましょう。

体を動かすことで、よりいっそう脳も活動的になるのです。

「行政書士試験の勉強にメリハリをつけて、令和元年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME