行政書士試験の勉強では、考えすぎないことが大切。

行政書士試験の勉強では、考えすぎないことが大切。

2019-06-27

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強では、考えすぎないことが大切」についてお話します。

考えることは大切です。

これは行政書士試験の勉強だけでなく、人生においても、考えることによって道が開けます。

でも、考えすぎるのは危険です。

ある意味では、考えすぎるのは、まったく考えないことよりも有害なのです。

それは何故か?

行動力が落ちるからです。

「あー、これはどうしたらいいんだろう」と考えすぎれば過ぎる程、時間だけが過ぎ、勉強が一向に進まなくなってしまいます。

考えることは重要ですが、あまり深く考えすぎないように心がけましょう。

立ち止まる秀才よりも、前に進む馬鹿を目指しましょう。

「効率の良い勉強方法を実践して、令和元年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME