行政書士試験受験者の年代別の傾向について。

行政書士試験受験者の年代別の傾向について。

2019-07-19

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験受験者の年代別の傾向について」についてお話します。

近年の行政書士受験生の年齢を見てみると、幅広く受けられていることが分かります。

もちろん、20代から50代が行政書士試験のメイン層なのですが、60代以上の方も受験し合格されています。

年齢によって、仕事を持ったり、家庭を持ったり、子育てをしていたり、定年したなど様々でしょうが、それぞれの時期に合った勉強方法を行うことが重要なのです。

行政書士試験の勉強に費やせる時間が少なくても、短い時間をうまくつなぎあわせていけば、トータルでは大きな時間を作ることは可能です。

忙しい方は、まとまった時間を作るのではなく、細かい時間を見つけて、うまく活用するようにしましょう。

「多くの時間は作れなくとも細切れの時間をうまく使って、令和元年度行政書士試験に絶対に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご確認ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME