行政書士試験の勉強に遅れが出ている場合、どうすべきか。

行政書士試験の勉強に遅れが出ている場合、どうすべきか。

2019-08-02

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強に遅れが出ている場合、どうすべきか」についてお話し致します。

行政書士試験まで、100日と少しです。

昨日もお話しさせていただきましたが、2020年11月7日(土)正午をもちまして、勉強法の販売を終了させていただきます。
(フォローにつきましては、2021年の行政書士試験日まで行わせていただきます)

これまでの期間、仕事が忙しかったり、体調が悪かったりで、もしかしたら思うように勉強がはかどらなかったかもしれません。

ただ、それらを取り戻そうと思っても、遅れを取り戻すためには「これまでの遅れ」に加えて、新たに「これからの計画」も実行しなければならないため、そううまくはいきません。

では、どうすればよいでしょうか。

それは「優先順位を決めてしまう」ことです。

本試験までの残り期間が、3ヶ月と少しのですので、「やるべきこと」「やらないこと」を明確に分ける必要があります。

特に「やらないこと」を決断することは勇気が必要ですが、行政書士試験に合格するために必要なことですので、ぜひ実践するようにしましょう。

「絶対にこの勉強法で最後まで諦めず、令和元年度行政書士試験をなんとしてでも合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME