行政書士試験勉強の優先順位はどうすべきか。

行政書士試験勉強の優先順位はどうすべきか。

2019-08-20

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験勉強の優先順位はどうすべきか」についてお話し致します。

行政書士試験の勉強で、8月、9月に何を優先すべきかは、受験生によって異なります。

「まだ勉強を始めたばかりの人」「受験経験が何回もある人」「1日の勉強時間を多くとれる人」「家事や仕事が忙しく隙間時間でしか勉強できない人」「既に一通りの勉強は終了し、予想問題を始めている人」「まだ憲法の途中までしか進んでいない人」。

現在の進捗状況や確保できる勉強時間によって、やらなければならない勉強というのは変わってくるのです。

勉強が予定通りに進んでいる人は「本試験でミスしても合格できるだけの力」を身につける必要がありますし、まだ行政書士試験の勉強がほとんどできていない人は、今から180点をとるために、何をすれば合格可能性が最も高くなるのか考える必要があります。

もう令和元年度の行政書士試験まで時間がありません。

自分一人で考えて結論が出ないのであれば、悩んでいる時間がもったいないですので、積極的に行政書士試験の指導者にアドバイスを求めるようにしましょう。

2020年11月7日(土)正午をもちまして、私たちの合格勉強法の販売を終了致します。

令和元年度行政書士試験まで、残り3ヶ月を切りました。

「まだまだ令和元年度行政書士試験を諦めたくない」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME