行政書士試験の短期合格に必要な2つのポイントとは?

行政書士試験の短期合格に必要な2つのポイントとは?

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 「条文はすべて覚えた方がいいですか?」 「条文はどこまで覚えたらいいですか?」 「条文の勉強でお勧めの教材があったら 教えてください」 というご相談が非常に多いようです。 ところが、市販のテキストや教材を 見る限り、条文に関するお勧めの教材が ありません・・・。 その一方で、「条文は眺める程度で 具体的な勉強方法が分からない」 「どこまで覚えたらいいか分からない」と 悩んでいる受験生が多いのも事実です。 そのようなご相談を受けて、マニュアル作成者で メールサポート担当の石井と、現在、 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 行政書士試験で狙われる条文の対策方法を 検討しています。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ もし、あなたが、「条文は毎回、なんとなく 目を通しているだけ」で、「ほとんど頭に 入っていない」とか、「効果的な条文の 勉強方法を知りたい」と思っていたら、 是非、期待してください。 また、詳細が決まり次第、このメルマガにて お伝えします。 — ところで、毎年、この時期になると、 「今からでも今年度の試験に間に合うでしょうか?」という ご相談をいただきます。 また、最近、似たようなご相談が2件ありましたので、 今日はそのうちの1つをご紹介しておきましょう。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 短期合格に必要な2つの重要なポイントも解説しています。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 是非、参考にしてください。 ↓↓↓ ここから ↓↓↓ > 【受験回数】: 今年初めて受験します > 【ご意見・ご感想・ご質問 】: > 坂庭様 > > こんにちは。私は現在31歳、今年2月から行政書士の資格取得の > 為の学校に通っているIと申します。 Iさんは、今年の2月からスクールに通って 勉強なさっているということですね。 > 私は今年6月迄は派遣、アルバイト等の仕事をしておりましたが、 > 7月からは勉強専念を決して、無職で行政書士の勉強に取り組んで > おります。 なるほど。 派遣やアルバイトを辞めて、7月からは 勉強に専念しているわけですね。 Iさんの意気込みが感じられます。 さぞかし、真剣に今年度の合格を目指して いらっしゃることでしょう。 私も行政書士の勉強を始めた時はサラリーマンでしたが、 5月いっぱいで仕事を辞め、6月からは勉強に専念して 一発合格しました。 ですから、Iさんの覚悟が私にも分かります。 是非、今年度の合格を果たしましょう。 > 7月に入って学校の憲法、民法、行政法と問題集を1問ずつ繰り返 > し解いて思ったことは、せっかく問題を何度も解いても時間が経過 > するとすぐに解けなくなってしまうということ。 > > 繰り返しの回数が足りないと言われればそうなのかもしれませんが > 、問題集を丸暗記するほど解くというのはかなりの時間がかかって > しまい、とても今年の受験には間に合いそうもありません。 > 合格が先延ばしになってしまえばしまうほど、坂庭様のおっしゃっ > ていた「負のスパイラル」に陥ってしまいそうでとても不安です。 確かに、憲法 ⇒ 民法 ⇒ 行政法と 法令科目ごとに1つ1つ進めても、 時間が経過すると、忘れてしまい、問題が解けなく なってしまいますよね。 そこで、重要なポイントが2つあります。 まず、1つ目ですが、それぞれの科目に、いきなり じっくりと時間をかけるのではなく、 とにかく、一通り、全ての科目に目を通し、 全体を通して簡単にインプットを終わらせてしまうことです。 2つ目は、1つ目のポイントとも重なりますが、全体を通して、 一日も早く、インプットを終わらせることによって、 「木を見て森を見ず」にならず、全体を把握することです。 この2つによって、法令科目全体が把握できますし、 また、早い段階で全体を把握することによって、 精神的な余裕が生まれます。 この2つのポイントを押さえておかないと、 いつまで経っても、勉強が先に進みません。 また、行政書士試験の全体像が把握できないため、 常に手探り状態で、真っ暗なトンネルの中を さまよっている不安にかられてしまいます。 まずは、早い段階で全体を通して全ての 法令科目のインプットを終わらせること、 そして、行政書士試験の全体像を 把握してしまうことです。 > 私自身、もともと勉強の出来る人以外、普通の人は「周りと同じ勉 > 強」だけしていても受からないような気がします。 おっしゃる通りです。 勉強は才能ではありませんので、よほど 間違った方法でもない限り、時間をかければ 誰でも合格は出来ます。 ところが、行政書士試験は範囲が広いので、 効率の良い勉強をしないと、逆に、いつまで 経っても過去問や予想問題を解けるレベルに 達しません。 この「効率の良い勉強法」さえ知っていれば、 3年も4年も遠回りせずに、誰でも短期一発 合格が出来ます。 その一方で、効率の良い勉強法を知らない 多くの受験生が、「行政書士試験は難易度が高く、 試験範囲が広いから、2~3年は 覚悟で勉強しないと受からない」などと 最初から短期合格を諦めてしまいます。 実際に、インターネット上の掲示板を見ると、 そのような「誤った情報」を書き込む人間と、 それを鵜呑みにしてしまう人がいるのが、 非常に残念です。 また、そのような「誤った情報」に振り回されて しまうことで、本来なら半年~1年で誰でも 合格できる試験にも関わらず、受験地獄に 陥って抜け出せない人もいますから、 非常に危険ですね。 私のご提供しているマニュアルを実践した受験生は 短期一発合格者もいますが、何年もの間、 受験地獄に陥っていた方でも、マニュアルを購入して 実践した年に受かっています。 これこそが、「いかに効率の良い正しい勉強法を 実践すれば、誰でも短期一発合格できる資格である」と 証明していると言えるでしょう。 参考までに、マニュアルの販売サイトの下部に掲載の 「合格者の声」をご覧ください。 行政書士試験短期合格勉強法 > そこで坂庭様にご質問がございます。 > > 試験まで110日をきってしまった今、御社の作成したマニュアル > を購入すれば状況は変わるのか??と期待してしまったのですが、 > 御社のマニュアルにも向き不向きはございますでしょうか? 結論を申しますと、「向き、不向き」は全くありませんので ご安心ください。 あるとすれば、マニュアルに書かれたノウハウを 「実践するか、しないか」だけです。 実践すれば、確実に状況は変わります。 まして、Iさんの場合、すでに2月からの スタートですから、全くのゼロからではありません。 そのため、今からでも十分、今年度の合格は狙えます。 どうぞ、ご安心ください。 > 私は御社の無料のマニュアルの解説の中の会社法の選択肢5の解説 > 「情報量を少なくする」というパターン解法が今一歩理解できなか > ったレベルです。 > > お忙しい中、大変恐縮ではございますが回答をお待ちしております。 無料レポートの解法テクニックのことですね。 こちらはノウハウの一部を抜粋したものですが、 解法テクニックが理解できなくても全く 問題ありませんのでご安心ください。 まず、上記の無料レポートは、そもそも「テクニック」に 過ぎません。 テクニックはあくまでも小手先のテクニックです。 私たちも、「このテクニックを使って、全ての問題をクリアしましょう!」とは 推奨しておりませんし、むしろ、「あくまでもテクニックに すぎないので、しっかりとマニュアルに書かれた インプットとアウトプットの方法を実践し、実力をつけましょう。 それでも、解けない問題や基本書や過去問で 見たこともない問題に遭遇したら、最終手段として 解法テクニックを使ってください」とアドバイスしています。 つまり、「テクニックありき」ではなく、マニュアルに書かれた ノウハウを実践し、それでも解けない問題に遭遇した場合にのみ 解法テクニックを使ってください、というものです。 ところで、マニュアルで最も画期的なノウハウが、インプットの方法になります。 マニュアルご購入者さまのほぼ全員が、「これまでに 聞いたことがない方法だ」「目からうろこ」と言っている ノウハウですね。 この画期的なインプットの方法こそ、最初にお伝えした、 ポイントの2つを同時に満たすもので、個人差はありますが、 マニュアルを実践すれば、1~2日で法令科目の一通りの インプットが完了してしまいます。 多くの受験生が半年以上勉強しても、 憲法 ⇒ 民法 ⇒ 行政法・・・と進めるうちに すでに憲法も民法も忘れてしまい、また憲法に戻り、 いつまで経っても過去問や予想問題を解けるレベルに 達しないばかりか、全体像すら把握できずに挫折していきます。 ところが、マニュアルの方法を実践すれば、最初の数日で 行政書士試験の全体像を把握でき、一通りの インプットが行えるので、頭がスッキリし、精神的にも 非常に楽です。 つまり、マニュアルを購入し、実践している受験生と、 そうでない受験生は、そもそもスタートの段階で、 圧倒的な差がついている、ということになります。 そのためにも、最初にお伝えした2つのポイントをしっかりと 押さえることが重要ですね。 このノウハウに「向き、不向き」は一切ありません。 正直、小学生でも実践できる内容ですから、 あとは、Iさんが「実践するか、しないか」それだけです。 私たちは「どうせ同じゴールを目指すなら、マラソンや 自転車で目指すのではなく、車を使え」と言っています。 それが、ご提供しているマニュアルになります。 もちろん、Iさんが特典やメールサポートを 200%活用し、私やマニュアル作成者の石井を 徹底的に使い倒してくれれば、このマニュアルは 「車」どころか、「ジェット機」にもなるでしょう。 今年度の試験にはまだまだ十分間に合います。 一緒に合格をもぎ取りましょう。 Iさんからのご注文を心からお待ちしております。 熱心なご相談、誠にありがとうございました。 坂庭 ↑↑↑ ここまで ↑↑↑ あなたも、どうせ同じゴールを目指すなら、マラソンや 自転車で目指すのではなく、ジェット機を 使ってください。 今からジェット機で、「合格」というゴールまで ぶっ飛ばす方法はこれです↓ 行政書士試験短期合格勉強法 それでは次回もよろしくお願いします。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME