平成22年度の行政書士試験に合格するための視点とは?

平成22年度の行政書士試験に合格するための視点とは?

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 気づいたら月末です。 今月はほとんど寝てません(苦笑) 実は・・・、 私の余談を聞いているほど、あなたも ヒマじゃないでしょう。 10月の限定特典はこれが最後のご案内です。 あと2日で終了となりますので、 お忘れなく。 10月の限定特典はこちら↓ 行政書士試験短期合格マニュアル 今日は、自分を正しく評価することの 重要性をお伝えします。 特にここから本試験までは、この 視点が極めて重要です。 ここで、自分に厳しすぎると、不安が大きくなり、 自信が持てず、本試験までに実力が伸びるどころか、 パフォーマンスが落ちます。 実際に、私のご提供しているマニュアルのご購入者様には 毎週、任意で一週間の勉強状況を「実践報告」という 形で送ってもらっています。 ところが、「今週はほとんど評価できる点が ありません」という方が時々いるんです。 勉強熱心な方に限って、この傾向は強いですね。 ということで、マニュアルご購入者様の Nさんとのやり取りの「一部」をご紹介しましょう。 ↓↓↓ ここから ↓↓↓ > 7月にお返事を頂いてから、何度も読み > 返し、少しでも「成果」をあげてから報告 > したかったのです。 > > 隙間時間や問題を解く、などはやって当然 > だと思っていましたし、「評価できる点」 > が見つけられず、実践報告を途中まで書いては > 送信できずの繰り返しでした。 Nさんは、ご自分に厳しすぎるようですね。 「自分を許す」ことも必要ですよ。 どんなに小さい成果でも、「自分をしっかりと 評価してあげること」、が重要です。 評価するばかりではいけませんが、 改善点と評価する点のバランスが必要です。 「改善点だけ」では、言ってみれば 「減点法」ですからね。 どんなに小さな点でも構いません。 評価できる部分を見つけて書いてください。 隙間時間を活用できるのも凄ことです。 なぜなら、マニュアルを買っただけで、 実践すらしない人がいるのですから(笑) 「隙間時間を活用した」というのは、 マニュアルをしっかりと実践している証拠です。 問題を解いたのであれば、どの法令科目の、 あるいは、どんな教材の問題を何問、 または何分くらい解いたのか? そのあたりも、振り返ってみてください。 「今日は何もやらなかった」のと違って、 評価すべき点ですからね。 > 子供の頃から > 「解らないからとすぐに人を頼るな」 > 「自分で全て調べてみてから聞け」 > と言われて育った環境でしょうか > 人に言って解決出来ることは、自分で > 出来るはずだとずっと思っていましたし、 > 自分の責任だと思っていました。 > > 仕事のやり方で解らない所を聞くのは > 当然ですが、よくよく考えてみたら、 > 自分から相談するのは、 > 坂庭先生が人生でふたり目でした。 そうでしたか。 Nさん、ご自分をほめることや、 ご自分を許すことと同じように、 「相手に甘えること」も大切です。 「相手に甘えるのも、優しさの1つ」というんでしょうか、、、。 せっかくマニュアルをご購入いただいたのに、 相談してもらえなかったら、私たちも 寂しいじゃないですか(笑) 「●●●学習は順調かな?」 「メールサポートを活用しないで大丈夫かな?」 「独学に陥っていないかな?」 「今、どんなことで悩んで、つまずいているのかな?」 などなど、私たちはいつも心配しています。 それから、ご自分から相談するのは私が人生で ふたり目とのことですね。 私なんて、まだまだ若輩者ですが、 それでも、そう言っていただけるは とても嬉しいです。 ありがとうございます。 もっと、相談してください(笑) メールサポートを3回分、徹底的に活用し、 私たちを使い倒すくらいのお気持ちで ぶつかってきてください。 メールサポートの3回分を消化してしまっても、 しっかりとマニュアルを実践している方からの ご相談でしたら、何度送ってもらって構いません。 個別の返信はお約束できませんが、 機会があれば裏メルマガでご紹介し、 アドバイスいたしますので。 > 「人の相談を解決してあげられる」と言う > 魅力から行政書士になる決心をしたのに > 視野が狭すぎたんです。 育った環境もあるようですが、やはり、 Nさんはご自分に少し厳しすぎるようです。 どんなに小さな達成でも、今まで出来なかったことが 出来るようになることは、非常に凄いこと。 そう思いませんか? 昨日までは知らなかった民法の法令を1つでも 理解できる、って凄いことだと思いません? その自分を評価し、自分を許しましょう。 もっと、ありのまま、今の自分をそのまま 受け入れることが出来れば、独立開業後、 人の相談を解決する際に、相手をありのまま 受け入れて、相談に乗ってあげられると思います。 Nさんに限っては違うと思いますが、 私のように自分に厳しすぎると、相手にも、つい 厳しくなってしまうことが多々あるので、反省ですね、、、。 > 話がそれました。 > 1回目の模擬試験では時間が足りず > 一般問題ラスト4問が触ることすらできず > だったのが、2回目でペースを掴め、 > 3回目で5分見直す時間を取れた > (点数に結びついていませんが) > と言うだけでも「評価」したいと思います そうですか。 Nさんは、直前期対策セミナーDVDを ご購入いただきましたよね? ご注文、ありがとうございました。 DVDでは、ペース配分についても 非常に詳しく解説してあります。 石井が「最低でも、この時間で終わらせれば、 少なくとも18分残りますから、解き漏れが なくなります」という解説もしていますから、 是非、今後の模試などで意識してください。 まだまだ力は伸びますから大丈夫です。 あいにく在庫が全て無くなってしまったので、 お届けが今月末になってしまいますが、 すでに決済を完了なさっていますから、 音声とレジュメで進めてみてください。 > お仕事中に何度もお手間を取らせてしまい > 本当に申し訳ありませんでした。 とんでもありません。 本試験のチャイムが鳴り終わるまでが勝負です。 まだ、Nさんの実力はこんなものじゃありません。 まだまだ伸びます。 最後の最後まで絶対に諦めずに、乗り切りましょう。 坂庭 ↑↑↑ ここまで ↑↑↑ 「テキストを1回も開かなかった」 「問題を1問も解かなかった」など、 「勉強を1秒もしていない」のであれば、 評価できる点はないでしょう。 ところが、ほんの少しでも勉強したのであれば、 それが、まだ成果につながっていなくても、 必ず評価してください。 というか、ご自分で評価できる点を必ず 見つけてくださいね。 とくに、これからの時期、本試験までは 減点法ではなく、「これまで勉強してきた その積み重ね」そのものを評価してください。 「まだ、これが出来ていない」 「まだ、あれが理解できていない」ではなく。 「ここまで理解できている」 「もう少しで、あれも理解できそうだ」など。 今日まで投げ出さないで続けてきたことが 財産です。 その中から評価できる点は多々あるはずですから。 ところで、直前期対策:解法テクニック徹底マスター セミナーDVDの販売は11月5日までとなっています。 一般非売品でマニュアルご購入者様限定販売に なりますので、興味をお持ちでしたら、まずは 11月5日(金)の正午までに、こちらのマニュアルを ご購入ください。 行政書士試験短期合格マニュアル それから10月の限定特典も、これが最後の ご案内です。今月中にマニュアルをご注文・お支払いの方にだけ 差し上げていますので、くれぐれもお忘れなく。 10月の特典はこちら↓ 行政書士試験短期合格マニュアル それでは次回もよろしくお願いします。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME