平成23年度行政書士試験一般知識対策の教材について。

平成23年度行政書士試験一般知識対策の教材について。

こんにちは。 最近、吹き出物が2つも出来てしまった 行政書士の坂庭です。 「ニキビ」といえない歳なのがツラい(苦笑) それは、いいとして。 いよいよ、9月ですね。 まず、メルマガに関するご案内です。 前回、告知したように、平成24年度版のメルマガを 新規に立ち上げました。 もし、あなたが、「今年は願書を提出していないし、 最初から来年の合格を目指している」という場合には、 是非、 下記のページから平成24年度版のメルマガにご登録ください。 平成24年度:行政書士試験対策メルマガ まさか、 すでに、私のマニュアルをご購入し、今年度の試験で 合格を目指す人は、平成24年度版のメルマガに 登録していないとは思いますが(苦笑) まぁ、平成23年度の試験が終わったころに、 平成23年度版と平成24年度版を統合しますが。 いずれにしても、 あなたが、願書も提出し、今年の合格を目指して 頑張ってきたなら、必ず受けてくださいね。 当たり前ですが、受けなければ受かりませんから。 そして、意識も変わりません。 毎年いるんですよ。 「勉強不足だったので、今年は受けませんでした」と 毎年、受けない、残念な受験生が。 はたまた、 「問題を解いて、合格ラインに達した年に 受験しようと思っています。」という方まで。 そんなことをしている間に、後から勉強を始めて 合格した受験生が、どんどん開業して、行政書士に なっていることに気づいてほしいですね。 × 仕事が忙しいから勉強できなかった × 家事と子育てが大変で勉強が手に付かなかった もし、そのような理由で、今年は勉強が思うように進まず、 受験できなかったり、記念受験で終わってしまうなら要注意です。 なぜなら、平成24年度も同じ結果で終わる可能性が高いからです。 当たり前ですよね? 今年できない勉強が、来年できるはずないんですよ。 「いや、そうはいっても、来年は子供が小学校に上がるし」 「来年になれば、仕事も少しは落ち着くと思うので」 そんな反論が聞こえてきそうですが(笑) 安心してください。 来年になれば、【必ず】また別の障害が待っています。 仕事を辞め、家事と子育てを放棄し、親の介護も放り投げ、 離婚して、毎日、部屋にこもって勉強漬けの生活が送れますか? 「イエス!」 と即答できるのであれば、今年の受験は断念し、 さっそく、 離婚して、仕事も辞め、親の介護も放り投げて、 平成24年度の合格を目指して 部屋にこもって、勉強をはじめてください。 でも、フツーは、そんな人いないですよね? だとしたら、 最後まで、諦めずに、腐らずに、今年の合格を目指して やり遂げましょう。 今年の試験まで、あと2ヵ月です。 この2ヵ月を、 「あと2ヵ月しかない」と思うのか。 それとも、 「まだ、2ヵ月もある」と思うのか。 残された期間はみな同じですが、 同じ2ヵ月でも、意識はまったく違ってくるはずです。 ちょっと、イメージしてみてください。 今、あなたの目の前に、コップがあって、 水が注いであります。 その水の残りは、あと5分の1くらい。 この水の量を、「はぁ・・・、どうしよう・・・ あと、5分の1しか残っていない・・・」と とらえるのか? あるいは、「よし!まだ、5分の1も残っている!」ととらえるのか? 試験まで残された期間は、みんな同じです。 精一杯、残りの2ヵ月を過ごし、ともに、 悔いのない「実りの秋」を迎えましょう。 すでに、来年の合格を目指して、勉強を開始しようと思っている方も このメルマガを読んでくれています。 実感してください。 仮に今年は受けなくても、来年の今頃は、上記のような 状況に、ご自分も立っている、ということを。 そう思ったら、「涼しくなったら勉強しよ~」とか、 「年が明けたら~」「今年の合格発表が出たら~」なんて、 のんきなことを言っていられませんよね? 毎年、そんなことを言って、落ち続けている人が ゴロゴロいますから(苦笑) 時間は有限です。 いくら早く始めても、「早すぎる」ということはありません。 もし、効率のよい方法で今度こそ合格したいと思ったら、 こちらを活用してください。 残り66名様になりました。 行政書士試験短期合格勉強法 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ それから、9月9日(金)午前10時~9月23日(金)正午まで、 今年度の一般知識対策として副教材を販売することにしました。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ こちらは、マニュアルをご購入の受験生だけに、 裏メルマガ(ご購入者様通信)にて販売いたします。 ちなみに。 厳選した問題の数は100題です。 この教材を作り上げるために、夏休みも返上し、 急ピッチで作業を進めていたところ、 石井浩一氏が体調を崩してダウンする、という ハプニングも(苦笑) この100題は「これだけ解けば絶対に安心」という数では ありません。 むしろ、「今年度の行政書士試験の一般知識で足切りを クリアしたいなら、最低限、絶対に解いておかなければならない 100題」になっています。 この教材を使わずに、闇雲に一般知識対策をするのは 非常に危険です。 それこそ、時間は有限ですからね。 しかも。 一般知識だけの問題集やテキストって、 市販されていないんですよね・・・。 だとしたら、この教材がいかに貴重で、 あなたにとって強力な武器になるか 分かると思います。 今年度の合格を目指すのであれば、是非、 マニュアルをご購入ご、裏メルマガを チェックしてください。 今週の金曜日から23日(金)正午までの 2週間しか販売しません。 遅くても、22日(木)正午までにはマニュアルを 購入し、お支払いを完了させてください。 ただし。 あくまでも、平成23年度の試験委員の変更や 傾向と対策で作ったものです。 今年の受験生には必須のテキストですが、 平成24年度は、正直、どうなっているか分かりません(笑) あくまでも、平成23年度用なので、平成24年度の 受験生は無理に買う必要はありませんので、ご安心を。 それでは、今月もよろしくお願いします。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME