平成23年度行政書士試験合格者:山岸敦子様の対談音声(無料)

平成23年度行政書士試験合格者:山岸敦子様の対談音声(無料)

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 早速ですが、今回は、平成23年度の合格者、 山岸敦子さんとの対談インタビューを音声ファイルで 無償配布いたします。 山岸さんは、仙台在住で、旦那さんと、 小さいお子さん2人の4人家族の主婦。 「主婦」といっても、お子さんの年齢は、4歳と1歳。 しかも、1回目の受験では東日本大震災で被災され、 家が崩壊。5月初旬まで勉強がストップしたそうです。 その後、勉強を再開するも、小さいお子さんを 抱えての勉強は大変でした。 さらに、 1回目の受験で活用していた教材では、 通信講座を活用し、とにかく「過去問」だったそうです。 ところが、 1回目の受験では「惨敗」・・・ 2回目の受験でマニュアルを活用し、 見事、合格を果たすことになります。 その理由や経緯など、詳しくお聴きしました。 こちらのフォームからご請求ください。(無料) 音声請求フォーム ※なお、ご請求いただくと、以後は、極秘メールセミナーと メールマガジンの2紙に登録されます。(いずれも無料です。) 以下に山岸さんのプロフィールや、対談のポイントを 記載しておきますが、是非、今すぐ、パソコンに保存し、 聴いてください。 — 平成23年度合格 山岸敦子さん(仙台在住) 受験回数2回目 ●平成23年3月11日 仙台で被災 ●家族構成 専業主婦、旦那さん、お子さん(4歳、1歳) 子供は一番、手がかかる時期 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 24時間、小さい子供と一緒で、 「勉強するべきかどうか迷った・・・」 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ という山岸さん。 では、なぜ、試験にチャレンジしたのでしょうか? 実は、「子供が幼稚園に入ってからの方がいいかな?」と 旦那さんに相談したそうです。 その時の旦那さんの一言とは? この一言で、山岸さんは平成23年度のチャレンジを 決断したそうです。 あまりに、素晴らしい一言に、思わず、 夫として、坂庭も石井も反省してしまいました(苦笑) もし、あなたが、 「今は家事と子育てで忙しい」 「親の介護で忙しい」 「仕事が忙しい」 「だから、今は勉強が出来ない」 「来年になったら勉強しようかな」 と思っていたら、今すぐ、この音声を聴いてください。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 「家族の理解・奥さんの理解・旦那さんの協力」などが、 絶対に欠かせない条件だ!! ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 合格率の高い人の家庭環境とは? また、「環境の整え方」とは? もし、「ペーパー試験の勉強」だけでも、家族や パートナーの理解や協力が得られないと、今後、 ますます、大変な状態が待っています。 その「大変な状態」とは? これを知らないと、いくら勉強して、苦労し、 合格を果たしても、ハッキリ言って、すべて 水の泡です。 くれぐれも注意してください。 だからこそ、ペーパー試験の段階から、 家族の理解や協力は必須です。 もし、今、あなたが、家族やパートナーの 協力や理解を得らていなければ、非常に危険です。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 資格を取ろうと思ったきっかけとは? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 理由は2つ。 以前、不動産業の仲介をしていたそうです。 組織の中で活躍していた山岸さんですが、 あるジレンマがあったそうです。 そのジレンマを解消するために独立して 出来る仕事を決意したとのこと。 きっと、サラリーマンや会社勤めの方にも 強く共感できる部分、いや、ほとんど、 この思いがあるからこそ、独立開業を 目指すのでしょう。 もう、1つは? 女性ならではの、悩みがありました。 特に、結婚して、子供がいる女性は、共通して 抱えている社会的な不安でしょう。 正直、独立開業するメリット、醍醐味は、 ここにあると言えます。 山岸さんは、「同じ失敗するのでも、 自分の思うようにやって失敗したなら、 納得ができるかなぁ」とおっしゃっていました。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ たくさんある資格の中で行政書士を選んで理由とは? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 社労士の資格を数年前に取っていた、という山岸さん。 「もう1つ持っていたら、相性のいい資格」が 行政書士だったとのこと。 その「相性がいい」の理由として、2点、挙げてもらいました。 なぜ、山岸さんは社労士だけでなく、行政書士も 取得しようと思ったのか? いわゆる「ダブルライセンス」を考えていたら、 是非、参考にしてください。 さらに、「一番の決め手」として、行政書士の資格は、 数千種類~1万種類以上の書類が扱えます。 このあたりも、宅建や司法書士、土地家屋調査士などとは 違い、大きな魅力であることは、間違いありません。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 今回、2回目の受験で合格した山岸さんですが、 1回目は「惨敗」だった・・・その理由とは? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ その時の勉強法は、「とにかく過去問でした」と。 具体的には、「通信講座を見て、過去問を解く。 通信講座を見て、過去問を解く。この繰り返しでした。」との ことです。 夏以降に、市販されている模試や答練を受け、 本試験に臨んだが惨敗だった・・・・ 「過去問を丸覚えしたという勉強」と ご自身では振り返っています。 この「過去問中心の勉強」が実は、山岸さんにとって、 1年目の「惨敗」につながっています。 実際に、「自己採点の段階」ではなく、 本試験で憲法と民法を解いていた段階で、 「違う・・・。これまでの勉強法で合格はない・・・。 これでは太刀打ちできない・・・」と思い、 愕然としたそうです。 そして、 終わった後の手ごたえは、全くなく、 「帰りの電車の中で泣きそうでした」と おっしゃっています。 それどころか、 「自分なりにサボらずに、やったつもりなのに、 これまでの勉強法は間違いだった・・・」と ショックを受けたそうです。 おそらく、2回以上の受験回数がある方でしたら、 よく分かる部分かもしれません。 今、あなたが、通信や通学で、「自分なりに 一生懸命やっているつもり」でしたら、非常に危険です。 この勉強の仕方のどこに、問題があるのか、 是非、気づいてください。 「サボらずに、自分なりに一生懸命、勉強したのに 受からないなら、今後は、どんな勉強をしたらいいのか・・・」と 目の前が真っ暗になっていたら、今すぐに この音声を聴いてください。 まして、1年に1回しかない行政書士試験です。 山岸さんも「一回で受かるつもりだったのに、 大失敗したと思って、ショックでした」とお話 しています。 あなたも、同じ失敗を繰り返さないために、ここは 繰り返し聴いてください。 坂庭自身も「こんな勉強法をしていたら、何度 やっても受かるはずがない」という経験をしました。 (私の場合、辛くも一発で合格しましたが。) すでに、あなたが受験地獄に陥っていたら、 あるいは、受験地獄にハマりたくなかったら、 もっとも聴いてほしい部分です。 合格発表まで、「記述の採点にかけて、 若干の期待をしていた」という山岸さん。 ところが、結果は、不合格。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 少し迷ったものの、なぜ、またチャレンジに踏み切ったのか? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ この気持ちこそが、2回目で合格をつかんだ 最大の理由でしょう。 ただ、その時に山岸さんは、 「もし、最後に、もう1度だけ挑戦するにしても、 今までと同じやり方じゃダメだ。まったく方法を 変えなければ」と思ったそうです。 その時に出会ったのが、私たちの勉強法でした。 それでも、山岸さんは「すぐに申しこもう!」とは 思わなかったそうですが、いろいろ勉強法を調べた結果、 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 私たちの勉強を活用しようと思った理由とは? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 最近、開業しても稼げない「貧乏行政書士」が受験生を 食い物にして、マニュアル販売を始めるケースが増えています。 また、私たちのマニュアルで合格し、「坂庭先生と 石井先生のおかげです!」と対談までした人まで、 「開業したものの本業で稼げないので、私も 先生たちの真似をしてマニュアルを販売して 生計を立てることにしました」という残念な方もいます(苦笑) その結果、「短期合格者でもない人間のパクリ商材」や、 中には「行政書士でもない人間の詐欺マニュアル」、あるいは、 「行政書士会からの連絡もつかず、逃げ回っているような 犯罪まがいのトンデモ行政書士」まで、類似品を出している始末です。 それらの悪質で粗悪な類似品や、実績のないパクリ商材、 詐欺商材にだまされないためにも、ここだけでも、 聴いてください。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 1度目の受験で惨敗だった山岸さんが、 マニュアルを実践する前と後で変わったとこは? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 「隙間時間に勉強していたのに、一日 勉強していたような感じがした」と。 つまり、隙間時間を活用したことで、あたかも、 一日、ずっと勉強していたような充実感が あったということです。 山岸さんの言葉を借りると「隙間時間だったので、 長い時間ではないけれども、短い時間でも、 ずっと自分が勉強しているような実感や 手ごたえがあった」と。 それを繰り返しているうちに、夏以降に、 「基礎学力が身についてきた」「土台がしっかり出来た」と 実感したそうです。 過去問中心の一年前の試験では、今振り返ると、 「土台も何もなく受けてしまったような感じ・・・」と。 ここでのポイントは2つあります。 ●1つ目は「隙間時間の攻略」 この隙間時間の攻略によって、 「過去問中心」、つまり、「暗記中心」の1年目の勉強から、 2年目は、「理解中心」の勉強にシフトできたこと。 実際に、隙間時間を使っているにも関わらず、 他のことをしながらも、ふと「そういえば、あそこ、 どうなっていたんだろう?」と思い出す回数が増えたそうです。 おそらく、机に向かって勉強しているやり方では、 絶対に得られない感覚でしょう。 もし、あなたが、これまでの「過去問中心」「暗記中心」 「机に向かった勉強」をしていたら、ここを聴き逃さないでください。 ●2つ目は「過去問の使い方」です。 もし、あなたが「本試験対策」として過去問を 「何年度分」として解いていたら要注意。 では、具体的には「本試験対策」は、どのように したらいいのか? 過去問は、どんな形で活用したらいいのか? そのあたりを解説しています。 「机に向かって勉強しないと、勉強した気にならず不安」 と思っている受験生や、あるいは「机に向かって勉強 しているだけで、勉強した気になっている受験生」には、 目からウロコの話でしょう。 今の勉強法に手ごたえを感じず、焦っていたら、 繰り返し聴いてみてください。 これこそが、私たちが日ごろ伝えている、 「隙間時間の攻略」です。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 「暗記中心の勉強から、理解中心の勉強へ」 その時に、もっとも重要なポイントが、 「隙間時間の攻略」だ! ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 山岸さんも、この隙間時間の攻略によって、 理解が深まり、知識が定着していったんですね。 逆に、これを机に向かって、ガリガリしてしまうと、 おそらく、2回目も暗記中心で終わっていたことでしょう。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 「過去問で9割~10割解けるようになれば、 今年は受かるだろう」という発想は非常に危険。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ なぜなら、本試験では「1回で6割」採らなければ ならないからです。 残念ながら、ハッキリいって、過去問で満点を採れても 行政書士試験では合格できません。 まして、過去問は5回も、10回もやる必要は ありません。 もし、過去問の使い方を間違っていたら、今年も不合格です。 くれぐれも、過去問の使い方には気を付けてください。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 仙台での被災では、どんなことを考えていたのか? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 3月11日~4月の初旬まで、悩む余裕もなく、 まったく勉強はできなかった。 5月に引っ越しして、落ち着いてから、思ったことは・・・ 山岸さんは、被災され、ライフラインが寸断し、 家は崩壊、小さいお子さんを2人抱え、毎日必死でした。 そんな山岸さんだからこそ、言える表現ですが、 「一年目の勉強は苦しかったですが、地震の後、 勉強って、実際、●●なんだなと思った(笑)」と。 なんと、そう思えるようになってからは、 勉強が辛くなくなったそうです。 この「●●」という言葉は、被災された方にしか 言えない衝撃的な表現でした。 私も受験期には、人生をかけて、必死に頑張っていたつもりですが、 私のように、会社を止め、親のスネをかじり、 実家で引きこもっているような「ニート」が いかに、「甘ったれ」だったか、反省した瞬間です(苦笑) もし、あなたも、私のように「自分は甘い」と思っていたら、 被災された山岸さんの言葉を胸に刻んでください。 きっと、喝が入るでしょう。 それにしても、3月11日に被災して、5月の初旬には 気持ちを切り替えられたことは、本当に素晴らしいですね。 是非、あなたも、この「気持ちの切り替え方」を 聴いてみてください。 また、ここで山岸さんが発した一言も、聴き逃せませんでした・・・。 おそらく、この気持ちがすべての原動力となり、 被災した中でも態勢を立て直して頑張れた秘訣のはずです。 31分58秒を聴き逃さないでください。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 「一番苦しい時期の乗り越え方」とは? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 山岸さんが苦しい時期を乗り越えるモチベーションに なった、長年の想いとは? おそらく、今のあなたと同じ心境だったはずです。 その想いを形にした山岸さんの秘訣が、 やはり、旦那さんの一言ですね。 「そこがすごく大きかった」という、 旦那さんの言葉とフォローとは? 「土日が一番忙しい」「妻が理解してくれない」 「夫が協力してくれない」と嘆く受験生は、是非、 この部分を聴いて、パートナーとの関係、 今の在り方も、見直してみてください。 ペーパー試験すら理解してもらえなければ、 この先、さらに、乗り越えられないような障壁が ありますから・・・ そんな山岸さんも一年目の直前期は、上の子が、 「遊びに行きたい!」「お母さんと、遊びに行きたい!」 「みんなと遊びに行きたい!」と言ったそうです。 それを見て、「私は一体、何をしているんだろう・・・」と 思ったようです。 だからこそ、「もう一度、チャレンジする以上、これで 最後にしないと・・・」 この後の言葉は、是非、直接、山岸さんの表現で、 聴いてください。 親として、母親として、子供に対する想いが、 ひしひしと伝わってきました。 旦那さんの理解と協力の中、二人の小さい子供を 抱えて、2年間、頑張ってきた山岸さん。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 合格した時は、どんな気持ちだったのでしょうか? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 思わず、お子さん二人抱えて、「受かったよ!」と 言ったところ、まだ、よく分からないながらも、 「良かったね」と言ってくれたそうです。 その時の情景を思い出した山岸さんは 胸にこみ上げるものがありました。 胸が詰まり、言葉にならない瞬間でした・・・ これまでの苦労が本当に報われたんだなぁ、と 私も思いましたね。 この安堵感、解放感、達成感、満足感、幸福感は、 受かった人にしか分かりません。 分かりませんが、是非、合格者の感動を あなたも感じてください。 「この歳になると、そうそう泣くことはないんですが、 正直、その瞬間は泣いてしまいました。」という 山岸さんでした。 子供はよく分かってはいませんが、小さいながらも、 お母さんやお父さんが、毎晩、遅くまで頑張っていることは 理解しています。 是非、胸を張って、子供にも、「受かったよ!」と 言いたいですね。 ■■■■■■■■■■■■■■ 今後の、山岸さんの展開は? ■■■■■■■■■■■■■■ 震災の後、テレビがついたときに、仙台の 行政書士法人のテロップが出たそうです。 そのテロップを見て、一体、何を感じ、 どう思ったのか?是非、ここは「社会貢献」という 視点で聴いてください。 また、やはり、女性ならではの きめ細かさが活かせるでしょう。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ これから行政書士になろうと頑張っている受験生へ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 山岸さんから、心のこもったメッセージを 語ってもらいました。 「行政書士を目指さない、というのも1つの選択肢」という 山岸さん。なぜ、ご自身で、行政書士を目指す半面、 そのようなことを思ったのでしょうか? そこには、ご自身の経験と反省を踏まえたお考えがありました。 もし、あなたが、まだ行政書士を目指そうか、 どうしようか迷っていたら、必ず聴いてください。 また、山岸さんは私たちのホームページを見て、 マニュアルを購入する際に、 「合格者のみなさんの顔が晴れ晴れとしている・・・。 よし、私も来年は受かって、ここに出よう!」 と思ったそうです。 「だから、今日、こうして、ここに来られて嬉しい」と 満面の笑顔でおっしゃっていた表情が印象的でした。 そして、何よりも、お会いした時の山岸さんの 晴れ晴れとした表情が、まさに、「合格者の顔」 だったことも、忘れることが出来ません。 山岸さんとの対談インタビューの音声は、 こちらのフォームからご請求ください。(無料) 音声請求フォーム ※なお、ご請求いただくと、以後は、極秘メールセミナーと メールマガジンの2紙に登録されます。(いずれも無料です。) その山岸さんが活用したマニュアルこそが、 こちらです。 クリックしてください↓ 行政書士試験短期合格勉強法 では。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME