平成23年度の行政書士試験勉強を始めるタイミングとは?

平成23年度の行政書士試験勉強を始めるタイミングとは?

こんにちは、坂庭です。 先週の金曜日の夜は、とんでもない事態になり、 深夜3時過ぎまで、事務所で仕事をしていました(苦笑) その理由はこれです↓ 行政書士試験直前期対策 何と、公開模試で「文句なしの200点オーバー」 だそうです(笑) 恐るべし、解法テクニック↓ 行政書士試験直前期対策 ところで、今回は平成23年度の合格を 目指す受験生からご相談を受けましたので ご紹介します。 ↓↓↓ ここらか ↓↓↓ > ■マニュアル購入者は購入日 > これから購入予定です。 > > ■受験回数 > 0回 Yさんは受験回数がまだなく、 マニュアルをご検討中とのことですね。 ありがとうございます。 > ■ご意見・ご感想・ご質問 > 今まで、多忙な仕事や育児をこなしながらのハードな > スケジュールの中で、いくつかの資格を独学で取得い > たしました。その意味でも、貴勉強法に大いに魅か > れ、ぜひ頑張ってみたいと思っております。 マニュアルのご検討、誠にありがとうございます。 これまでも、お仕事と育児をハードに こなしながら、いくつもの資格を取得なさって きたとのことですね。 並々ならぬ努力をされてきたことでしょう。 > 私は、不動産業に携わる56歳の女性ですが、開発や企 > 画、契約、ローン付け、インテリア等も勉強し、独り > で総合的なコンサルティング営業を展開しておりま > す。 凄いですね。 普通の行政書士でも、そこまでの知識や 経験はありませんから、独立開業したら、 他の行政書士とは差別化を図りながらも、 コンサルタントとしてクライアントに有益な情報を 提供し、アドバイス出来るでしょう。 > 今の業務にかかわる資格はいくつか取得しており、こ > れからの開業に向けて、行政書士の資格も必要と考え > ておりました。ところが、お話しを伺って、むしろ行 > 政書士をメインに開業したいと言う目標に変わりつつ > あるほどです。 なるほど、そうですか。 行政書士としても、幅広くご活躍出来そうですね。 今から、ご自分でも楽しみでしょう。 > そこで、質問ですが、マニュアルと称していらっしゃ > るものが、基本的な参考書もしくは基本書と考えて宜 > しいのでしょうか。後は、問題集など、別にご推薦頂 > いたものを購入すれば良いのですか。 マニュアルはあくまでも「勉強法」ですので、 基本書や参考書、問題集などは一切ついておりません。 くれぐれもお間違いのないようにお願いします。 ただし、マニュアルの中でお勧めの教材や参考書を ご紹介してありますので、そちらをご覧ください。 メールサポートも活用できますので、 独学や通信、通学など、Yさんの 生活スタイルやご予算に合わせて 個別具体的にアドバイスいたします。 是非、ご相談ください。 > 実際のマニュアルがどのようなものか、参考書と過去 > 問の連携プランなど、より具体的な内容をもう少しご > 紹介頂けましたら幸いです。 先ほどお伝えしたように、マニュアルはあくまでも勉強法に なりますので、参考書や基本書はついておりません。 また、これといって他の参考書との連携プランなども ありません。 というのも、独学、通信、通学、いずれの 勉強形態であっても、マニュアルの勉強法が 実践できるから、です。 もし、一つの参考書なり、スクールとの 連携プランを立ててしまうと、かえって 受験生の勉強計画や勉強スタイルを 拘束してしまうため、柔軟な勉強が実践できなく なってしまう可能性もあります。 あくまでも勉強法になりますが、そのかわり、 マニュアル作成者の石井浩一が、実際に 独学で147日前から、一日ごとに、どんな科目を どのように勉強したのか、その具体的な内容を すべて解説しています。 ですから、仮にYさんが、独学、通信、通学の いずれの勉強形態を選んでも、「いつ頃には どんな勉強をすればいいのか」が明確です。 つまり、「独学の人には使えるマニュアルだ」とか、 「通学の人には使えないマニュアルだ」ということではなく、 どのような勉強形態の受験生でも、活用出来る 勉強法ということになります。 また、受験回数や勉強のペースには個人差が ありますから、随時、ご相談いただければ、 直接、マニュアル作成者の石井が回答いたします。 特定の参考書や問題集との連携プランは ありませんが、その分、受験生の勉強スタイルや ペースに応じて、臨機応変に活用できる 勉強法だと思っていただいてよろしいかと思います。 > また、今からだと、来年の11月の受験を考えて、勉強 > を始めるわけでしょうが、各種制度などの変更もあ > り、来春あたりの改定を待ってから勉強を始めた方が > 良いか、早くに始めるべきか迷っております。 > > 今後とも、よろしくご指導下さいませ。 Yさんのお察しの通り、正直、基本書や問題集の改定は、 毎年、春先になります。 ところが、来年の春まで、まだ半年以上ありますよね? ということは、言い換えると、もし、来年の春先に 教材を買いそろえて勉強を開始しても、本試験まで あと半年も残されていないことになります。 もちろん、私のご提供しているマニュアルをご活用 いただければ、147日から独学で一発合格も 可能ですが、勉強に「早すぎる」ということはありません。 今から勉強を開始する人と、来年の春先になって 半年切ってから勉強を開始する人では、どちらが 有利でしょうか? 今から一年間、みっちりと勉強した人の方が はるかに有利です。 また、今からでしたら、まだ時間にもゆとりが ありますから、精神的にも余裕をもって 勉強できます。 半年切ってからの勉強は焦りと不安で かなりキツイと感じる受験生もいるくらいです。 私自身、5月のゴールデンウィーク明けから 勉強しましたが、「もっと、早くから勉強していれば・・・」と 何度も思ったくらいですから。 実際に、来年の受験を目指して、マニュアルをご購入いただき、 実践している受験生がゾクゾクといらっしゃいます。 具体的な対処法は通信、通学、独学のどの形態を 取るかによりますが、いずれにしても、来年の合格を 目指すにしても、今すぐ勉強を開始する事をお勧めします。 「鉄は早いうちに打て」といいます。 すでに、来年の合格を目指すライバルは動き始めていると 思っていいでしょう。 ところで、Yさんやご家族が、事故やトラブルやご病気にならないのが 一番ですが、今年の受験生の中にも、ご家族が事故や病気で入院し、 勉強が出来なかった期間のある方や、直前期になって体調を 崩されて入院される受験生もいらっしゃいます。 正直、何があるか分かりません。 私の受験期も勉強開始直後に腰痛になり、 しばらく勉強できない時期もありました。 家族のケガや病気、ご自分の体調不良で 勉強が数週間出来ない時期がないとは限りません。 そのときに、明暗を分けるのは、「どこまで 貯金をしておけたか?」です。 つまり、日頃から、どこまでインプットと アウトプットを出来るだけ早い時期に 進めておけるかということですね。 教材などに関しては、今年度のお勧めの 市販の教材などもありますから、 安価なテキストで来年の春まで一通り 勉強しておき、必要に応じて買い直す、 という方法もあります。 有名な通信やスクールに関しては、 「優良でもボリュームがありすぎて、かえって挫折しやすい教材」や 逆に、「安価でも解説が詳しく、勉強しやすい教材」も あります。 最初は、教材選び一つとっても、高額な通信、通学で 迷うでしょうし、一般の書籍でも迷ってしまうでしょうから、 もし、どんな形態で、どこの教材を活用しようかお悩みでしたら、 マニュアルをご購入後に、まずはご相談ください。 受験生の中には、マニュアルを買う前に ご自分の判断で教材を買ってしまい、 後になって後悔する方もいらっしゃいます。 これから一年間、貴重なお金と時間とエネルギーを 投資するわけですから、是非、スタートで つまずかないようにしてください。 合格まで私たちがお役にたてれば幸いです。 また、下記のページでは受験生から よくいただくご質問を掲載しています。 行政書士試験一発合格センター よろしければご覧ください。 それではよろしくお願いします。 坂庭 ↑↑↑ ここまで ↑↑↑ 毎年、同じようなご質問をいただくので ご紹介しました。 下記のページでも「よくある質問」にて 回答を掲載してあります。 行政書士試験一発合格センター それでは次回もよろしくお願いします。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME