平成24年行政書士試験でモチベーションを上げ続ける方法

平成24年行政書士試験でモチベーションを上げ続ける方法

こんにちは、坂庭です。 正月気分から抜け出し、勉強に勤しんでいる頃でしょうか? 私は思うところがあり、先日から事務所に泊まり込んでいます。 年明け早々、寝袋ですよ(笑) 行政書士事務所の他に、法人を経営しているんですが、 そちらで、新たなサービスを立ち上げようと思いまして。 そのための自己投資やら、ビジネスモデルの設計などを 事務所にこもって、ガリガリやっています。 「会社に泊まり込み」なんて、サラリーマンだったら、 とっくに舌を噛み切って死んでいると思いますが(苦笑) 好きなことを仕事にして、ビジネスをしていると まったく苦になりません。 楽しくて仕方ありませんからね。 寝袋なんて、寒いわ、寝心地が悪いわで、 良いことなんて、一つもありません。 それでも、楽しくて仕方ないのは、 好きな仕事をしていることに他ならないからですね。 さて。 話は変わりますが、ご存知の通り、3週間後に、 平成23年度の合格発表が行われます。 そこに向けて、私たちの方では、すでに都内の会議室を予約し、 「合格体験記の対談インタビュー」の準備を進めています。 自己採点の段階で、「合格ラインを突破しています」 「今年はイケそうです」という嬉しいご連絡をいただいている方も いらっしゃれば、「合格ラインギリギリです」という方も。 マニュアルを活用し、合格を果たす方は毎年、本当に多数 いらっしゃいますが、残念ことに、今、務めている仕事の都合上、 顔と名前を公開して、対談インタビューまで可能な方はごくわずかです。 ごくわずかですが、 それでも、対談できる方とは直接お会いして、 お祝いの言葉を伝え、名刺交換や開業後のアドバイスまで させてもらうのが、毎年の喜びなんですね。 この、世知辛い世の中、暗いニュースばかりの昨今ではありますが、 私たちにとっては、本当に唯一といっていいくらいの楽しみです(笑) 一人でも多くの受験生と対談できることを願いつつ、、、。 さて、さて。 今日は、ワークを1つ。 私のところには、頻繁に「モチベーションが上がりません」 というご相談をいただきます。 正直、自分の受験期にモチベーションが上がらなくて 悩んだことがないんです。 なぜなら、 5月のゴールデンウィーク明けだったので、 「そんなことを言っている場合じゃなかった」というのが 事実です。 ところが、 悲しいことに、前年度の試験で失敗しているにも関わらず、 春になっても、ゴールデンウィークが明けても、やる気になれず、 夏になってから「やっぱり、今年も」と、勉強を再開する方も。 もちろん、それでは受かりません(苦笑) そりゃぁ、そうでしょう。 11月に試験が終わって、半年以上も手をつけなければ、 せっかくの理解も知識も抜け落ちますから。 「まったくのゼロから」のスタートよりはマシですが。 そもそも、前年度で合格ラインから、ほど遠ければ、 数ヶ月の勉強で、そこまで一気に実力が伸びるほど、 甘くはないんです。 じゃぁ、どうして、モチベが落ちてしまうのか? それは、「行政書士になる理由が明確でないから」です。 「なぜ、行政書士になりたいのか?」 「どうして、行政書士でなければならないのか?」 が、明確でないから。 「いや、いや、俺は明確だよ」というかもしれません。 でも、 「サラリーマンを辞めたい」 「満員電車で通勤したくない」 「家事と子育ての合間にマイペースで自宅で稼ぎたい」 これでは、不十分。 この程度の理由だから、正味、半年、長くても 1年という期間すら、自分をモチベート出来ないわけです。 今、あなた「行政書士の資格でなければならない理由」を 明確にしておきましょう。 もっと、言うと、 「行政書士になることで、どんな生活を送りたいのか?」を 明確にするんです。 ・朝は何時に起きて ・昼はどこで、どんなご飯を食べて ・日中はどんなスタイルで仕事をして ・夜は家族と、あるいは恋人と、どこで、どんな食事を楽しんで ・何時くらいには寝て ・休日は一日、誰と、どこで、どんな時間を楽しんで これらを箇条書きにして、今、目の前で再現できるくらい、 明確にし、イメージするんです。 ・年収は? ・住んでいるマンション、またはマイホームは? ・乗っている車は? ・余暇の過ごし方は? ・毎年、夏休みや冬休みの過ごし方は? 趣味に没頭している自分の姿でもいいでしょう。 「行政書士の資格でなければならない理由」 「行政書士の資格を取ったら、どんな生活を送りたいか?」を 出来る限り、具体的に書き出してイメージする。 ここが曖昧だと、 「行政書士になってサラリーマンを辞めたい」と思っていても、 「受かったらいいよな~」「サラリーマンを辞められたら、 どんなに気が楽だろう」「自由な時間とお金を手に入れて、 楽しく暮らしたいな~」と憧れるだけで、何一つ実現しません。 夏が過ぎ、秋になるころに「今年はダメだ・・・」と 諦めるのがオチです。 そうならないためにも、 あなたが、行政書士の資格を取る理由を明確にして、 紙に書き出して、見えるところに貼るか、手帳に挟んで 持ち歩くか、 携帯やスマートフォンのメモ帳に入力して、 毎朝、毎晩、眺めましょう。 モチベーションが上がらない一番の理由は、 「それをする理由が明確でないから」です。 もしくは、 「漠然としていて、イメージできないから」 そのいずれかです。 イメージするときのポイントは、 ・その時の気温や季節は? ・時間帯は? ・周囲の様子は? ・隣に誰がいるのか? ・今、どこで何が見えるのか? ・何が聞こえるのか? ・どんな気持ちなのか? このあたりをリアルに感じられるくらい、 鮮明にイメージすることです。 それを、毎朝、毎晩、繰り返す。 ちょっとくらい、過去問や模試で思うような 結果が出なくても、イチイチ、落ち込まない(笑) とにかく、試験前日、いえ、試験直前まで イメージしましょう。 ということで、 今回のワークを実践して、下記のフォームから 送ってください。 こちらからどうぞ↓ あなたが行政書士になる明確な理由 個別の返信はしていませんので、予めご了承くださいね。 あくまでも、ワークを通じて、行政書士になる理由を明確にし、 自動返信で、戻ってくる内容をあなた自身で 保存したり、プリントアウトしてもらうことが目的です。 あっ、別に 「年収1000万円になったら、毎晩、キャバクラで 遊びまわりたい」 とか 「ベンツを乗り回したい」 でも、構いませんよ(笑) 私はキャバクラにもベンツにも興味はありませんが、 あなたが、そうしたいとか、それが夢であれば、 それで、OKです。 誰に見せるわけではありませんが、「実名だと恥ずかしい」 という方もいるでしょうから、ニックネームでもOKにします。 では、あなたのモチベーションを上げ続けるために、 こちらからどうぞ↓ あなたが行政書士になる明確な理由 通常、独立開業して起業家のセミナーにいくと、 このようなワークをだいたい5万円~10万円くらい 払ってやります。 それが、このメルマガの読者は無料ですからね(笑) タダだから、というわけでもありませんが、 せっかくなので、是非。 こちらからどうぞ↓ あなたが行政書士になる明確な理由 それでは、次回もよろしくお願いします。 坂庭 行政書士試験一発合格センター短期合格勉強法


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME