平成24年度合格のための勉強計画は立てましたか?

平成24年度合格のための勉強計画は立てましたか?

2012-05-17

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 今月に入ってから、11名の受験生と直接会い、 個別のアドバイスをしてきました。 その中で、もっとも大きな課題は、 やはり、「勉強計画の立て方」です。 正直、現時点で、勉強の計画に悩んでいたら、 遅すぎます。 どんなに遅くても、今月中には絶対に完成させて、 「あとは実践するだけ」の状態にしてください。 そうでもしなければ、今年度の合格は、まず無理ですから。 とはいっても、「具体的な立て方が分からない」という 受験生がほとんどのようです。 そこで、 今回のメールでは、具体的な計画の立て方をこのメールと、 音声で解説します。 音声はこちらです↓ 右クリックしてパソコンに保存してからお聴きください↓ 行政書士試験:勉強計画の立て方 音声だけでなく、活字でも、以下解説します。 まず、一般知識対策は9月まで 手を出さないでください。 「足切りだから」といって、今から 一般知識に手を出すと、ほぼ、失敗します。 なぜなら、時間が足りなくなるから。 あなたも、ご存知のように、法令科目も 膨大な試験範囲から出題されます。 それにも、関わらず「足切りだから」という理由で 一般知識から手をつけると、法令科目に割く時間が足りなくなり、 民法や商法の勉強の途中で本試験を迎えることになります。 すでに、何度も受験経験がある方は、体験済みでしょう。 『一般知識には、9月まで手を出すな。』 これは鉄則です。 8月までは、とにかく、法令科目に専念しましょう。 その際に、「一週間を7日で計算しない」ということ。 理由は、「一週間を7日」で計算し、予備の日を設けずに、 ガチガチに計画を立ててしまうと、仕事で忙しかったり、 風邪で数日寝込んだだけで、計画がすべて狂ってしまうからです。 これでは、せっかく立てた完璧な計画も、 「絵に描いた餅」で終わりですね(苦笑) そうならないためにも、「一週間は5~6日で 計画を立てること」、これも重要です。 残りの1~2日で調整するわけです。 もしくは、空いた時間でリフレッシュしましょう。 私がご提供しているマニュアルでは、独学で 短期一発合格を果たした現役の行政書士 石井浩一の147日前からのスケジュールが 一日単位で掲載されています。 彼は、147日前から独学で一発合格を果たしました。 勉強計画の立て方が分からなかったり、 自分の立てた計画に不安があったら、 是非、彼の一日単位の計画を参考にしてください。 もちろん、個別のメールサポートも活用できます。 マニュアルのご購入はこちらをクリックして お申し込みください↓ 行政書士試験短期合格マニュアル 次に、「記述対策」について。 時々、「記述も特別な対策が必要ですか?」 「記述の対策方法を教えてください」という ご相談をいただきます。 結論からいうと、「記述の対策は不要」です。 もちろん、十分な余裕があって、「もう、 他にやることがない」という状況なら、 特別な対策をしてもいいでしょう。 でもね・・・ そんな受験生は、ほとんどいません(苦笑) また、私がご提供しているマニュアルでは、 「記述対策は必要ない」と解説しています。 むしろ、「択一だけで合格ラインの突破を目指せ」と アドバイスしているくらいです。 理由は簡単です。 例年、試験の難易度や採点結果を分析すると、 択一問題が易しい年(合格率の高い年)は、 記述の採点が厳しく、 択一問題が難しい年(合格率の低い年)は、 記述の採点が甘い、 このような傾向があるんです。 つまり、 記述で採点を調整し、合格率も調整している 可能性が高い、ということです。 そのような可能性が考えられる以上、 記述の採点をアテにして合格ラインを 突破しようというのは、かなりリスクが高いという ことですね。 だからこそ、 私たちは、「択一だけで合格ラインの突破を目指せ」と アドバイスしていますし、実際に、そのような受験生が 毎年、合格しています。 「択一だけで合格ラインの突破を目指す」という以上、 記述の対策も、「特別、必要ありませんよ」とアドバイスしています。 しっかりと択一の勉強さえ出来ていれば、 必然的に記述もカバーできるのも事実ですから。 いいですか? ★一般知識対策は9月まで手を出すな。 ★一週間は5~6日でスケジュールを立てろ。 ★択一だけで合格ラインの突破を目指せ。 この3点を常に意識して勉強してください。 音声での解説は、こちらを参考にしてください。 右クリックしてパソコンに保存してからお聴きください↓ 行政書士試験:勉強計画の立て方 具体的な一般知識対策や、スケジュールの立て方などは、 マニュアルを参考にしていただき、メールサポートを 活用してもらえれば、ピンポイントで、個別の アドバイスが可能です。 ★勉強計画の立て方 ★隙間時間を活用した効率のよい勉強法 ★短期合格へ導く個別のメールサポート ★今月の限定特典 これらを早く活用すれば、それだけ 合格までの可能性が高くなります。 当たり前ですが(笑) あなたも、正直、迷っている暇はありませんよ。 時間は待ってくれませんから。 本試験まで、あと180日を切りました。 あなたは、勉強計画の立て方も分からず、 効率の良い勉強法も知らず、今年度の行政書士試験を 突破する自信がありますか? 今なら、まだ間に合います。 今後、行政書士試験の短期合格は、この 勉強法がスタンダードになるでしょうね↓ クリックしてください↓ 行政書士試験一発合格勉強法 では。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME