直前期には、この2つの科目に絞って勉強しましょう。

直前期には、この2つの科目に絞って勉強しましょう。

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 台風の影響で、凄い暴風雨ですね。 外出はご帰宅の際は、くれぐれもお気を付けください。 さて。 今年度の本試験がちかいということもあり、 このようなご質問をいただきました。 >はじめまして、Kと申します。受験は11月の受験です。それで >もっとも大事な科目を2つ聞きたいのです、どれも全部は覚えられ >ないので、最低どの科目に焦点を合わせれば良いのでしょうか。教 >えてください とのことです。 そこで、今回は石井からの回答をご紹介します。 — まず、最も大切なのは 「行政法(行政事件訴訟法、行政不服審査法、地方自治法を含む)」 ですね。 行政法は行政書士試験で出題される得点の約4割を占めます。 300点中のおおよそ112点は行政法からの出題です。 そのため、この科目の出来不出来が合否を分けると いっても過言ではありません。 例年の合格者の傾向を見ていても、 行政法を得意科目としている方の強さが際立ちます。 しかも、行政法は出題範囲が比較的、限られているため、 勉強すればするほど得点にしやすい科目でもあります。 一方で、「民法」は出題範囲に際限がなく、また 難問も多いため、例え、多くの時間を割いて学習したとしても、 得点を安定して取ることは不可能でしょう。 そのため、民法に重点を置いて学習することはお勧めしません。 やはり、時間をとって学習するならば、そのまま得点に つなげやすく、かつ配点の高い行政法がベストだといえます。 それから、2番目に重要な科目ですが、 強いてあげるならば「憲法」です。 こちらも、条文数が103条しかないため、 範囲も狭く得点を取りやすい科目です。 ただ、行政法の重要性と比べると、はるかに落ちるため、 まずは行政法をしっかりと固めた上で、それでもなお、 時間がある場合には、憲法にも多くの時間をかける、 といったくらいの意識で良いと思います。 — 以上です。 特に平成23年度の本試験まで、あまり時間がありません。 今から重点的に勉強するなら、上記を参考にしてください。 ただし。 当たり前ですが、全体的に勉強できれば、 それに越したことはありません。 まぁ、当たり前ですが(笑) なので、本当に余裕がなくて、どうしても、 全体的に勉強する時間がない場合にのみ、 上記のように学習箇所を絞ってください。 本来であれば、全体的に勉強するのがベストですから、 「止むを得ず、強いて学習範囲を絞るなら」ということが 大前提です。 ご参考までに。 坂庭 行政書士試験短期合格マニュアル


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME