7月からはアウトプット中心です。

7月からはアウトプット中心です。

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 光陰矢のごとし。 もう、今年も半分が終わってしまいました。 行政書士試験に関して言えば、あと130日。 これを「まだ、130日もある」と考えるか? それとも、「もう、130日しかない」と考えるか? おそらく、全力で毎日を生きているあなた でしたら、前者でしょう。 諦めるには早すぎます。 まだ、130日も、ありますから。 ここからは、アウトプットを重点的に 進めてきましょう。 行政書士試験で重要なのは、インプットよりも アウトプットです。 「あれだけ基本書で必死に勉強したのに なぜか、問題が解けない」という受験生は、 確実にアウトプットの方法に問題があります。 これまでも、受験回数が多い受験生に アウトプットの方法をアドバイスし、 改善してもらっただけで、その年に 合格し、行政書士になっています。 もし、あなたが、すでに、2回以上 受験しているのに、 ×なぜか、問題が解けない ×受けるたびに得点が落ちている ×毎年、手ごたえを感じない ×スクールでも通信でもダメだった そんな受験生だったとしたら、 今年はアウトプットの仕方を 変えましょう。 そして、もし、今回が初めての 受験だったとしたら。 「過去問や問題集は直前期の 腕試しに」という考えは、今すぐ 捨ててください。 今すぐ、にです。 なぜなら、インプットとアウトプットの 勉強は性質が全く違うからです。 アウトプットを通じて、自分の弱点を知り、 克服し、問題慣れをしておく必要があります。 いくら、バッティングセンターでバットを 振っても、試合では勝てません。 いくら、打ちっぱなしに行っても、 コースに出なければ上達しません。 行政書士試験も同じです。 実際に問題を解くことでしか、 実力はつきませんし、得点は伸びません。 それこそ、直前期になって、「問題を 解いてみましたが、サッパリ分かりません・・・」 となっても、後の祭りです。 ほぼ、絶望的といってもいいでしょう。 過去問や予想問題集は、直前期に腕試しに 解くものではありません。 今から、ガンガン解いて解いて解きまくってください。 ここで、ポイントは ◎過去問題集や予想問題集の【選び方】 ◎過去問題集や予想問題集の【使い方】 です。 これを間違えたら、もう、今年の合格は 諦めてください。 それくらい重要です。 では。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME