ブログ記事一覧

本当に行政書士試験の勉強ができないほど忙しいのか。

2018-05-22 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「本当に行政書士試験の勉強ができないほど忙しいのか」についてお話します。

平等に誰にでも、1日は24時間あります。仮に仕事で10時間、睡眠に8時間確保しても、まだ6時間は残っている計算です。

行政書士試験の勉強の第一歩は、この6時間の中から「いかに勉強する時間を見つけ出すか」ということなのです。

本当にあなたには勉強時間がないのでしょうか?

私は毎日14時間半、働いていましたが、それでも見つかりました。

自分自身の1日の生活を振り返り、紙に書き出してみると、案外、勉強時間というものは見つかったりするものなのです。

残りの6時間であなたは何をしているのか、詳細に紙に書き出してみれば、きっと答えも見つかるはずです。

「勉強時間がまったくない」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


行政書士試験の勉強で睡眠を削ることは有効か。

2018-05-21 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強で睡眠を削ることは有効か」についてお話します。

行政書士試験などの資格試験の学習をしている受験生の中には、「睡眠を減らして勉強時間を確保する」といった考えを持っている人がいます。

確かに、一見有効に思えるかもしれませんが、行政書士試験は数か月間、勉強中心の生活が続きます。

こういった状況で、長期間、継続させる場合には「十分な睡眠」は最も大切なものであり、無理をして減らしても逆効果にしかなりません。

勉強した知識というのは、「寝ている」ときに頭の中で整理され、記憶として定着する仕組みになっています。

つまり「睡眠を削る」ということは、単に勉強の集中力を下げるだけでなく、せっかく覚えた知識を忘れやすくしていることにもつながっているのです。

「十分な睡眠時間」を確保することも、また勉強の1つと考えるようにしましょう。

「毎朝、集中して勉強したい!」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


行政書士試験の勉強に法律用語辞典は必要か。

2018-05-18 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強に法律用語辞典は必要か」についてお話します。

独学で行政書士試験の勉強を始めると、最初に「法律用語がよく分からない」といった壁にぶちあたります。

意味が分からない用語は「法律用語辞典」を使って調べましょう。

「法律用語辞典は高いから、なるべく買いたくない」という人は、近所の図書館にも置いてありますので、1冊借りておくと便利です。(他に借りる人は皆無なので試験まで借り続けられます)

正直な話、スマホで用語検索をすればほとんどの言葉の意味を調べることができるため、「絶対に法律用語辞典が必要か」といえば、そうではありませんが、用語周辺の知識を学ぶこともできるので、可能であれば「法律用語辞典」は1冊お手元に置いておいた方が良いでしょう。

「絶対に平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご覧ください。


明日から始めよう、と考えているあなたへ。

2018-05-17 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「明日から始めよう、と考えているあなたへ」についてお話します。

「勉強は明日から頑張ろう」と思っていると、行政書士試験の勉強はいつまでたっても始まりません。

自分が思う明日は、永遠に来ないからです。

「もう今年は行政書士試験に間に合わないので来年の試験に向けてスタートします」と考えている人は、来年、受かることも難しいでしょう。

「気持ちを高めてから動く」のではなく、「動きながら気持ちが高まってくる」ものなのです。

行政書士試験までの期間が短くても、今年の試験に対して最善を尽くすことが重要です。

「明日の1時間」よりも「今日の15分」を大切にしましょう。

自分が行動できるのは、いつだって「今」しかありません。

さぁ、今すぐ始めましょう!

「絶対に平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご覧ください。


複業(副業ではなく)行政書士という考え方。

2018-05-16 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「複業(副業ではなく)副業行政書士という考え方」についてお話します。

最近、行政書士として開業する人の中には、「複業(副業ではなく)」という形が増えてきました。

複数の仕事をかけ持つということです。

人口減少が今後どんどん進んでいきますので、嫌な会社に縛られるのではなく、自分に合った複数の仕事を行う、といったスタイルが増えていくかもしれません。

サラリーマンの場合、その会社が倒産してしまったり、解雇になったら、即収入がなくなりますが、複数の業務を行っていると、そのうちのひとつがなくなっても、収入が一時的に少し減るだけですので、生活を保つことができます。

1社で長時間勤務するよりも、2つの仕事をかけもった方が、収入的にも安定しますし、自由に自分の時間をコントロールできるようになります。

行政書士の仕事の中で複数の業務を行っていくのも良いですし、行政書士+実家の家業の手伝い、といった感じで、まったく違う業種を組み合わせるのもよいでしょう。

「安定して収入を得る仕組みを作りたい!」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


周りが騒がしくて、行政書士試験の勉強に集中できない場合はどうすればよいか。

2018-05-15 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「周りが騒がしくて、行政書士試験の勉強に集中できない場合はどうすればよいか」についてお話します。

勉強したくても「周りが騒がしいから集中できない」という行政書士試験の受験生がいますが、変えるのは周囲ではなく、自分自身だと考えましょう。

なぜならば、行政書士試験本番は無音の中で行われるわけではないからです。

隣の受験生の咳をしていても、外が騒がしくとも自分の実力は、しっかりと出し切らなくてはなりません。

「試験監督の靴の音が気になった」「隣の人が鉛筆をカタカタさせてうるさかった」など毎年、試験後たくさんの報告をいただきますが、そういった中でも集中して合格できる力を身につけなければなりません。

ファミレスやカフェなど騒々しさの中で勉強して、そういった環境に慣れておくことも重要です。

いきなり騒々しいのは難しいという人は、図書館など適度な静けさがあるところで、勉強を始めてみるとよいでしょう。

「騒々しい環境の中でも集中して勉強できるようになりたい!」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


家で行政書士試験の勉強に集中できない人は、どこでやればよいか。

2018-05-14 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「家で行政書士試験の勉強に集中できない人は、どこでやればよいか」についてお話します。

最近では、自宅ではなく、図書館やカフェ、そしてファミレスなどでも行政書士試験の勉強をする受験生が増えてきました。

特に、ファミレスは会社帰りの方が多いようです。

比較的遅い時間帯であれば、客席も空いていますし、広い机で勉強できるので、学習するのには最適な環境といえると思います。

ドリンクバーもありますので、長時間勉強するのに向いています。

営業時間や価格、自宅からの距離などを考えていくと、外で勉強できる候補地は、それほと多くないでしょうが、自宅で勉強できないのであれば、自宅よりかはマシなはずです。

ベストではなく、ベターな場所を見つけましょう。

「半年間の勉強で行政書士試験に合格したい!」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


行政書士試験に合格するためには、環境づくりが重要!。

2018-05-11 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験に合格するためには、環境づくりが重要!」についてお話します。

行政書士試験の勉強を自宅でやっているという人は多いかと思います。

ただ自宅は、テレビやベッドなど魅力的なものがたくさんあります。

自己規律がしっかりしているならば良いと思いますが、そうでないとテレビを見たり、インターネットをやったり、ゴロゴロ転がったりと周りの誘惑に負けてしまいがちです。

平成30年度(2018年度)の行政書士試験に合格するためには、まずは環境づくりが大切です。

いつも家でダラダラしてしまう人に、「家で勉強する」という選択肢はありません。

「どこで勉強したら集中できるのか」をしっかりと考えましょう。

「今から始めて、なんとしても行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参考にしてください。


行政書士試験を2年計画で受験すれば合格できるのか。

2018-05-10 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験を2年計画で受験すれば合格できるのか」についてお話します。

行政書士試験の受験生の中には、「2年かけてじっくり行政書士試験の勉強をする」といった方がいます。

少しずつコツコツ行うといった「超スロー型」の勉強方法ですが、残念ながら、その多くは行政書士試験に合格するどころか、試験を受けることすらできていません。

なぜならば、余裕を持ちすぎてしまうと「今日は疲れたから、勉強を休もう」といったように、何事もダラダラと先送りになってしまうからです。

勉強は習慣化が大切です。

意思の弱い人ほど、短期勝負です。

来年ではなく、平成30年度(2018年度)での行政書士試験合格を目指しましょう。

「絶対に平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご覧ください。


短期で行政書士試験合格を目指した方がよい人の特徴。  

2018-05-09 [記事URL]

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「短期で行政書士試験合格を目指した方がよい人の特徴」についてお話します。

「短期集中型」か「標準型」が合うかは、もちろん勉強の開始時期によるのですが、その人の性格によっても変わってきます。

コツコツ勉強するよりも、「短期間で一気に集中して勉強する方が得意」といった受験生には、むしろ半年未満での勉強の方が合っていると思われます。

学生時代の勉強を振り返ってみると、「コツコツ勉強するのは苦手だった。一夜漬けが得意だったなぁ」など、あなた自身に合った勉強法のヒントになるものがあるかと思います。

平成29年度(2017年度)の行政書士試験でも、「短期集中型」によって、数多くの受験生が見事、合格しました。

行政書士試験は誰かと競争するものではなく、あなたが180点をとれるかどうかの試験ですので、あまり周りのことは気にしないようにしましょう。

重要なことは、あなたが行政書士試験で180点(6割)取る、ということです。

「絶対に平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME