試験情報

練習問題 (1)成年被後見人や国籍喪失者は直接請求の代表者と    なることができない。 (2)公務員や地方公共団体の選挙管理委員会の委員は    直接請求の代表者となることができない。 (3)公務員が地位を乱用して署名...

試験情報

練習問題 (1)指定都市以外の市においても、    墓地の規制に関する事務をおこなうことができる。 (2)東京23区は都市計画に関する事務をおこなうことができる。 (3)横浜市や大阪市といった指定都市では、    公衆浴...

試験情報

指定都市の権能の一部が削除されました。 ちなみに、指定都市とは「政令で指定する人口50万以上の市」 のことです(政令で指定されていなければ、人口50万以上でも 指定都市とはなりません)。 これは法改正により都道府県の権限...

試験情報

練習問題 (1)市町村が条例を制定もしくは改廃する際には、    都道府県知事に対して報告する義務がある。 (2)都道府県は予算、決算の報告を総務大臣に対して    おこなわなければならない。 (3)財産区の財産処分を協...

試験情報

地方自治の強化と自由度を高め、 地方分権を推進するために、 各地方公共団体への義務付けが撤廃された 項目がありますので確認しましょう。 1、市町村基本構想の策定義務 2、市町村区域内の町または字の区域・名称変更に   関...

試験情報

「受験票」が手元に届き、 試験会場も決定したことと思います。 行政書士試験は日曜日におこなわれますが、 平日と同様に考えていると痛い目を見ることがあります。 「車が渋滞していた」 「予定していたカフェが満員で入れなかった...

試験情報

練習問題 (1)普通地方公共団体は共同で「議会事務局」「行政機関」    などを設置することができるが、「委員会」については    認められていない。 (2)普通地公共団体が「行政機関」を共同設置した場合、    それを...

試験情報

地方自治の強化と自由度を高めるために、 「普通地方公共団体」が共同で設置できる 機関の枠が広がりました。 1、議会事務局とその内部組織 2、長の内部組織 3、委員会または委員の事務局とその内部組織 4、行政機関 5、議会...

試験情報

練習問題 (1)地方公共団体の議会の議員定数の上限は、    人口に応じて定められている。 (2)国からの事務を潤滑に遂行できるよう    地方公共団体の議会の議員定数の上限が撤廃された。 (3)地方公共団体の組合には、...

試験情報

地方自治を強めるため、 「地方公共団体の議会の議員定数の上限」が撤廃されました。 以前は、人口に応じて上限数を定めていましたが、 廃止された形になります。 これは法律による自治体への義務を縮小し、 枠付けの緩和により自由...

試験情報

練習問題 (1)復興庁は内閣に設置された。 (2)復興庁ができたことにより、特例として国務大臣の数が、    原則15名、特別の場合には18名まで引きあげられた。 (3)復興庁令を発するのは、復興大臣である。 (4)復興...

試験情報

東日本大震災からの復興のため、 2011年12月9日に成立した復興庁設置法により、 内閣に復興庁が設置されました。 今までは国務大臣の数は原則14名、特別の場合には17名まで 増加できるとされていましたが、復興庁ができた...

試験情報

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME