試験概要(試験日、合格発表、試験会場など)

行政書士試験は毎年1回、11月の第2日曜日におこなわれています。
試験時間は午後1時~4時までの3時間です。

試験科目には「憲法」「民法」「行政法」「商法」「基礎法学」及び
「一般知識」があり、合計60問の300点満点で実施されます。

合格するためには、一般知識の足切り(4割)を突破したうえで、
全体として180点(6割)以上の得点を取ること
が必要となります。

試験会場は各都道府県に1ヶ所以上設けられており、
希望する受験会場を選ぶことができます。
(ただし、会場のキャパシティを超える場合には、
他会場にまわることもあります)。

受験資格は年齢・学歴・国籍などに関係なく誰でも
受験可能
であるため、幅広い層で人気のある国家資格です。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME