健闘を祈ります。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > > 健闘を祈ります。

健闘を祈ります。

2011年11月12日

こんにちは、坂庭です。
昨日とはうってかわって、今日は暑いくらいですね(笑)

体調は万全ですか?

調子はいかがでしょう?

明日は実力をすべて出し切ることだけを
考えてください。

いまさら、「あの時、もっと勉強していれば・・・」とか、
「なんで、もっと早く勉強をしていなかったんだろう・・・」なんて
考えるだけ無駄です。

今夜と明日の過ごし方ですが。

私なら、今夜は一通り、基本書に目を通し、
苦手分野の最終チェックをします。

明日も、軽くテキストに目を通し、最後は
確認程度に、「これまで解いたことのある問題」を解きます。

直前になって「見たこともない問題」に遭遇すると、
それだけで、気持ちが負けてしまいますからね(苦笑)

今日は緊張や不安、焦りなどの興奮から、早くは
寝られないでしょう。

寝られないとは思いますが、頭が疲れない程度に勉強
しておき、頭と体を少し休ませてるのも1つの方法です。

そうは言っても、休めないとは思いますが(笑)

実際に、私は休めませんでしたしね、、、。

準備することとして、

・時計

・受験票

・筆記用具

・上着

・耳栓

・教材一式

・財布

こんなところでしょうか。

時計は時間配分には必須です。

デジタルよりは、アナログ式の方が、
「残り時間」が把握しやすいですね。

会場によっては、時計が見づらかったりします。
私の時は、それは、もう、悲惨でしたね(笑)

耳栓は本試験では使用禁止ですが、
試験前など、周囲がにぎやかな場所では、
集中して最終チェックするには、かなり使えるはずです。

それと、服装ですね。

昨日みたいに寒いと思ったら、今日みたいに
暖かくなることもあります。

明日の天候をチェックした上で、暑かったら脱げる。
寒かったら羽織れる準備をしておくといいでしょう。

ふと、ここまで書いて、去年の試験前、
最後のメールを思い出しました。

あれから、もう、一年なんだなー、と。

毎年、ラストメッセージを送るときになると、

「果たして、すべて伝えきれただろうか?」

「伝えそびれたことはなかっただろうか?」

「本当に受験生に役立つ情報を送れてきただろうか?」

「もっと、気のきいたエールを送れなかったのだろうか?」と。

思いは尽きません。

思いは尽きませんが、事故やケガもなく、余裕をもって
試験会場に足を運び、

実力を出し切り、

終了のチャイムが鳴り終わるまで諦めないでほしい。

そして、合格を果たしてほしい。

そう思います。

最後になりますが、先日、ある医師から聞いた話を
お伝えしておこうと思います。

病気になった患者は3つのパターンに分けられる、と。

1.「自分はもうダメだ」と諦めている患者

2.「何が何でも絶対に完治して生きながらえるんだ!」という患者

3.「やるべきことは、すべてやった。あとは結果を待つだけだ」という患者

この3パターンの中で、一番、病気が治りやすいのは
「3」の患者だということです。

「1」は論外ですね(苦笑)

「2」のケースでは、執着が強く、固執し過ぎるために
治療の成果が、「3」よりも、やや落ちるそうです。

日ごろから私が言っているように、

「人事を尽くして天命を待つ」

まさに、それです。

あなたは、今日まで必死に、時間もお金もエネルギーも
投資し、他のことを犠牲にして、ここまで突っ走ってきたことでしょう。

思い出すだけで、涙があふれてくるくらい、
ツラい時期もあったでしょう。

「自分は落ちられない」「絶対に今年受からなければ後がない」
「これでまた落ちたら・・・」「やっぱり、ダメかもしれない」

そんな気持ちもよく分かります。

分かりますが、その気負いが、焦りを生み、ケアレスミスを
誘うかもしれません。

明日の朝は、

「今日まで、やれるだけのことは全てやった。
あとは、それを出し切るだけだ。」という気持ちで
本試験に臨んでみてはいかがでしょうか?

「最後に」とは書いたものの、正直、言葉が尽きませんが・・・


私からのメッセージは、これが本当に最後になります。

『新しい人生の扉を開きたいなら、

その扉が開くまで、叩き続けろ』 by 坂庭

あなたの合格を心から願っています。

最後の最後になりますが(笑)

ここからは、私からのメッセージではなく、
受験生からいただいたコメントやメールです。

私は軽率に「同志」という言葉を使いたくないのですが。

今日まであなたと同じ志をもって、必死で勉強してきた、
まさに「同志」からのコメント(決意表明)です。
『大声で泣き崩れました。』

※紙面の都合で、ほんの一部です。
また、途中を省略させていただいた箇所もあります。
予めご了承ください。

たくさんのメールをいただいているので、
まだ、返信が終わっていません(笑)

今日中にはお返事を差し上げますので、
まだメールが届いていない方は、
今しばらくお待ちください。

坂庭からの返信を期待している場合には、
【今日の夕方5時まで』にメールを下記のページから送ってください。
ご連絡フォーム

出来る限り、返信いたします。

それでは、あなたの健闘を祈って。
ありがとうございました。

坂庭

行政書士試験にわずか147日で一発合格する方法


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop