原始人も真っ青です。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > > 原始人も真っ青です。

原始人も真っ青です。

2012年12月06日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

ここ最近、受験回数の多い方からのご相談が
非常に増えています。

行政書士試験に関しては、半年~1年で合格が
可能な国家資格です。

人間ですから、

×緊張して本領を発揮できなかった

×勉強のペースが掴めないまま終わってしまった

ということで2回目の受験までは、仕方がないでしょう。

ところが・・・

独学でもダメ、通信でもダメ、通学でもダメで、
とうとう、今年で4回目、という受験生は、
要注意です。

そもそも、3回も、4回も受ける資格じゃないんです。

ということで、今回は、受験回数が4回目の
受験生からのご相談と、坂庭からの回答です。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

> 【受験回数】: 4回目

行政書士試験で4回とは多いですね。

やはり、何とかして今度は合格したいところです。

>【ご意見・ご感想・ご質問】:

>お世話になっています。
>私は今回で4回目になりますが
>いい加減に今年は合格したいと思っています。

確かにそうでしょう。

早い方ですと、半年~1年の勉強で合格し、
翌年には独立開業し、すでに軌道にのせて
バリバリ活躍している時期です。

4年とは、それだけの歳月です。

その意味では、やはり、ペーパー試験で
躓いて時間をロスしているのは、非常に
もったいないですね。

>さすがに試験を3回も受けると自分の
>弱点などが分かり、
>?時間にばっかり気を取られて、問題を
>十分理解せずに回答を求めてしまう。
>?条文を覚えきれていない。
>?条文の大切な部分についての理解が
>浅い。(特に民法)

>この様な内容じゃないかと思っていますが
>本マニュアルで上記の様な事についての
>効果的な勉強法などは可能なのでしょうか

>?については、俗に言う右脳作業を
>求められるのでしょうか?

文字化けして「?」になっていますが、
上から順番に「1」「2」「3」と
表記していただいたいのでしょうか?

まず、「1」に関しては、そもそも、
基礎学力の問題です。

基礎学力がついてから、「時間内に解く」
「1問、何分以内に解く」という話になってきます。

つまり、アウトプットの問題は、インプットが
終わってからです。

インプットとは、基本書をしっかりと理解し、
理解を深め、その理解をベースに「過去問」などを
解き、「このような形式で問われるんだなー」と
把握する段階です。

「過去問を解く」のは、インプットだと
思ってよいでしょう。

アウトプットというのは、各スクールの公開模試や、
予想問題集を解く段階です。

この段階に来て、はじめて「時間内に解く」という
話になってきます。

あいにく、Kさんの今の学力がどの程度か
分かりかねますので、インプットの問題なのか、
アウトプットの問題なのかアドバイスできません。

できませんが、多くの受験生が、インプットの段階で、
大きな間違いを犯してしまっています。

「基本書を繰り返し頭から読み、机に向かって
手で紙に書いて、ノートを作って、声に出して読む」
という原始人も真っ青なくらい、効率の悪い勉強を行っています。

実は私もそうでしたが。

そのような「机に向かって、基本書を何回転させる」
という方法でしたら、とても効率が悪く、
そもそも、インプットすら、ロクにできていないでしょう。

次に「2」の「条文を覚えきれていない。」という
点ですが。

「覚える」という作業は、最後の最後です。

時々、「条文を覚えていないから問題を解けない」と
嘆いている受験生がいますが、大きな間違いです。

そう思っている間は、残念ながら、何年受験を
しても受かりません。

まずは、基本書を理解し、理解を深めること。

条文に限らず、基本書に書かれている内容や、
判例、条文などを覚えるのは、最後です。

というか、最初から「覚えよう」と
しないでください。

なぜなら、合格率1ケタの行政書士試験は
「覚えれば受かる」ほど、甘くはありませんから。

厳しいことを言いますが、行政書士六法を1冊
丸暗記したところで、一生受かりません。

「覚えようとすること」自体が、そもそも
間違った勉強です。

次に「3」の「条文の大切な部分についての理解が
浅い。(特に民法)」ですが。

もちろん、条文も大事ですが、そもそも、
基本書に書かれている内容を理解していなければ、
条文が理解できるはずがありません。

まずは基本書の理解です。

時々、「最初に過去問を解いてみて、分からない
ところを基本書で覚える」という勉強の仕方を
している受験生がいます。

正直、高校受験程度であれば、そのような
方法でも通用します。

通用しますが、

行政書士試験では、まったく通用しません。

「学生時代に優秀だった」という理由から、
学生時代の勉強法をそのまま行政書士試験に
あてはめようとしている方がいますが、
そのような「自己流」に固執している
受験生はことごとく不合格しています。

行政書士試験に近道はありません。

「条文を覚える」という以前に基本書を
しっかりと理解すること。

「時間内に問題を解く」という以前に、
基本書の理解を深めること。

すべては基本書です。

サッカーでドリブルもできないヤツが
オーバーヘッドなんてできません。

次に「?については、俗に言う右脳作業を
求められるのでしょうか?」ですが。

「?」と文字化けしているので、
どの箇所を指しているのか分かりませんが。

いずれにしても、残念ながら、「右脳がウンヌン」とか、
「潜在意識がウンヌン」「記憶術がウンヌン」という
ワケが分からない右脳系の勉強ではありません。

むしろ、

効率を徹底的に重視し、隙間時間を活用し、
理解を深めるという点では左脳系といってもいいでしょう。

「聞き流すだけで」とか「寝ながら」とか、
そんな胡散臭い方法で右脳を開発して
合格できれば、行政書士試験の合格率は
98%くらいになっているでしょうね。

私がご提供している勉強法は、あいにく
そのような右脳系でもなければ、記憶術でもありません。

その代り、

しっかりとマニュアルを実践している受験生は、
「マニュアルを買った年に合格」を果たしています。

初めての受験でも一発合格をしていますし、
それまで、7年も8年も、それこそ、
通信でも通学でも受からなかった人が、
マニュアルを活用した年に独学で受かっています。

>前回の試験についての勉強については
>会社員でなかなか勉強できないながらも
>全休みを返上し勉強に費やしたのですが
>ダメでした。
>本当に今年、本当に合格したいと
>思っています。

>回答、よろしくお願いします。

さぞかし悔しい思いをされたことでしょう。

私がご提供しているマニュアルは決して
右脳系ではありませんし、「買っただけ」で
受かるような魔法ではありません。

ありませんが、

しっかりと実践すれば、半年~1年の勉強で
合格できる勉強法です。

といよりも、実際に、そのような短期合格者が毎年、
ゾクゾクと出ているマニュアルです。

こうしている間にも、平成25年度の行政書士試験は、
刻一刻と近づいています。

すでに、本試験まで残り340日です。
行政書士試験一発合格マニュアル

「年が明けたら勉強を再開しようと思っています」
なんて、寝ぼけたことを言っている受験生がいますが、
意識が高く、本気のKさんは、是非、すぐにでも
再スタートを切り、今度こそ、合格を果たしてください。

私たちも全力でサポートいたします。

熱心なご相談、誠にありがとうございました。
坂庭

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

すると、さらに、お返事をいただきました。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

問い合わせさせていただいたKです。
熱心なメール、届きました。
ありがとうございました。

メールの内容、確認させていただきました
正直、今まで自分が行ってきた事を
ズバリ、当てられて根底から覆された
感があります。
(正直、チクショーと読んだ時は
思いました。)

後ろから、ハンマーで「何やってんだー」
とぶったたかれた思いでした。

それと同時に何か吹っ飛んだ気がして
すっきりした感もあります。

先生たちと合格まで一緒に歩んで
良いのでしょうか?

馬鹿にされるかと思い、人にあまり
話さないのですが・・・・・。

私の行政書士の切っ掛けは正直
今回の3,11の震災です。
被災地の人々が助けてとの叫びについて
ただ、「かわいそう」と思うだけでした。
話に聞くと行政の通達等の内容について
住民たちが内容を知っていればもう少し
温かい生活が出来たと聞きます。
何か、何か法的立場で近隣・住民を
助けたいと思った事が大きな切っ掛け
でした。

行政書士になって少しでも住民の立場に
なって助けたいと思っています。

長々な話になりましたが、お返事
ありがとうございました。

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

以上です。

震災以後「誰かの役に立ちたい」という方が
非常に増えています。

増えていることは良いことですが、受験回数の多い
受験生ほど、

「基本書を繰り返し頭から読み、机に向かって
手で紙に書いて、ノートを作って、声に出して読む」
という原始人も真っ青なくらい、効率の悪い勉強を行っています。

これでは、原始人も真っ青ですが、その前に、
お先真っ暗です。

何年も同じ勉強法で失敗していたら、
おそらく、今度も同じ結果になる
可能性が高いです。

是非、効率の良い、正しい勉強法で、
今度こそ、リベンジを果たしてください。

今、マニュアルをご注文いただくと、
年内には勉強法を実践できます。

年末になってからのご注文の場合、
発送が年明けになり、マニュアルの実践も
年明けになってしまいます。

年末年始の人が休んでいるときに、一緒に
休んでいたら、永遠に人と同じままですから(苦笑)

「来年こそ、人生を変えたい!」

「今度こそ、リベンジしたい!」
と思ったら、やるべきことを先延ばしせず、
今すぐに決断し、一歩踏み出しましょう。
行政書士試験短期合格勉強法

それから、下記のページでは、最新情報や、
コラム、「よくある質問」を掲載しています。

相当、濃い内容を坂庭とマニュアル作成者の石井で
随時、更新していますので、「お気に入り」に入れ、
年末年始に読み漁ってみるのも良いかもしれません。

クリックしてご覧ください↓
行政書士試験合格情報

では。


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop