一般知識問題と記述式問題の対策 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > よくある質問 > 一般知識問題と記述式問題の対策

一般知識問題と記述式問題の対策

2009年06月25日

Fさんから一般知識と記述式の対策について
ご質問をいただきました。

回答と合わせてご紹介します。
参考にしてください。

> 現在は、●●●●の通信講座を受講しています。
> ある程度勉強も進んでいます。

なるほど。●●●●の講座で勉強を
なさっているんですね。

> しかしここに来て壁というか
> これで合格できるのか?という疑問がわいてきました。

「教材の質」と「効率の良い勉強方法」は
全く別の問題になってきます。

実際に、大手スクールに通っている方や、
有名な通信講座で勉強し、行き詰ってしまった方、
もっと言ってしまうと、「挫折してしまった方」の多くが
私の提供しているマニュアルをご購入しています。

質の高い教材で勉強をすることと、
効率の良い方法を実践して勉強することは
別の問題だからです。

通信や通学で挫折してしまった方でも、
マニュアルを実践することでその年の試験で
合格している方もいらっしゃいます。
よろしければ、参考にしてみてください。

> というのは、一般知識問題と記述式問題です。
> 記述式問題は、得点配分も高いので
> これを何とかしないと合格できないと感じていますが、過去問も少
> ないうえ、勉強の仕方進め方がわかりません。
> このマニュアルには、この辺りのフォローはありますか?

まず、一般知識に関しては「9月まで勉強しなくて
構いません」とアドバイスしています。

なぜなら、9月になってからでも十分、知識が
身に付けられますし、また、足切りを意識するあまり、
最初から一般知識に時間を割きすぎると、法令科目まで
手が回らず、本試験までに全体をカバーしきれないことが
よくあるからです。

マニュアルでは法令科目から重点的に勉強し、
一般知識は9月から手を付けることをアドバイスして
います。また、9月からの具体的な一般知識対策も
解説しています。

次に記述対策です。

マニュアルでは「択一式」と「記述式」を特に
区別していません。と言うのも、択一式の
勉強をしっかりと行えば、記述式の対策にも
なるからです。

その意味で、あえて区別せずに効率の
良い勉強法を実践してもらいます。

もちろん、記述式の勉強が択一式の勉強にも
なりますので択一に関する解説もありますが、
ページ数としてはそれほど多くありません。

それでも合格出来る、という判断です。
マニュアルをご購入の際は予めご了承ください。

記述式の配点も無視できませんが、その前に
しっかりとインプットとアウトプットを行い、
さらに択一式で得点を稼ぐこともお考えください。

回答は以上です。

行政書士試験ラクラク勉強法


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop