よくある質問 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > よくある質問

よくある質問

行政書士試験には偏差値が低くても受かるでしょうか?

2012年01月17日 [記事URL]

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

最近、また、多くのご相談をいただくようになってきました。

「一歩踏み出したくても、踏み出せない」

そんな心境の受験生が増えているようです。

「偏差値が低くても受かるのかな?」

「勉強は苦手だったから、無理かも・・・」

「学歴がなくても受かるのかな?」

「中卒でも合格できるかな?」

そんな不安を抱えている受験生が多いようです。

そこで、こんなご相談と私からの回答を。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

>【受験回数】: 0回

これから、ということですね。

>私は、3人の子供を持つシングルです。
>子供は高1・小4・年長でやっと受験が終わって1番上の子が高校生
>になりました。

3人のお子さんを持つ、シングルマザーということですね。

>しかし、これからの事を考えると、後の2人の教育費などの問題が
>ありとても心配で、
>何か資格がほしいと思っています。現在私は、病気療養中で仕事も
>していません。

まだ、小さいお子さんもいらっしゃるようですし、
Mさんご自身も病気療養中とのことですから、今後のことが
さぞかし御心配でしょう。

お気持ちをお察しします。

>今春、3番目の子も小学生になるし、何かの準備をするには、この
>1~2年が勝負なのではないかと自分では思っていますが、何の資格
>も取り得もないので、就職も厳しい感じです。

なるほど。そうでしたか。

>行政書士の合格者の方を見ると大卒の方が多い感じだし・・

そうですか?

完全に「思い込み」ですね。

少なくとも、私のマニュアルを買って合格した方は
学歴も経歴も年代もバラバラですよ。

すでに、Mさんは、この時点で気持ちが負けているような
気もしますが、いかがでしょうか?

もちろん、他のスクールや通信と違って、
大卒でなくても、実践すれば短期合格が可能なノウハウ、
それが私のご提供しているマニュアルですが。

マニュアルを活用すれば、大卒だろうが中卒だろうが、
そんなことは関係ありません。

しっかりと実践すれば受かります。

>私は、高卒で偏差値も40あればいい方です・・こんな私でも合格で
>きるのかな~と踏ん切りがつきません。
>自分の気持ち次第だとお叱りを受けそうですが・・

そうですね。

自分の気持ち次第です。

「私に出来るはずがない」と思っている方は、残念ながら
行政書士試験に限らず、何をやっても結果は出ません。

宅建を目指そうが、社労士を目指そうが、別の
目標を見つけて、目指そうが、「どうせ私なんて・・・」
と思っていたら、結果が出るはずがありませんよね?

もし、あなたのお子さんが、「どうせ俺なんて頭が悪いから
勉強したって無理」「私は運動神経がないから、スポーツなんて無理」と
言ったら、なんて言葉をかけてあげますか?

>とりあえず、色んなところから行政書士に関するパンフレットを取
>りよせて学校や通信がどんなものか見ています。

そうですか。

経済的に余裕があれば、通信や通学で良い教材を
活用するのも1つの手ですね。

ただし、

「良い教材で勉強すること」と「効率の良い勉強法を
実践すること」は全く別の話です。

これまでも、有名な通信やスクールで挫折した方は
たくさん、いらっしゃいます。

みなさん、良い教材を持っていても、「効率の良い
正しい勉強法」を知らないからですね。

「大手のスクールに通えば受かる」「高額な
教材を購入すれば受かる」と思い込んでいるようです。

短期合格は、

「質の良い教材」×「効率の良い勉強法」ですので、
くれぐれもご注意ください。

私がご提供しているのは「効率の良い勉強法」ですから
教材はついていませんが、マニュアルの中で教材の選び方や、
おススメの教材などもご紹介しています。

また、

メールサポートでご相談いただければ、ご予算や
ご希望の勉強スタイル(通信・通学・独学)に合わせた
アドバイスが可能です。

ご検討ください。

>将来贅沢をしたりするために、資格を取ろうと思っているわけでは
>ありませんが、
>会社に入らず、だれにも頼らず、子供が迷惑をかけることなく、自
>立できればいいかと思っています。
>欲を言えば、年老いてきた両親に苦労させたくない、助けてあげた
>い、お世話になった人たちに恩返しもしたいこんな理由くらいです。

行政書士であれば、十分可能ですよ。

ご自宅で、マイペースに仕事が出来ますし、
業務範囲も多いので、ご自分に合った仕事を選んで
専門に取り扱うことも出来ます。

>最近になって、友人の紹介でwebデザインを手伝ってくれる人を探
>している方に会いまして、今話をしている最中で、手伝うかどうか
>決まってはいません。
>もしwebの仕事をするようになったとしても、行政書士の勉強と両
>立できるのかも不安です。webも未経験ですが興味があったので、
>本を買って一通りホームページを作っている感じです。本を見なが
>らですから誰でも出来ますけどね・・

なるほど。

両方、初めてのことで、悩んでいるわけですね。

>そんなこんなで、あっちもこっちもになっていしまうし、行政書士
>の方も延び延びになり、時間はすすむし、不安は募るし・・
>やるからには一発合格じゃないと来年は子供の進学があるので、無
>理だし。
>何かやらねばと、気ばかりが焦ってしまいます。

焦るお気持ちは分かります。

分かりますが、じっくりと落ち着いて
考えましょう。

体調も良くないようですから、まずは、しっかりと
体調を治すことが一番ですね。

>行政書士がとれたら、みなさん事務所を立ち上げていますが、それ
>以外では、やはり法律事務所などに就職することになるのでしょう
>か?
>これも私の疑問なんです・・

事務所を立ち上げる人が、ほとんどですね。

法律事務所には弁護士がいますから、行政書士の出る幕は
ほとんどありません。

「一般事務」で十分ですから。

たいてい、行政書士で稼げない人間が、行くあてがなく、
法律事務所に再就職、というパターンでしょうか。

そもそも、独立開業する予定がなければ、行政書士の資格を
とる必要がありませんから。

>問い合わせでもなく、感想でもなく、質問でもない、ただ私の近況
>報告のようになってしまいましたが、一歩踏みきれないので
>書かせていただきました。
>すみません・・

>決して私はネガティブではないのですよ~
>いつもは判断が早いのですが今回でけはどうも・・

そうでしたか。

この文面は、おそろしくネガティブで最後まで
読むのも、正直、しんどかったですよ。

返信しようか、どうしようか、悩みましたから(苦笑)

>何かアドバイスありましたらお願いします。

「何かアドバイスを」というご相談が一番困りますね。

何をアドバイスしたらいいのか、分かりませんから。

問い合わせページにも書きましたよね?

「適切な回答がほしければ、適切な質問をしろ」と。

下記のページの「追伸」を熟読してください。
お問い合わせページ

>回答はまぐれで正解もありましたが、
>とにかく問題自体の理解ができません。
>読んでいるうちに何が何だか分からなくなりました。
>言葉自体も難しくて理解不能です。
>解説も難しく理解するのに何回も読みなおしました。
>それでも理解出来たような出来ないような。
>この程度の理解が出来なくて行政書士合格なんて出来るのかと思い
>ました。
>言葉の表現の仕方や、オーバーな表現で正解不正解の判断をすると
>ありましたが、それすら理解できません。

>対談でまず、法律などの全体像を理解する、木を見ないで森を見る
>とありましたが、はたして自分に出来るのかと思いました。
>何しろ皆さんのように、大学を受験するような成績じゃなかった事
>もありますし。

>私のような方が合格しているってことあるのでしょうか?
>やってみたい気持ちはあるのですが、
>自分の能力や、読解力に自信がないのです・・

まだ、パンフレットを取り寄せている段階ですよね?

1~2ヶ月の勉強で、問題が理解できて、
合格できるレベルになれば、天才ですよ(笑)

数十年前の行政書士試験であれば、
2~3ヶ月で受かったようですが。

今現在、合格率1ケタですから、最初は
分からなくて当たり前。解けなくて当たり前です。

言葉の意味は分からない。

それ以前に、言葉が読めませんからね。

短期合格を果たしている私たちでさえも、
そして、他の一発合格者でさえも、
そこからのスタートです。

もし、Mさんの年長のお子さんが、まだ英語を勉強したことが
ないにも関わらず、「英語なんて難しくて無理!」と
言っていたら、なんて言葉をかけてあげますか?

「やったことがないんだから、分からなくて当たり前だよ」

「誰だって最初は分からないけど、しっかり勉強すれば
出来るようになるから大丈夫だよ」

と、声をかけてあげませんか?

事実、行政書士試験のペーパー試験も同様です。

大学を出ていようが、出ていまいが、そんなことは
関係ありません。

「行政書士の合格者の方を見ると大卒の方が多い感じだし」と
いうのは、単なる偏見にすぎませんし、自分の可能性を
狭めるだけです。

そう思いませんか?

そんな弱気で、これから、3人のお子さんを養って
いけますか?

シングルマザーの腕一本で、子供たちを育て上げることが
出来るんですか?

勉強に関して言えば、仮に大学を出ていても、法学部でなければ、
ゼロからのスタートです。

むしろ、学生時代に偏差値が高くて勉強ができた方の方が
苦労していますね。

なぜなら、

「自分は頭がいい」という過信があり、効率の悪い
自己流で勉強してしまうからです。

確かに学期末試験や受験レベルであれば、
丸暗記で太刀打ちできるケースもあります。

ところが、

丸暗記では一生、受からない試験です。

まして、偏った自己流で効率の悪い勉強をしていたら、
10年かかっても受かりません。

本当に一生受からないんです。

行政書士試験には学歴も偏差値も才能もまったく
必要ありません。

むしろ、中途半端な学歴や偏差値は邪魔なくらいです。

なぜなら、

変な自己流がなく、素直にマニュアルを実践するから
です。

私たちは、「マニュアルを売ること」が目的ではありません。

ですので、買ってくれた後は、メールサポートや裏メルマガ、
追加特典でフォローしていきます。

ただし、

最終的に勉強をするのも、マニュアルを実践するのも、
試験を受けるのも、あなた自身です。

中途半端な気持ちでしたら、どうか買わないでください。

「どうせ、私なんて・・・」

「私には無理かな・・・」

と思ううちは、買わないでください。

死ぬ気で受験生をフォローしている私たちに
失礼ですから(笑)

「マニュアルを買った以上、絶対に今年度の
試験で合格するんだ!」

「私だって、合格できるし、行政書士になれるんだ!」

そう思ったら、ご購入ください。

ちなみに、

「合格返金保証」を付けました。

明日のメルマガでも詳細をご案内しますが、
下記のページにも記載してあります。
平成24年度行政書士試験に対応:短期合格マニュアル

今度、お問い合わせをいただくときは、くれぐれも
質問内容を明確にしてください。

そうでない場合には、残念ながら、返信できかねますので。

それでは。

坂庭

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

いかがでしょうか?

このようなご質問は、毎年、いただきます。
是非、上記を参考にしてください。

ところで。

うちのスタッフの松本のブログが、表示されて
いなかったようです。

ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。

家事と子育てを頑張りながら合格を目指す
「子育てママ」を応援するブログになっています。

あまり、更新はしていませんが(笑)

ただし、下記のブログ経由でマニュアルを購入すると
そこでしか手に入らない限定特典がついているようです。

クリックしてご覧ください↓
行政書士試験:子育てママでも頑張れる勉強法

では。

坂庭

行政書士試験一発合格センター短期合格マニュアル


行政書士試験勉強法マニュアルはフリーアドレスでも購入できますか?

2011年12月28日 [記事URL]

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

いよいよ、年末ですね。

1つご質問をいただいていましたが、その前に。

「一年の計は元旦にあり」といいます。

が、

私は、すでに、年明けに向けて、計画を立て、
動き始めています。

というのも、

「あぁ、今年は、あれをやり残したな~」

「来年こそは、これをやりたいな~」

と、悔みつつ、漫然と残りの数日を過ごし、
年末年始で、テレビを見て、飲んだくれて、
「なんとなく正月が明ける」のがイヤだからです(笑)

あなたも、日頃の仕事で家事がたまっていたり、
大掃除で忙しかったりで、

「勉強どころじゃねーんだよ!」

「年末年始くらい、ゆっくりさせて!」

と思うかもしれません。

もちろん、この1週間をどう過ごすかは、
あなたの自由です。

自由ですが、

どうせ「来年からやろう」とか「来年こそは」と
思っていることがあるなら、是非、明日から、いえ、
今日から、スタートを切ってみてください。

それだけで、この年末も、そして、新年も
違った過ごし方が出来るはずですから。

ところで。

年末年始のマニュアルの配送は終了しました。

年明けは、1月5日(木)からのスタートです。

ただし、ダウンロード版につきましては、
決済完了後、すぐにダウンロードして、閲覧し、
マニュアルを実践できます。

買いそびれた方は、是非、この年末年始に。
行政書士試験短期合格勉強法

それから、いただいていたご質問を紹介して、
今年を締めくくりたいと思います。

↓↓↓ ここまで ↓↓↓

>【受験回数】: 3回
>【ご意見・ご感想・ご質問 (適当な箇所で改行してください。)】:
>メールにて失礼します。
>独学で3回挑戦しました。

独学で、すでに3回、チャレンジしているということですね。

>しかしながら、勉強している(つもり)にも関わらず、合格圏に到
>達しなく、迷走しているところです。
>1回目がギリギリのところで、不合格であったため、その勉強法か
>ら抜け出せないのが現状です。

そうですか。

悶々として苦しいでしょう。
お気持ちをお察しします。

>どのような方法で勉強すればよいのか、合格する勉強方法とはなに
>か。通信教育の資料及びサンプルに内容を見ても、本当にこれで合
>格するのか、と、踏み出せないでいます。

通信や通学などでは、「テキストを使って、解説」は
してくれますが、効率の良い、合格する勉強方法までは
教えてくれませんからね。

実際に、これまで、通信でもダメ、通学でもダメ、
独学でもダメだった方が、マニュアルを購入した年に
合格するケースは少なくありません。

確かに、通信や通学などは、教材の質は高いですし、
解説も詳しいでしょう。

ただし、

「解説の詳しい教材で勉強すること」と
「効率の良い合格する勉強方法を実践すること」は
まったく異なる、という点を理解しておく必要がありますね。

おおまかにお伝えすると、

短期合格=質の良い教材×効率の良い勉強法

ですから。

ここは「足し算」ではなく、「掛け算」なので、
いずれか一方が「ゼロ」なら、他方が100でも、
合計ではゼロになってしまうことにも注意が必要です。

>購入を検討しているところでありますが、当方が、フリーメールし
>か登録していないため、貴センターの資料を申し込むことができな
>いでいます。
>フリーメールでダウンロード版を購入することはできないでしょう
>か。
>不躾な質問で申し訳ございませんが、御検討いただき御回答いただ
>きますようお願いします。

結論を申し上げますが、フリーメールでもダウンロード版を
購入することは可能です。

可能ですが、

プロバイダのアドレスなどに比べると、フリーのアドレスの場合、
迷惑フォルダに入ってしまったり、そもそも、メールが届かない
ケースもあります。

だからといって、プロバイダなどのアドレスであれば100%安心か?
と、言われると、そうでもありません。

ただ、「フリーのアドレスよりも、届きやすいですよ」、
ということです。

場合によっては、メールサポートの回答が届きにくかったり、
お問い合わせのメールがこちらに届きにくかったり
ということもあります。

ですので、可能であれば、プロバイダなどのアドレスで
ご注文いただくことをお勧めしているわけですね。

もちろん、フリーアドレスでは買えないわけではありませんが、
くれぐれも、上記の点だけで、ご理解の上、購入してください。

それでは、充実した年末年始をお過ごしください。

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

フリーアドレスでは買えないわけではありませんが、
くれぐれも、上記の点をご理解・ご納得の上、
ご購入くださいね。

それでは、良い年末年始をお過ごしください。

坂庭

行政書士試験に短期合格する勉強法


これがマニュアルと市販の書籍の違いです。

2011年12月22日 [記事URL]

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

今日は、受験生からマニュアルに関する
お問い合わせをいただきましたので、
ご紹介します。

もし、少しでもマニュアルに興味をお持ちでしたら、
下記を一度、熟読してください。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

こんにちは。
行政書士の坂庭つとむです。

お問い合わせ、ありがとうございます。
以下、お答えいたします。

>A、市販の行政書士受験関係の書籍との違いは何ですか?

まず、市販の書籍は基本書や問題集などのテキスト(教材)ですが、
私のご提供しているマニュアルは「勉強法」です。

「勉強法」ですので、憲法や民法、行政法といったテキスト(教材)は
一切、ついておりません。

くれぐれもお間違いのないよう、お願いいたします。

また、市販の教材は毎年、新しく出版されると、
買い直す必要がありますよね?

ところが、マニュアルに関しては、一度、ご購入いただくと、毎年、
改訂版を無償配布していますので、以後は、一切、購入費用がかかりません。
(ただし、インターネットからのダウンロード形式になります)

さらに、

市販の教材には「サポート」は基本的についていません。

そのため、教材の内容で不明な点があっても、
誰も教えてくれませんから、自力で解決することになります。

一方、マニュアルには特典としてメールサポートが
10回までご利用になれます。

お手持ちの教材の質問はお受けしておりませんが、
マニュアルの活用方法は、もちろん、予算に合わせた
スクールや通信の選び方も、個別のアドバイスをしています。

市販のテキストのなかでもお勧めの教材を
厳選してご紹介もしています。

このように「販売者に直接、質問し、個別のアドバイスが受けられる」

これは、市販の書籍とは大きく異なるでしょう。

それだけではありません。

「毎月の限定特典」として、「この時期に一番注意してほしいこと」を
毎月、現役行政書士で一発合格者の私たちが、音声にした
特典を配布いたします。

また、必要に応じて追加特典を配布したり、
無料個別コンサルティングも実施する場合もあります。

遠方でお越しになれない方のために、後日、コンサルティングの
模様を音声ファイルとして無償配布もしております。

「どうしたら、マニュアルをご購入の受験生が、
しっかりと実践し、より、確実に短期合格を果たせるか?」を
常に意識して、フォローしています。

おそらく、受験生の時期から、現役の行政書士と直接、
やり取りをできるチャンスは、ほとんどないでしょう。

マニュアルをしっかりと活用し、合格を果たしてくれた
受験生とは「対談インタビュー」を行い、直接お会いしていますし。

その後は、「同じ行政書士」として、以後は、独立開業後の
ご相談をお受けしたり、情報を配信していきます。

挙げたらキリがありませんが、ザックリとお伝えしただけでも、
上記のような違いが、市販の書籍との違いになってくるでしょう。

マニュアルをご購入の受験生は、みなさん、
価格以上の価値を感じてくれていますよ。

>B、購入している人の年齢は何十歳代の人が多いですか?

誠に申し訳ありませんが、データをとっているわけではありませんので
正確な数値はご案内できません。

若い方ですと、学生さんもいらっしゃいますし、
年配の方でしたら、それこそ、定年を目前に控えた方、
あるいは、それ以上の方までいらっしゃいます。

参考までに、年代別の受験者数を財団法人行政書士試験センターから
引用すると、平成22年度の場合、

10代 ⇒ 995名

20代 ⇒ 20,698名

30代 ⇒ 24,025名

40代 ⇒ 14,189名

50代 ⇒ 7,585名

60代以上 ⇒ 3,094名

となっています。

これらのデータと必ずしも一致するとは言えませんが、
私がご提供しているマニュアルをご購入の受験生も、
上記のデータがある程度、参考になるかもしれません。

あくまでも、データの一つとして、お考えください。

ちなみに、マニュアルに記載のノウハウ自体は、それこそ、
小学生にでも、実践できるほど、シンプルで簡単な手法です。

「年が若いから有利だ」とか、「年配で記憶力が悪いから
実践できない」というご心配は全くありません。

どうか、その点はご安心ください。

>C、もし24年度の試験に合格できなかった場合、
>25年度以降にも使用することができますか?

もちろん、ご使用になれます。
ここでポイントは大きく2つあります。

まず、1点目は、「効率の良い勉強法」は、毎年、
コロコロ変わるわけではありません。

私たちがご提供しているマニュアルは「小手先のテクニック」では
ありません。

「テクニック集」ではありませんので、仮に不本意な結果で
終わってしまっても、翌年も、全く同じマニュアルをご使用になれます。

というよりも、

むしろ、一年目にマニュアルを活かしきれずに
不合格だった受験生には、「自己流を捨て、もう一度、
マニュアルに立ち返り、ゼロから徹底してノウハウを実践してください。
そして、必ずサポートを活用してください」と
アドバイスしています。

2点目ですが、最初のご質問でも回答いたしましたが、
マニュアルの改訂版は翌年の5月に無償配布しています。

ですから、万一、不本意な結果に終わってしまって、
またマニュアルを活用したい、と思った際は、お金を
出して、新たに買い直す必要は全くありません。

改訂した最新のマニュアルを是非、お使いください。

もちろん、今から、不合格だったことは考えたくないでしょうし、
私たちも、今から、そのような事態を想定しているわけではありません。

ありませんが、仕事の都合や、ご家庭の事情、体調の都合で、
試験が受けられなかったり、思うような勉強が出来ずに
不本意な結果で終わってしまった受験生にも、是非、
リベンジしてほしい、という私たちの願いで、【改訂版の無償配布】を
おこなっています。

このような理念にご理解いただける方には、
私たちも全力でサポートさせていただきます。

>年末でお忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

いえいえ、とんでもありません。

熱心なご相談、ありがとうございました。

Gさん、短期合格に必要なのは、大きく、
【質の良い教材】×【効率の良い勉強法】です。

ここは、足し算ではなく、掛け算になります。

つまり、有名なスクールに通おうが、大手の通信講座の
教材を活用しようが、「効率の良い勉強法」の数値が「ゼロ」なら、
結果は、「ゼロ」。

すなわち、短期合格は不可能です。

掛け算である以上、いずれかの要素が「ゼロ」なら
不合格、ということになります。

実際に、これまで大手予備校や、大手通信講座で
不合格だった方も、マニュアルを活用した年に
見事、合格を果たし、今では行政書士になっています。

スクールに通ってもダメ、通信でもダメ、独学でもダメで
かれこれ10年近く受験地獄から抜け出せなかった方も、
私たちのご提供しているマニュアルと出会った年に
合格を果たしています。

お会いすると名刺交換をしていますし、
それどころか、「ホームページを作ったので
見てください」というご連絡までいただきます。

私たちにとって、これほど嬉しいことはありません。

たかが、ペーパー試験です。

その試験のために、何年も何年も効率の悪い勉強で
遠回りするのはナンセンスですね。

短期合格の秘訣は「知っているか、どうか」です。

そして、知ったノウハウを実践するだけです。

ノウハウを知り、実践した方が、毎年、行政書士として
独立開業し、時間にもお金にも精神的にもゆとりのある生活を
送っています。

最後になりますが、「一年の慶は元旦にあり」といいます。

私は来年の目標をすでに立て、それに向かって
行動し始めました。

来年の目標は、年が明けてから動き出していたら遅いです。

早い方は、すでに、もう、動き出しています。

ダウンロード版のご希望でしたら、お支払完了後、
すぐにマニュアルをご覧になって、実践できますから、
年内からノウハウを実践できますね。

ただし、冊子版をご希望でしたら、年内の発送が
28日(水曜日)までとなっております。

29日~1月5日までは年末年始の都合で
発送が出来ません。

くれぐれも、ご注意ください。

「この年末年始にマニュアルを読んで、
すぐにでもとりかかろう」という受験生が
非常に多いです。

Gさんも是非、ご活用ください。

この度は、熱心なご相談、誠にありがとうございました。

もし、上記を熟読の上、「自分にも必要だ」と感じる点が
1つでもあれば、是非、ご購入いただければ幸いです。

それでは、よろしくお願いします。

坂庭

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

いかがでしたでしょうか?

市販の書籍との違い、マニュアル改訂版の無償配布など。

もし、気になっていたら、すぐに活用してください。
行政書士試験にわずか147日で一発合格する方法

それでは、次回もよろしくお願いします。
坂庭


マニュアルはいつ買えばいいですか?

2011年11月19日 [記事URL]

こんにちは、坂庭です。

最近、「マニュアルはいつ買えばいいですか?」という
お問い合わせを非常によく頂きます。

私のご提供しているマニュアルは毎年、
5月に改訂しているため、

「改訂版が出てから買った方がいいのか?」

「いつ買えばいいのか?」

というご質問ですね。

毎月のようにいただくご質問なので、
じっくりと解説します。

もし、あなたマニュアルを買おうか、
どうしようか、または、いつ買えばいいのかと
迷っていたら、是非、熟読してください。

回りくどい説明をしても時間が無駄なので
ズバっと、結論から。

マニュアルを買うタイミングは、
早ければ、早い方がいいです。

理由はいくつかありますが、

まず1番目に、「無駄な遠回りをしなくて済むから」です。

最短で受かっている方で、一番、無駄がない受験生は、

「勉強を開始する前で、スクールや通信や教材を選ぶ前に
マニュアルを買ったので、遠回りしなくて済んだ」と

おっしゃっています。

マニュアルの中では、市販されている中でのお勧めの教材や、
通信・スクールの活用方法も解説しています。

教材によってはボリュームがありすぎて挫折しやすいものも、正直、あります。

実際に有名な通信講座やスクールに通ったものの、途中で
挫折してからマニュアルを購入する方もいらっしゃいます。

高額な教材を一式、購入したり、通信や通学に申し込んだ後に
マニュアルを購入しても遅くはありませんが、
態勢を立て直す時間的なロスや経済的なロスが発生する
場合もあります。

受験生によっては、高額にも関わらず、使いずらい教材を
買って後悔する方もいますから、買い直すとなると
お金も無駄になってしまうでしょう。

無理に使いずらい教材で頑張ったものの、
苦労する方もいらっしゃいます。

であれば、

最初からマニュアルを活用し、その中でお勧めしている教材を
使用した方が、お金も無駄になりませんし、遠回りや、
挫折することもないですよね。

マニュアルをご購入後、教材を買いそろえる前に、
メールサポートから、ご予算や、希望の勉強形態
(独学・通信・通学)などを相談していただければ、
あなたに適した勉強方法をアドバイスいたします。

高額な教材を購入したり、通信・通学に申し込むのは
その後にしたほうが、安心ですからね。

私たちは、毎年、何百人もの受験生を指導し、
アドバイスしていますから。

また、勉強を開始する時期も、早ければ、早い方がいいです。

というのも、「今からなら、一年以上あるから大丈夫」と
思っていると、何が起こるか分かりません。

これまでも、死に物狂いで勉強してきた受験生が、途中で、

・親が交通事故を起こして入院してしまった

・体を壊して自分が入院してしまった

・会社の倒産やリストラで勉強できる状態ではなくなってしまった

・親が寝たきりになり、介護が必要になった

・急な転勤や出張が増え、勉強が手に付かなくなってしまった

・子供が産まれて、家事と子育てで精一杯になってしまった

・子供が産まれてから妻のサポートと寝不足で勉強できなく
なってしまった

などなど。

予想すらしていなかったことが起きます。

いずれもケースも行政書士に憧れ、熱心に勉強してきた受験生ですが、
場合によっては、受験を断念しなければならないケースも・・・。

本当に、人生は、いつ、何が起こるか分かりませんからね。

そんなときに、力を発揮するのは、「どこまで貯金があったか」になります。

言いかえると、「それまでに、どこまで勉強を
進めておくことが出来たか」ということですね。

今からスタートを切れば、相当、余裕のある計画が立てられます。

一日に1~2時間程度の勉強でも、週末はリフレッシュすることは、
もちろん、仮にケガや病気で1~2週間、勉強がストップしても、
いくらでも、態勢を整えることができます。

まして、どんなに早くスタートを切った受験生も、
「本試験まで時間が余りすぎて、勉強することがない」
ということは、決してありません。

直前期になれば、なるほど、焦り、不安が募り、

「もっと勉強しておけば良かった」

「あれだけ余裕があったなら、どうして、もっと早く
勉強しておかなかったんだろう」

という後悔ばかりしてしまいます。

そんな時に、少しでも早くスタートを切り、人が遊んでいる間も勉強してれば、

「あれだけ準備をして、しっかり勉強してきたんだから大丈夫」

「世間が遊んでいる間でさえ、頑張ってきたんだ。絶対に受かってやる。」

「これだけ勉強したんだから、俺が受からなくて誰が受かるんだ」

と、不安を打ち消すことが出来るはずです。

思い立った日が吉日です。

鉄は熱いうちに打ちましょう。

時間のロス、お金のロス、エネルギーのロスなど、
一切の無駄を省いて、最短で合格したいなら、
すぐにマニュアルを買って実践することをお勧めします。

2番目に、マニュアルを購入すると「毎月の限定特典」が
受け取れる、というメリットがあります。

「今、この時期にもっとも注意しなければならないこと」や、
「この時期に陥りがちなミス」などを、坂庭と石井が対談し、
録音した音声がダウンロードできます。

こちらは、バックナンバーは非公開です。

つまり、

「今月の限定特典」は、今月までに買った人しか
入手できません。

そのため、仮に来月購入しても、前月の特典は、
入手できない、ということになります。

逆に、今月、マニュアルを購入すれば、
今月の特典はもちろん、来月も、その次も、
本試験終了まで裏メルマガを通じて、毎月の
限定特典が入手できます。

「早く買えば、それだけ得をする」ということですね(笑)

また、

不定期ですが、「追加特典」をご提供することもあります。

こちらもバックナンバー非公開なので、
早く決断すれば、それだけ、受け取れる特典も
増えますね。

3番目のメリットですが。

マニュアルは毎年、翌年の5月に改訂版を配布します。

このようにお話しすると、

「マニュアルの改訂版が出るまで、買わない方がいいのでしょうか?」

「改訂版を待ってから買おうと思っています」
という方が必ずいます。

改訂版が出るまで待っていたら、11月の今からであれば、
あと、半年もありますからね(苦笑)

それまで、勉強が進まないんじゃ、話になりません。

「改訂」といっても、マニュアルのキモである、
効率のよいノウハウがコロコロ変わるわけではありませんよ。

「効率のよいインプットやアウトプットの方法」は、
小手先のテクニックではないんです。

これまでも、大幅な試験制度の変更にも、ビクともしない、
短期合格のマニュアルです。

むしろ、

効率の良い勉強法が、毎年、コロコロ変わったら
怖いですよね(笑)

では、「改訂版」とは何かというと、
マニュアルに特典として付属している
「解法テクニック」の題材を、直近の試験問題で
解説しなおすだけ、です。

他は、「よくいただくご質問」のような
いってみれば、Q&Aを追加するくらいです。

しかも、マニュアルを一度、購入すれば、
以後は、毎年、無償で改訂版を入手できます。

(ただし、冊子版をご購入の方でも、改訂版の無償配布は
インターネットからのダウンロードのみ、になります。)

そのようなわけで、

半年後の改訂版を待つ必要はまったくありません。

効率のよい、マニュアルのキモは、ブレませんし、
いつの試験にもバッチリ対応しています。

改訂版も無償配布します。

まさに、「至れり尽くせり」とはこのことでしょう。

1.高額なスクールや通信、教材を買って挫折する前に
マニュアルを買って実践することで、遠回りを防ぐ

2.バックナンバー非公開の「毎月の限定特典」や
「追加特典」がもらえる

3.短期合格のエッセンスは変わらずに、しかも、
改訂版を無償で入手できる

ハッキリいって、今買わなくて、いつ買うんだ、と。

ちなみに、

「毎月の限定特典」ならびに、裏メルマガの配布は、
「本試験終了まで」となっています。

そのため、毎年、11月中旬を持って、裏メルマガの廃刊、
「毎月の限定特典」の配布終了です。

買うタイミングが遅ければ、遅いほど、受けとれる
特典も少なくなり、私たちからの裏メルマガを受け取れる
期間も少なくなる、と。

もし、あなたが、マニュアルを買おうか、
どうしようか迷っていたとしたら、

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
常に、今日が買うタイミングとしては一番、お得。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ということになるでしょう。

今月の限定特典はこちらをクリックしてご覧ください↓
行政書士試験短期合格勉強法

また、マニュアルは毎年、500名様限定です。
数に限りがあるので、くれぐれもご注意ください。

ところで。

とんでもないことに気づいてしまったんですが。

次の試験まで、365日を切りました↓
今度の行政書士試験まで、あと何日?

まぁ、当たり前といえば、当たり前ですが(笑)

今回の試験が終わった、ということは、すでに、
次回の試験が、刻一刻と近づいている、ということ。

もう、365日もありませんから、
迷っている暇はありません。

合格発表がまだだからといって、私も
立ち止まっているわけにはいきませんので。

あなたも、一緒に短期合格を果たしましょう。

では。

行政書士試験にわずか147日で、独学一発合格する方法


平成24年度の行政書士試験に向けて

2011年11月03日 [記事URL]

こんにちは、坂庭です。

11月ですね。

いよいよ、平成23年度の本試験まで、あと10日です。

もし、あなたが、今年度の試験を受ける場合には、
体調管理にも気を配りつつ、悔いのない日々をお過ごしください。

さて。

平成24年度の試験を目指す受験生から、多くの
お問い合わせをいただくようになってきました。

「来年の試験にも対応していますか?」と。

後日、またご案内しますが、当然、対応しています。

なぜなら、「基本書」のようなテキストではなく、
「効率のよい勉強法」というノウハウだから。

「効率のよい勉強法」に、平成23年度も平成24年度も
ありません(笑)

「ノウハウ」といっても、「今年度しか通用しないテクニック集」では
ありません。

テクニック集ではなく、あくまでも、「効率のよい、正しい勉強法」
ですので、このノウハウは、当然、平成24年度も使えます。

使えますし、実際、すでに平成24年度の試験を目指す
受験生も、ゾクゾクと購入し、ノウハウを実践しています。

行政書士試験に147日で一発合格する方法

それでは、次回、またお会いしましょう。
坂庭


今から買って、マニュアルを実践する時間はありますか?

2011年10月19日 [記事URL]

こんにちは、坂庭です。

めっきり、寒くなりましたね・・・。

あなたは、風邪などはひいていませんか?

直前期だからこそ、これから本番に向けて、
体調管理も意識してくださいね。

ちなみに私は風邪かと思って、安静にしていましたが、
どうやら、花粉だったようです。

安静にしていても、仕方ないので、これまで通り、
アグレッシブにいくことにしました(笑)

ところで。

この直前期に特徴的なご質問をいただきました。

今年初めての受験で、私のご提供している
マニュアルを今から購入しようか、
迷っている方からのお問い合わせです。

あなたが、もし、私のマニュアルに興味を
お持ちでなければ、思い切りスルーして、
勉強に勤しんでください。

今年、初めての受験のSさんからのご質問です。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

>【受験回数】: 今年が初めてです

Sさんは、今回が初めての受験ということですね。

>坂庭様

>はじめまして
>Sと申します

>今回思うところがあり、9月頭に受験を決意し試験勉強に取り組ん
>でいます。

9月の頭から受験を決意なさったということですね。
願書の提出は間に合いましたか?

>ある会社の通信のDVD教材を購入しまして
>いまようやく一回り受験範囲の勉強をし、
>過去問を二つほどやってみたレベルです。

なるほど。

頑張っていますね。

>「100日以内の合格は難しい」とありましたが
>試験まであと一カ月という、このタイミングで教材を購入した場合
>、活用するのには時間がなさすぎるでしょうか?

>この一カ月は仕事をやめて集中して勉強をする予定です。

残念ながら、今、マニュアルを買っていただいても、
ノウハウの肝である部分をすべて実践するだけの
余裕はないですね・・・。

正直、今年の合格も不可能ではありませんが、
相当の覚悟でないと、やはり、厳しいでしょう。

時々、「2ヵ月程度の勉強でも合格」のような
とんでもない教材が売っていますが、
たいてい、行政書士でもなく、資格をもっていない
業者が売り逃げしている詐欺マニュアルです。

くれぐれもご注意ください。

「この一カ月は仕事をやめて集中して勉強をする予定」との
ことですし、相当の覚悟で臨んでいらっしゃるでしょうから、
もちろん、今年度の合格も不可能ではありません。

不可能ではありませんが、少なくとも、私がご提供している
マニュアルを今から、すべて実践するだけの時間は
ないでしょう。

ただし、マニュアル作成者の石井浩一がメールサポートを
行っており、私たちは毎年、短期合格者を輩出しています。

ですので、Sさんの現時点での実力にもよりますが、
今、お使いの教材や、実際に過去問を解いた際の採点などを
詳しくメールサポートでご相談いただければ、
この1ヶ月間で、より、効果的な勉強方法をアドバイスできるかと
思います。

また、マニュアルご購入者様限定で、今週の土曜日(22日)の10時から、
11月6日(日)の正午まで、「直前期対策:解法テクニック
徹底マスターセミナーDVD」という教材を販売いたします。

平成22年度に一発合格した方からも、「あの時、解法テクニックの
教材を購入し、実践して良かった」と、おっしゃっていただいた
教材です。

強制ではありませんし、無理強いはしませんが、受験生から
非常に多くのご要望をいただいていたので、150セット限定の
期間限定で販売いたします。

先着150名様ですので、おそらく、すぐに完売して
しまうかとは思いますが。

マニュアルを今からすべて実践する時間は正直、
ありませんが、メールサポートをご活用の上、
解法テクニックをマスターすれば、この1ヶ月で
今年度の合格を狙える可能性も、ぐっと高まるでしょう。

>ご多忙の中恐縮ですが、ご意見いただけたら幸いです。

>どうぞよろしくお願いいたします。

「マニュアルを買えば絶対に受かりますよ」ですとか、
「解法テクニックを活用すれば受かります」とは
断言できません。

断言できませんし、残りの日数を考えれば、
相当、厳しいです。

私も無責任なことは言えませんので、
最後は、やはり、Sさんにご判断
いただくしかありません。

マニュアルを買う・買わないは別にして、
Sさんが、この1ヶ月を有効に活用し、
今年度の合格を果たされることを応援しています。

熱心なお問い合わせ、ありがとうございました。

坂庭

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

平成23年度の試験に向けて、今からマニュアルを
購入しようかどうか迷っていたら、是非、参考にしてください。

マニュアルのご購入はこちらから↓
行政書士試験にわずか147日で一発合格する方法

では。

坂庭


直前期には、この2つの科目に絞って勉強しましょう。

2011年09月21日 [記事URL]

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

台風の影響で、凄い暴風雨ですね。
外出はご帰宅の際は、くれぐれもお気を付けください。

さて。

今年度の本試験がちかいということもあり、
このようなご質問をいただきました。

>はじめまして、Kと申します。受験は11月の受験です。それで
>もっとも大事な科目を2つ聞きたいのです、どれも全部は覚えられ
>ないので、最低どの科目に焦点を合わせれば良いのでしょうか。教
>えてください

とのことです。

そこで、今回は石井からの回答をご紹介します。

---

まず、最も大切なのは

「行政法(行政事件訴訟法、行政不服審査法、地方自治法を含む)」

ですね。

行政法は行政書士試験で出題される得点の約4割を占めます。
300点中のおおよそ112点は行政法からの出題です。
そのため、この科目の出来不出来が合否を分けると
いっても過言ではありません。

例年の合格者の傾向を見ていても、
行政法を得意科目としている方の強さが際立ちます。

しかも、行政法は出題範囲が比較的、限られているため、
勉強すればするほど得点にしやすい科目でもあります。

一方で、「民法」は出題範囲に際限がなく、また
難問も多いため、例え、多くの時間を割いて学習したとしても、
得点を安定して取ることは不可能でしょう。

そのため、民法に重点を置いて学習することはお勧めしません。

やはり、時間をとって学習するならば、そのまま得点に
つなげやすく、かつ配点の高い行政法がベストだといえます。

それから、2番目に重要な科目ですが、
強いてあげるならば「憲法」です。

こちらも、条文数が103条しかないため、
範囲も狭く得点を取りやすい科目です。

ただ、行政法の重要性と比べると、はるかに落ちるため、
まずは行政法をしっかりと固めた上で、それでもなお、
時間がある場合には、憲法にも多くの時間をかける、
といったくらいの意識で良いと思います。

---

以上です。

特に平成23年度の本試験まで、あまり時間がありません。
今から重点的に勉強するなら、上記を参考にしてください。

ただし。

当たり前ですが、全体的に勉強できれば、
それに越したことはありません。

まぁ、当たり前ですが(笑)

なので、本当に余裕がなくて、どうしても、
全体的に勉強する時間がない場合にのみ、
上記のように学習箇所を絞ってください。

本来であれば、全体的に勉強するのがベストですから、
「止むを得ず、強いて学習範囲を絞るなら」ということが
大前提です。

ご参考までに。

坂庭

行政書士試験短期合格マニュアル


行政書士試験短期合格マニュアルは来年も販売していますか?

2011年08月28日 [記事URL]

こんにちは、坂庭です。
今日は、お知らせが【3つ】あります。

いよいよ、8月も終わり。

悔いのない、この1ヶ月を過ごせましたか?

きっと、あなたのことですから、日々、
真剣に生き、悔いのない生活を送っているはずです。

私のように独立開業すると、それこそ、
毎月、毎週、毎日が、真剣勝負で、その連続です。

これは、受験生のあなたも同じでしょう。

ビジネスであれば、毎月、毎週、毎日、気持ちを切り替え、
あるいは、日々を振り返り、明日に活かすことで、
来週、来月に活かすことが出来ます。

ただし。

行政書士試験は一年に一度しかチャンスがありません。

今日を振り返り、来週に活かし、あるいは
来月に活かせても、一年に一度しかない、
たった一日の本番で成果が出せなければ、
また、来年、まったく同じ勉強をしなればならない。

これは、非常に苦しい。

仮に、独立開業後、自分の目標の売上に
あと1万円届かなかったとしても、不備を
改善し、翌月に挽回することも可能です。

でも、試験は、たった一日。

そのリベンジを果たすために、また、一年間、
同じ生活をしなければならない。

それどころか、スクールや通信に通い、
テキストを揃え、仕事をしながら、あるいは、
家事と子育てをしながら。

つまり。

今のハードで、精神的にも苦しい生活を
まるまる一年間、送るハメになります。

想像するだけで、ぞっとしますね(苦笑)

私みたいに、「勉強嫌い」で、「すぐにでも
開業したい人間」の方が、短期合格します。

「中途半端に法律が好き」で、「重箱の隅をつつく人間」で、
「とりあえず、今の生活に困ってない」、
「何度、落ちても恥ずかしくない」という、

ある意味、プライドのない人の方が、
楽しみながら、つらい、受験地獄を続けられるのかも
しれません(苦笑)

もちろん、あなたが、「どちらを目指したいか?」に
よりますが。

早い話。

「実務に直結しないような、つまらない
ペーパー試験なんて、もう、終わりにして、
早く次のステージに進みましょう」ということです。

いくら、民法や憲法に詳しくなったところで、
ペーパー試験に突破しなければ、単なる「法律オタク」ですから。

資格なんて、取得して実務に活かしてナンボの世界です。

来年の今頃は、独立開業し、同じ行政書士として
情報交換しましょう。

---

さて。

前置きが長くなりましたが、お知らせの1つ目です。

8月の限定特典が、あと2日で終了します。
今すぐチェックしてください。
行政書士試験短期合格マニュアル

今月は「モチベーションアップ」に徹底的にフォーカスした、
特典になっています。

現役行政書士で短期一発合格者、坂庭と石井の対談音声ファイルです。
この時期に最も注意してほしいことを解説してあります。

★「モチベーション=精神的なこと」というのは
間違いだった!

実はモチベーションを維持するためには
肉体的なコントロールも重要です。その理由が
分かりますか?

★生活が不規則な受験生ほど、●●●●を●●しろ!

帰宅時間、睡眠時間が一定でない人も
ある時間を調整するだけで、モチベーションが
維持できます。

★「行政書士試験の勉強しなければならない」
という義務を持っている人は「他に義務を
なるべく持たないほうがいい」という意味は?

★誘惑を断ち切れ! 

難しいことが嫌いな人に最適。
簡単で超実践的な「誘惑を断ち切る方法」とは?

★成功者は必ず実践している!
目標を明確し達成する、王道的なノウハウ

★「行政書士になる」とは目先の目標!?

挫折しやすい受験生ほど、「行政書士試験に合格
すること」そのものを目標にしている。

挫折しない目標の正しい立て方。

★これを知らないと挫折する!

マイナスのイメージを持つことでモチベーションを
維持する方法とプラスのイメージを持つことで
モチベーションを維持する恐ろしく具体的な方法

★「行政書士になること」は手段の1つである。
その先にある、本当にあなたが手に入れたい
生活とは?

これを意識することで、今の生活にも
メリハリが出る!

---

次に、お知らせの2つ目ですが、8月は
追加特典を配布しています。

おそらく、これまでの追加特典の中でも、
もっとも反響がありました。

連日、マニュアルご購入者様から、感激の
メールが届いています。

その前に。

先日から無料配布している「一般知識の傾向と対策」、
あなたは、もう、ダウンロードして活用してくれていますよね?

試験委員が大幅に入れ替わりましたから、今年度の
一般知識の出題傾向も変わる可能性があります。

足切りにならないためにも、情報は貪欲に
吸収し、今年度の合格に活かしてください。

無料版は下記からダウンロードできます。

一般知識に関する無料レポートはこちら↓
平成23年度一般知識対策(無料レポート)
※右クリックしてパソコンに保存してからご覧ください。

無料版では練習問題や解説はありませんが、
マニュアルを8月中に購入すると、
今月の追加特典として、5つの練習問題と
解説も付属されています。

今回の追加特典は一般知識の対策をする際の
強力な武器になりますからね。

この追加特典は、8月中にマニュアルをご購入の方にだけ
裏メルマガにて配布しています。

マニュアルのご購入はこちらから↓
今月の限定特典もお忘れなく。
行政書士試験短期合格マニュアル
---

そして、お知らせの3つ目。

すでに、平成24年度の合格を目指して、
勉強を行っている受験生もいます。

そこで。

今、ご案内しているメルマガを「平成23年度版」とし、
これとは別に、新規に「平成24年度版」のメルマガを
立ち上げることにしました。

ご登録はこちらから↓
平成24年度:行政書士試験短期合格メルマガ

時々、「マニュアルは来年も販売していますか?」という
お問い合わせをいただきます。

正直に言いますが。

もしかしたら、もう、来年は販売していないかも
しれません。

というのも、私はすでに法人も運営しており、
複数のサービス、複数のビジネスを展開しています。

なので、「これ以上、受験生のフォローは出来ない」と
判断したら、すぐにでもマニュアルの販売は終了する予定です。

また。

将来的には「海外でビジネスをしようかなー」とか、
「海外に移住しようかなー」とも思っています。

なので。

そもそも日本にいないかもしれません(笑)

もちろん、今日、明日の話ではありませんが、
実際に、可能性の1つとして、すでにいくつか
プランを考えています。

もちろん、マニュアルがなければ合格できない、
という資格ではありませんし、私と接点がなければ、
独立開業後は情報が得られないわけでもありません。

まぁ、私がマニュアルの販売を止めようと、
海外に移住しようと、あなたが困ることは
ないとは思いますが。

ないとは思いますが、もし、「一日も早く合格したい」
「合格後は独立開業後の情報も坂庭や石井から得たい」
「開業したら、同じ行政書士として坂庭や石井と
接点を持ちたい」

そんなお考えでしたら、迷わずマニュアルを買って、
一日も早く合格しておくことをお勧めします。

私たちは単に「マニュアルの販売者と購入者」という
位置づけで販売していませんから。

同じ行政書士として情報交換し、切磋琢磨するような
お付き合いを望んでいます。

そんなわけで。

今月の限定特典、追加特典は、間もなく終了します。
行政書士試験短期合格マニュアル

それでは、来月もよろしくお願いします。
坂庭


今年度の行政書士試験は「今からでは無理」でしょうか?

2011年08月22日 [記事URL]

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

体調管理も勉強の一環です。
これから、ますます一日一日が貴重になってきますから、
くれぐれも体調管理には気をつけましょう。

さて。

『今年度の行政書士試験に今からでも間に合うのか?』

というご質問は年間を通じて、一番多いわけですが、
今回も、似たようなご相談をいただいたので、
私からの回答とあわせてご紹介します。

---

Nさん

こんにちは。
行政書士の坂庭つとむです。

>【受験回数】: 2回

Nさんは、今回が2回目の受験ということですね。

>【ご意見・ご感想・ご質問】:
>はじめましてNと申します。
>私は5年前に受験し合格できませんでした。諸事情によりもう諦め
>ていましたが、やはりもう一度受験しようと決めました。

1回目の受験が5年前。
今回、再チャレンジを決意されたということですね。

>金銭的なこともあり、今回も独学でやるつもりですが、やはり今か
>らでは無理でしょうか?来年受験に向けて取り組んだ方がいいでし
>ょうか?
>現在44歳です。主婦です。
>先日まで仕事をしておりましたが現在求職中です。
>お忙しい中、申し訳ございませんが、アドバイスをお願いします。

「今からでは無理」か、どうかは、すべてあなた次第です。

「あなた次第」というのは、具体的には、

・このブランクの間に、どの程度の勉強をしていたのか?
(あるいは、まったく勉強していなかったのか?)

・以前の知識として、どの程度のストックがあるのか?

・今から毎日、何時間程度の勉強時間が確保できるのか?

・お子さんはいらっしゃるのか?

・ご家族の理解と協力は得られるのか?

・「今回も独学」とのことですが、以前とまったく同じスタイルで
勉強する予定なのか?

ざっくりと、上記の点を踏まえて、「すべてあなた次第ですよ」という
ことになります。

例えば、このブランクの間に、まったく勉強していなければ、
ほぼ、1回目の受験と同じ状態からの再スタートになるでしょう。

その場合、さすがに、90日を切った今から、
「一日2時間」では現実的に、どう考えても不可能
です。

毎日、平均して、それ以上の勉強時間が確保でき、
さらに、土日・祝祭日も、まとまった時間が確保できるかどうかです。

また、家庭をもっている方の場合、ご家族の理解と
協力も必要になってきますね。

というのも、今から集中して勉強をするにしても、
小さなお子さんがいれば、平日の家事と子育てはもちろん、
週末の買い物などで、勉強どころではないでしょう。

そうなると、平日は幼稚園や学校にお子さんが行っている間に
勉強し、週末は旦那さんや実家にお子さんを預ける。

そのような生活を少なくとも試験が終わるまでは
協力してもらう必要もあります。

幸い、主婦で「現在、求職中」とのことですから、
そのあたりの問題をクリアできれば、もちろん、
まだ、今年度の試験での合格も可能性があります。

あとは、一番ネックなのは、「どのような勉強スタイルで
進めるか?」です。

金銭的な問題もあるでしょう。

「今回も独学でやるつもり」であれば、おそらく、
「5年前の時と同じように」ということですよね?

厳しいですが、前回と同じ方法で勉強をしても、
同じ失敗の繰り返しになる危険が非常に高いです。

短期合格に必要な方程式は

【質の良い教材×効率のよい勉強法×モチベーション×集中力】

です。

「再チャレンジするぞ!」という今のお気持ちであれば、
モチベーションは問題ないでしょう。

また、上記の環境さえ整えられれば、集中して
勉強も出来るはずです。

もちろん、市販のテキストの中にも質の良い教材は
多々ありますから、「独学が不可能」という意味ではありません。

(少なくとも「5年前の教材」で勉強することだけは
避けてください。)

この中でも、もっとも重要なのが、やはり、「効率のよい勉強法」です。

今から、合格を目指すのであれば、闇雲に基本書を
頭からこなしても効率が悪く、遠回りするだけですから。

繰り返しになりますが、もし、5年前の前回と同じ
スタイルで勉強するのであれば、やはり、5年前と
同じようなことがネックになり、挫折する可能性は
非常に高いです。

ですから、今から今年度の合格を目指すのであれば、
「もっとも効率の良い勉強法」を意識する必要があります。

だからといって、今から来年の合格を目指して、
のんびり勉強するよりは、「今からでも今年度の
合格を目指して勉強する」方が、有意義でしょう。

「勉強が終わらなかったから、今年は止めよう。
また来年受ければいいや」という気持ちで、毎年、
受験すらせず、先延ばしにしている方は非常に多いです。

今からでしたら、まだ願書も間に合います。

私でしたら、今からでも今年度の合格を目指して、
効率のよい勉強を行い、それでも、結果が出なければ、
また、来年受けなおしますね。

そのためにも、まずは願書を提出し、何はともあれ、
今年度の本試験まで、可能な限りベストを尽くすことです。

仮に、今年は受からなかったとしても、来年に
必ずつながりますから。

そして、最後の最後は、やはり、あなたが
「今年の試験に受かりたいか、どうか」が
決め手になります。

「どうせ今年は無理だろうから、来年でいいや」という
気持ちであれば、仮に願書を提出して受けても、
まず、受かりません。

その一方で、「今年、どうしても受かりたい」と思えば、
「今年受かるための方法」を考え、周囲にも理解してもらい、
必死になって、残りの期間を勉強するはずです。

実際に、今からでも今年度の合格を目指して
勉強を始めている受験生は少なくありません。

可能性がゼロでなければ挑戦する、そんな
思いが皆さんあるのでしょう。

私も、「何はともあれ、今すぐ願書を出して
今年、受験することが第一歩」とアドバイスしています。

受けなければ、受かりませんし、願書を
提出しなければ、何も始りません。

本試験の雰囲気や実際の問題に触れることも
刺激になり、よい経験になります。

受験も無料ではありませんから、「とりあえず
お金だけ払って記念受験」では終わりたくないでしょうから、
少なからず、頑張れるはずです。

可能性が1%でもあれば、今年の合格を目指すことを
お勧めします。

それが無謀なチャレンジであっても、確実に来年の
合格につなげるために。

「今年受かりたい!」と思ったら、願書を出して、
申し込んでしまいましょう。

私のところには毎日のように、

「願書を提出してきました!もう逃げ道はありません!」
「受けるしかありません!」「あとは受かるだけです!」

という気合の入ったメールが、本当に毎日のように
届いています。

あとは、あなたが今年の試験で合格したいかどうか、
それだけです。

ご相談ありがとうございました。

---

私のところには、本当に毎日のように、
「これから初めて勉強する受験生」もいれば、
「すでに2回目以上の受験生」が、マニュアルを手にして、
勉強を開始しています。

そして、

「願書を提出してきました!もう逃げ道はありません!」
「受けるしかありません!」「あとは受かるだけです!」

という、コメントを送ってくれます。

ここ数回、何度も「まずは願書を出しましょう」と
お伝えしています。

もちろん、

・仕事の都合で当日は受けられないのが分かっている

・闘病中で受けられない

という方は無念でしょう。
是非、来年、またリベンジしてください。

ただし、

それ以外の受験生で、単に「勉強が終わっていないから」
という理由で願書を出さないのであれば、それは、
大きな間違いです。

これを繰り返している以上、一生、受かることはありませんから。

今年度の合格を目指して、受験生が実践しているのが
この勉強法です↓
行政書士試験短期一発合格マニュアル

それでは、よろしくお願いします。
坂庭

行政書士試験短期合格勉強法


今年度の行政書士試験に今からでも間に合うのか?

2011年07月13日 [記事URL]

こんにちは、坂庭です。

勉強は順調ですか?

夏以降の計画はバッチリでしょうか?

今日のご相談は、いってみれば、「年間で最も多いご相談ベスト1」です(笑)

例えば・・・。

>【受験回数】: 今年で二回目

>震災の影響もあり仕事がばたついてまして、やっと
>落ち着き行政書士試験に挑みたいと思います。

>つきましては、147日で受かった!
>行政書士試験ラクラク勉強法、今から購入して
>間に合いますでしょうか? 

>私次第でしょうが、いまいち自信がなくて・・・

とか。

>【受験回数】: 0回

>私は、現在大学4年生のEと申すものです。
>私は、司法書士試験にこれまで2回挑戦しましたが、
>今年も含めいずれも振るわぬ結果となっています。

>そのような状況下で御サイトを拝見し、今すぐにでも勉強を始め、
>本気で行政書士試験に合格したいと考えるに至りました。

>しかし、就職活動をしながら、かつ、「147日」を切ってしまっ
>た現状から本当に合格できるのか、という不安が拭いきれず、
>このようなメールを差し上げている次第でございます。

>お忙しい中、大変失礼なことだと存じておりますが、どうかお答
>えしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

というご相談です。

はい。

結論からいうと、「あなた次第」です。

現実的に考えて「100日」を切ってから

・初めての受験

・全くのゼロからスタートする

・一日に使える時間が1~2時間程度

だとしたら、ほぼ不可能です。

もちろん、「2回目以上の受験」だったり、
「すでに勉強を開始」している受験生は別です。

また、全くのゼロからのスタートでも、
一日に使える勉強時間が多く、週末も
まとまった時間が確保できるなら、
充分、今年度の合格を狙えます。

なぜなら、「マニュアルを実践するのに
147日を必要とする」わけではないからです。

マニュアル自体は非常にシンプルで誰にでも
実践出来るノウハウになっています。

正直、小学生にも実践出来る内容(笑)

そのため、「買ったその日に全て読み切ってしまった」
という受験生がほとんどです。

「読んだだけ」では身につきませんし、
それだけでは合格できませんが。

現実的に考えて「100日」を切ってから

・初めての受験

・全くのゼロからスタートする

・一日に使える時間が1~2時間程度

だとしたら、ほぼ不可能ですが、

◎すでに勉強を開始している

◎一日に使える勉強時間が多い

◎週末も、まとまった勉強時間が確保できる

◎2回目以上の受験

このような受験生であれば、まだまだ
今年度の合格は狙えます。

まして、

◎会社を辞めた人

◎専業主婦

のように、勉強に専念出来る環境であれば、
言うまでもありません。

半日もあれば、マニュアルを読み切ってしまいますから、
あとは、しっかりとノウハウを実践するだけです。

それに、まだ100日以上、ありますからね。

稀に100日を切ってからでも
「今からでも1日2時間で合格」みたいな
行政書士でもない人間の販売しているゴミのような
マニュアルに手を出して後悔し、私のマニュアルを
買い直す受験生がいますが(苦笑)

詐欺マニュアルにご用心->>

まぁ、現実的に考えて、そんな甘くはないわけですよ。

まして、行政書士でもない人間が日銭を稼ごうと思って
テキトーに書いたマニュアルなんて買わないでくださいね。

中には行政書士でも「短期合格を果たしていない人間」や、
すでに逃げ回っていて行政書士会すら連絡が取れない
「犯罪まがいな行政書士」までいるようです。

(なんだかなー)

冷静な判断で、正しい選択が出来るあなたであれば
心配はありませんが。

くれぐれも注意してくださいね。

で、繰り返しになりますが、

「147日を切った、今からでもマニュアルを買えば、
今からでも間に合うのか?」というご相談に対しては、
「あなた次第」というのが大前提。

大前提ですが、まだ、まだ時間はありますから、

◎すでに勉強を開始している

◎一日に使える勉強時間が多い

◎週末も、まとまった勉強時間が確保できる

◎2回目以上の受験

あるいは、

◎会社を辞めた人

◎専業主婦

のように、勉強に専念出来る環境であれば、
まだまだ間に合います。

そして、最後は、「あなたの執念」。

言ってみれば、「どれほど、行政書士になりたいか」
という気持ちです。

参考までに行政書士試験の短期合格の方程式を
見てください↓

【効率の良い勉強法】×【質の良いテキスト】×【モチベーション】×【集中力】

です。

この中に「日数」とか「勉強時間」なんて、どこにも
無いわけですよ。

仮に、【モチベーション】が低くても、掛け算ですから、
その分、【効率の良い勉強法】で補ったり、

【集中力】が低くても、【質の良いテキスト】や
【モチベーション】でカバーすれば良いわけです。

ところが、掛け算ですから、どこか1箇所でも
ゼロがあれば、結局、ゼロになってしまいます。

例えば。

いくら、通信やスクールで【質の良いテキスト】を使って
勉強しても、【効率の良い勉強法】がゼロなら、
すべて台無しでゼロになってしまい、不合格ですよ、
ということです。

マニュアルに関して言えば、

●効率の良い勉強法

⇒本試験までに最低でもマニュアルを10回読み込み、
ノウハウを全て実践すれば合格可能。

●質の良いテキスト

⇒マニュアル内で紹介しているテキストを使えば、
市販の教材でも短期合格は可能。

●モチベーション

⇒追加特典や裏メルマガを活用すれば、
モチベーションは上がりまくり。

そのまま本試験に突入すれば、短期合格が可能。

●集中力

⇒マニュアルでは「週に一日はリフレッシュしましょう」
と解説。

オン・オフの切り替えを行い、メリハリのある
生活を送れば、集中力は維持できます。

つまり。

マニュアルでは、短期合格の方程式に必要な要素を
全て満たし、方程式をガッチリ組んでいるわけです。

【効率の良い勉強法】×【質の良いテキスト】×【モチベーション】×【集中力】

まして、上記2名のように、2回目以上の受験生や、
行政書士試験は初めてでも司法試験の勉強で
民法の知識があったり、

あるいは、

◎すでに勉強を開始している

◎一日に使える勉強時間が多い

◎週末も、まとまった勉強時間が確保できる

◎2回目以上の受験

そして、

◎会社を辞めた人

◎専業主婦

のように、勉強に専念出来る環境であれば、
まだまだ間に合います。

私に言わせれば、迷っている時間が
もったいない(笑)

マニュアルの残りも、少なくなってきました。

マニュアルのご注文はこちらから。
クリックしてください↓
行政書士試験短期合格勉強法

今月の限定特典も忘れずに。
それでは、次回またお会いしましょう。
坂庭



《 前 1  2  3  4  5  6 


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop