よくある質問 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > よくある質問

よくある質問

中卒でも行政書士になれますか?

2009年12月22日 [記事URL]

こんにちは。
行政書士の坂庭つとむです。

いよいよ、今年も終わりますね。
あなたにとって、どんな一年でしたか?

実りある充実した一年になったでしょうか?
それとも不本意な結果に終わってしまったり、
課題の多い一年になったでしょうか?

今、抱えている課題は是非、来年、1つ1つ
確実に潰していきましょう。

そうすることで、今の自分よりも確実に
進歩することが可能です。

さて、受験生からこんなご質問をいただきましたので
私からの回答と合わせてご紹介します。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

>僕は高校中退で学歴もありませんし今現在26才で妻と子が3人います。

26歳で奥様と3人のお子さんを養っていらっしゃるんですね。

>24才頃から何か独立して事業を始めたいとずっと
>思っておりましたが学歴もなく諦めかけていました。


>26になりいまだ先の見通しは暗く不安になり学歴が
>ないなら稼げる資格はないかと思い調べたところ
>行政書士という職種を知りました。

なるほど。
24歳頃から独立して事業を考えているものの、
学歴を理由にこれまでは諦めていたということですね。

確かに年齢も学歴も不問ですから試験に
合格すれば誰でも行政書士になれます。

こうして、今のタイミングで行政書士という資格に
Tさんが出会ったのも何かのご縁ですね。

>正直いまだにどんな仕事なのかいまいち理解しておりませんが
>調べていくうちにいつの間にか自分がなりたい職業になっている事に気付きました。

私も最初はそうでしたよ。
多くの受験生が仕事内容をあまり把握
しないまま行政書士を目指します。

その理由の1つに、数千~1万種類以上の書類を
作成できるといわれるくらい、業務範囲が広いからです。

「業務範囲が広い」ということは、それだけ他の資格と
比べるとキャッシュポイントが多いことを意味しますし、
自分に適した業務を取捨選択できるということもメリットですね。

>今までに感じた事のないやる気を自分に感じます。

熱意に満ち溢れているんですね。
さぞかし、ご自分でもワクワクしていることでしょう。

>そのやる気の動機は不純かもしれません。


>今まで何かと理由を付けて逃げて来た自分自身に勝つため


>成功して友人や家族を見返してやりたい


>とにかく独立して年収1000万稼ぎたい


>その様な動機ですが確かなやる気があります

今のそのお気持ちだけで充分ですよ。
このモチベーションを維持できれば合格は可能です。

実際に私は小さい頃から何をしても長続きせずに、
親からも「お前は長続きしないダメなヤツだ」と
言われてきました。

長続きしないため、これといった成果も出せないまま
社会人になっても職を転々としてきた経緯があります。

その時に、やはり、「今の自分に打ち克ちたい」と思いました。

行政書士の資格と出会い、試験を受けたのも、
ちょうど、今のTさんと同じ年齢でしたよ。

>本題ですが中卒でも努力次第で行政書士になる事は可能ですか??

もちろん可能です。
学歴も年齢も関係ありません。

ただし、効率の良い勉強を心がけてください。
正しい勉強法を知り、しっかりと実践すれば一発合格も可能です。

ところが、いくら学歴があっても効率の悪い勉強の仕方を
してしまうと、2年も3年も、残念な方になると5年以上、
それこそ10年ちかく勉強している人がいます。

こうなってしまうと受験地獄から抜け出せません。

「試験に合格すること」が目的ではありませんよね?

試験に合格したら独立開業し、依頼者の役に立ちながら
報酬をいただき、私たちも生計を立てることが目的です。

合格はほんの通過点に過ぎません。

だからこそ、ペーパー試験に2年も3年も費やすのではなく、
効率の良い勉強法で最短の合格を目指してください。

>また行政書士の資格だけで独立はやはり難しいでしょうか?


>色々調べてそんな意見を目にした事があります。

行政書士の資格だけで独立は充分可能です。
実際に私は行政書士の資格だけで生計を立ててきましたからね。


>一応行政書士を取得後社労士の取得も考えています。

>行政書士として年収1000万を目指すならその他
>必要な資格があれば教えていただきたいです。

「行政書士だけでは飯が食えない」という人に限って、
目的もないまま、社労士や宅建などの資格も闇雲に
目指してしまいます。

もちろん、他の資格を目指すことを否定しませんし、
しっかりとした目的意識があれば目指してもいいでしょう。

ところが、資格は取っただけではお金は稼げません。

残念ながら行政書士で飯が食えない人は、いくら
社労士を取っても宅建を取っても司法書士になっても
一生飯は食えません。

「他の資格も複数あれば年収1000万円稼げる」
という話ではない、ということです。

もちろん、行政書士になった後で「やっぱり
社労士の業務も手掛けたいな」「司法書士まで
取得したほうが業務範囲が広がって仕事をしやすいな」と
思ったら取得すればいいのです。

私なんて行政書士の仕事だけで忙しくて手が回りませんし、
年に数回はダウンして点滴を打ってきました。

パソコンを使った仕事のしすぎで首を痛め、
レントゲンを撮ったら医者から「首の骨が歪んでる」と
言われる始末です。

正直、他の資格を取ったらそれこそ過労死でしょうね。

それに、幸か不幸か行政書士の業務で忙しいので、
社労士や宅建など、他の資格の勉強をしている暇もありません。

「行政書士だけでは食っていけない」と思っているうちは
「次は社労士だ」「次は宅建だ」「やっぱり、司法書士だ」
と資格マニアになってしまい、一生、独立開業することが
出来ませんから、くれぐれも注意してください。

それどころか、スクールに通うことが目的化してしまい、
毎年、お金を払い続けることになります。

実際に私もこれまでにいくつも資格を取得している人を
見てきましたが、未だにサラリーマンを続けている人も
いますし、毎年、スクールで別の資格を目指している人も見かけます。

これでは宝の持ち腐れですよね?

1つの資格を取得するだけでも時間も
エネルギーもお金もかかります。

「どの資格を取るか?」ということよりも、
「その資格をどう活かすか?」が重要なのです。

1つの資格をしっかりと活かすことが出来れば、
社労士だろうが宅建だろうが行政書士だろうが充分に
稼ぐことは可能です。

1つの資格を活かした上で、目的を持って
他の資格を目指しても遅くはありません。

また、「どの資格でいくら稼げるか?」は本人次第です。

「行政書士だけでは稼げない」とか「行政書士で1000万円」
という小さい枠にとらわれるのは止めましょう。

行政書士だけでも充分稼げますし、2000万円でも
3000万円でもあなたが稼ぎたいと思ったら、その金額を
目指せばいいんです。

それがサラリーマンとは違う「起業家の世界」ですから。

お客様に感謝されながら報酬をいただき、時間にも
お金にも心にもゆとりのある生活を送ることが
起業家の醍醐味です。

行政書士という国家資格を取得すれば自分に自信が
持てますし、独立開業して稼げれば、確実に今の人生を
リセットできます。

Tさん、「起業家の世界」で待ってます。頑張りましょう。

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

どうですか?

行政書士の試験には学歴も年齢も関係ありません。

もし、今のあなたが年齢や学歴、性別などを
理由に独立開業を諦めていたり、自分の将来を
閉ざしているなら、それはとてももったいないことです。

効率の良い勉強法さえ知っていれば、
誰でも短期合格できますし、独立開業が
可能ですからね。

起業家の世界で待ってます↓
行政書士試験に147日で一発合格する方法

ところで。

表のメルマガでは書けませんが、来年から
面白い企画を考えています(笑)

現在、毎月の限定特典を配布していますが、
それに追加して、面白いコンテンツを
私たちから提供する仕組みを検討中です。

いくつか候補が上がっていますが、
来年は面白い一年になりそうですね。

興味があったら、参加してください。
今月の限定特典もチェック↓
行政書士試験に147日で一発合格する方法

ということで、これが今年最後のメールに
なりそうです。

また来年もあなたにとって充実した
一年になりますように。

今年一年、お付き合いいただき
ありがとうございました。

坂庭


今が一番お得です(笑)

2009年11月24日 [記事URL]

こんにちは。
行政書士の坂庭つとむです。


徐々に再スタートに向けて勉強を
再開している受験生が増えています。

そこで、今回は試験前にいただいた
こんなご質問をご紹介します。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

> 今回ゴロ合わせ教材を購入しましたが大変すばらいし内容で暗記な
> どが苦手な私にはピッタリですごくうれしく思います。是非これか
> らも新しいゴロ合わせができたら購入したいと思います。マインド
> のお話もすごく勉強なるお話ばかりでした。

ありがとうございます。
そう言っていただけると、私も石井も
本当に嬉しいですね。

是非、特典の音声と併せてご活用ください。

> それでご質問なのですが前回お話した通り今回の試験は一応受験は
> しますが完全な勉強不足の為来年の合格を目指そうと思っています。
> そこでマニュアルの購入も検討しているのですがどれくらいの時期
> に購入した方がいいのか迷っています。

マニュアルをご購入するタイミングを
迷っているということですね。

タイミングには2つ考えられます。

まずは、「いつから勉強したいのか?」という
気持ちのタイミングと、「いつ買ったら一番得か?」という
メリットのタイミングです。

メリットのタイミングであれば、今の時期ですね。

毎月の限定特典や裏メルマガは、毎年、
11月の本試験で終了し、また、本試験終了後から
新年度の裏メルマガの配信が始まるからです。

つまり、11~12月中にご購入いただければ
裏メルマガと限定特典を丸々1年間
もらえることになります。

途中からご購入いただいても以後の裏メルマガと
特典はもらえますが、バックナンバーは
公開していません。

その意味では、今の時期が一番お得と言えます。

> とりあえず今回の試験後とは思っているのですが
> あまり早い時期から勉強を始めると途中で集中力も
> モチベーションも落ちてくるような気がするので来年に入っ
> てから本格的に勉強を始めたいと思っています。

来年に入ってから本格的に勉強を開始しようと
考えているわけですね。

来年といっても、あと2ヶ月ありますよ。

しかも、来年に入ってからの勉強だと、
すでに本試験まで一年を切っているわけですから、
実質、10ヶ月の勉強になります。

本試験が終了した瞬間から、すでに次回の
本試験に向けてカウントダウンが始まり、
365日を切るわけです。

早い人は、もう、勉強をスタートしていると
いうことも覚えておいてください。

> それと今回は予備校の通信教材を使ってきましたが来年に向けても
> 予備校などの通信教材を購入した方がいいのか市販の参考書などで
> も十分合格は可能なのか教えて頂きたいです。正直お金の余裕はあ
> りません。
> それと来年の勉強に向けて今年購入した2009年版の問題集や基本書
> などはどの程度使えるのかも教えて頂きたいです。

「どの程度使えるものか」は、各教材の内容によりますし、
法改正や、試験制度の変更の有無にもよりますよね?

私の方で、一概に、「半分しか使えませんよ」とか、
「3分の1は使えるでしょう」とはお答えできかねます。

もちろん、5年も10年も前の教材は論外です。

時々、「以前、通信講座で高額な教材を買って
もったいないので使っています」という受験生が
いますが、そのような方に限って、残念ながら
まず、受かっていません。

受かった人を見たことがないんです。

理想を言えば「全て最新のテキストを毎年揃えなおす」という
ことになりますが、経済的な事情もあるでしょう。

だとすれば、去年の教材を活用しつつ、
法改正があった個所や、ご自分で必要だと
判断した部分だけ買い換える、というのが
現実的かと思います。

> 合格には家族の協力なども必要になってきますので家族の為にも自
> 分の為にもどうしても来年合格したいです。絶対来年の試験で合格
> するつもりですので確実に合格に近づける手順を教えて下さい。

このメールだけでは、Mさんが、現時点で、一日に
何時間くらい勉強に時間を割けるのか、
休日はどのように過ごしているのかも分かりません。

「勉強不足」とのことですが、どの程度、
勉強が進んでいるのか、あるいは、進んで
いないのかも分かりませんから、
情報が少なすぎますよね?

私も無責任に「あなたの場合、こうすれば、確実に
合格に近付けますよ」とはお答えできかねます。

誤解があるといけないので、予めお伝えしておきますが、
私のご提供しているマニュアルに関しても、購入して
メールサポートを受ければ、「誰でも確実に、
100%合格します」とは残念ながら言えません。

マニュアルで解説している勉強法が、
そもそも合わない人もいるでしょう。

実践せずに、他のノウハウに目移りし、
何も身に付かない、なんてことも
考えられます。

ですから、せっかくマニュアルをご購入
いただいても、「私が確実に合格する方法を
アドバイスしてくれ!」と言われても、
ご期待には応じられないかもしれません。

勉強するのも合格を掴むのもあなた自身です。
私たちが合格させてあげるわけではありません。

「確実に合格したいなら、常に努力を怠らないで
ください」としか言えませんよ。

最終的に勉強するのも試験を受けるのも
合格を果たすのも自分自身ですから、
あまりにも依存心が強い方のご購入は
ご遠慮しています。

マニュアルのノウハウは、あくまでも
勉強を助ける手段の1つに過ぎませんし、
作者の石井が実践した勉強法も、合格する
ノウハウの1つに過ぎません。

ただし、実際に残業サラリーマンで
1日の労働時間が14時間半の石井が、
独学で一発合格したノウハウです。

また、わずか147日で一発合格した勉強法ですし、
実際にマニュアルを購入した受験生も
一発合格しているノウハウです。

中には2~3年チャレンジして受からない方も、
マニュアルを買って実践した年に合格した、と
いうケースも多々あります。

先ほど、「Mさんが、現時点で、一日に
何時間くらい勉強に時間を割けるのか、
休日はどのように過ごしているのかも分かりません。」と
書きましたが、マニュアルをご購入後、オリジナル勉強法
というサポートをご利用いただけば、一日の生活サイクルや、
今お使いの教材、一日の勉強時間などを
詳しくお聞きした上で、最適な勉強法を
個別にアドバイスしています。

それを実践するか、しないかはご本人次第ですが、
単に「スクールに通っている」とか「通信で
勉強している」という状況よりは、
具体的にサポート出来るかと思います。

「早い時期から勉強を始めると途中で集中力も
モチベーションも落ちてくる」という部分にも
触れておきますが、最終的にはご本人の意識の
問題になるでしょう。

「自分の性格上、尻に火がつかないと
本気になれないんだよ!」というのであれば、
気持ちが焦るまで、やらなければいいかも
しれません。

そうは言っても、行政書士になる目的意識が明確で、
さらに、「いつまでに何を終わらせる」「いつまでには
ここまで達成していたい」という計画が
しっかりしていれば、1年なんて、あっという間ですよ。

1年は、今、あなたが思っている以上に、短いです。
本当に短いです。

どんなに勉強しても勉強しても、来年の今頃に
なれば、「あと1ヶ月あれば・・・」「せめて、
あと1週間あれば・・・」と思うものです。

Mさん、「鉄は熱いうちに打て」といいますよね?

意識の高い受験生は、すでに勉強を始めています。
効率の良い勉強ももちろん大切ですが、
勉強に避ける時間は短いより、長いにこしたことはありません。

半年後に病気で1ヶ月間、勉強が出来なくなるかもしれません。
怪我で入院するかもしれません。家族に何かあったり、
仕事の都合で、勉強できない期間があるかもしれません。

人生、何が起こるか分からないんです。

だからこそ、「善は急げ」ですし、「備えあれば
憂いなし」ですし、余裕を持って早くから取り組み、
準備をしっかりとした人だけが合格を掴むことが
出来ると私は思っています。

また、私たちも神様ではありませんから、
「確実に」とか「絶対に」というアドバイスは
出来ません。

もし、そのような依存心が強いようでしたら、
ご期待に沿えそうにありませんので、
マニュアルはご購入いただかない方が
よろしいかと思います。

それでは、よろしくお願いします。

坂庭

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

いかがですか?

私がご提供しているマニュアルは、
今ご購入いただくのが一番お得です(笑)

11月の限定特典はこれ↓
行政書士試験に短期一発合格する方法

ところで、ゴロ合わせ教材ですが、
来月中に値上げすることになりました。

値上げの時期や金額は未定ですが、
もし、今の金額で購入をご希望でしたら
お早めにどうぞ。

ゴロ合わせ教材

では。

坂庭
行政書士試験に短期一発合格する方法


「捨て金」でしょうか?

2009年09月27日 [記事URL]

こんにちは。行政書士の坂庭です。

今月も残りわずかですね。
9月の限定特典も忘れずに。
行政書士試験勉強法

さて。

こんなご質問をいただきました

あなたが今後、行政書士試験の勉強をする際に
スクールや通信、その他の教材が、「捨て金」に
なるかどうか、じっくりと判断してくださいね。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

> いつもお世話になります。
> 私は一身上の都合があり、来年(2010年)の合格を
> 目指して勉強を始めよぅと思っています。

なるほど。
今からですと、丸1年使えますね。

是非、時間を有効にお使いください。

> そのため、現在、各専門学校から資料を取り寄せ、一発合格できる学校はどこで
> あるかを慎重に分析・検討しています。お金(受講料)のことはあまり気にして
> いません。高くても、自分の感覚にピッタリ合い、合格できれば安いものだと
> 思っています。安くても合格できなければ、捨て金と同じです。勉強に割ける時
> 間は1日3~4時間です。御社は、この私の思いをかなえていただけるでしょう
> か。私は現役の開業社会保険労務士です。

誤解があるといけませんので
私の考えをお伝えしておきます。

あなたの思いをかなえるのは、私たちではなく、
あなた自身です。

それをサポートするのが私たちの役割です。

あくまでも、勉強するのはご自分ですし、
合格を掴み取るのも、あなた自身です。

もし、その覚悟をお持ちであれば、
私たちもお役に立てるでしょう。

もちろん、「向き不向き」もありますが、
「捨て金」にするかどうかも、ご自分の
使い方次第ではないでしょうか?

どんな教材も「このお金を投資する以上、
絶対に無駄にせずに、徹底的に使い倒して
合格するぞ!」という気持ちであれば
捨て金になることはないと思います。

ところが、「合わないから捨て金だ」
「合格できないのは教材が悪いからだ」という
お気持ちでしたら、私たちもお役に立てません。

それらのことを踏まえて慎重にご検討
いただければと思います。

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

私のご提供している教材に限らず、
投資したお金が「捨て金」になるかどうかは、
自分次第です。

だって、「自己投資」って言いますよね?

「スクールや通信の講師」に投資しているのではなく、
「自分に投資」するということです。

しっかりと自己投資して合格し、独立開業すれば、
将来得られる収入的なリターンは何百倍にも、
何千倍にもなります。

もちろん、その費用対効果を何百倍にするのも、
何千倍にするのも、自分自身ですが。

行政書士試験勉強法


本屋のノウハウ本との違いとは?

2009年08月21日 [記事URL]

こんにちは坂庭です。
以前、ご相談をいただいたMさんから
再度、ご質問が届いたので、解説します。

> よく書店で販売されている短期必勝勉強法のような
> 本のノウハウとどう違うのでしょうか?

まず、市販の書籍は当たり障りのない「一般論」を
語った勉強方法です。

一方、私がご提供しているマニュアルは実際に独学で
147日前から前日までのスケジュールを1日単位でご紹介し、
著者の実体験をそのまま解説しています。

また、一般の書籍にありがちな、著者の「自己満足」や
「自慢話」ではなく、マニュアルでは全ての受験生が
各自の生活に活かせるように毎日の生活サイクルを
詳しくお聞きした上でオリジナル勉強法という個別の
アドバイスをしています。

それによって、各自の生活に即した
勉強を実践できます。

さらに、ご購入いただくと3回までメールサポートを
ご利用いただけますし、毎月の限定特典を
ご提供しています。

市販の書籍では著者に相談したり、
アドバイスをもらうことは不可能ですし、
毎月の限定特典や、その後の追加特典が
もらえることもありません。

このあたりが、一般の書籍とは大きく異なる点です。

尚、一般の書籍は改訂したら、新たにお金を払って
買いなおさなければなりませんよね?

ところが、マニュアルは毎年、改訂版を無償配布
していますので、新たにお金を払って買いなおす
必要はありません。

> 私は少し前に転職を考え、あれこれ資格にチャレンジした頃が
> ありましたが、見事にすべて不合格で受験料や受講料、本代は
> 莫大な出費となり、時間もかなり掛けて結果はゼロでした。
> 結局今もサラリーマンのままです。

それは残念ですね、、、。

すでにご自分でも実感なさっていると思いますが、
質の良い参考書を活用することと、効率の良い
勉強法を身につけることは全く異なります。

間違った勉強法は時間もお金もエネルギーも
無駄にするだけでなく、受験地獄から抜け出せなく
なったり、せっかくのチャレンジ精神が、
大きなコンプレックスになってしまうこともあります。

だからといって、今や「サラリーマンは気楽な稼業」ではありません。

いつ自分がリストラ・派遣切りされてもおかしくない時代です。
だからこそ、行政書士のような独立開業系の資格を取得し、
自らの生活費を自力で確保する覚悟が必要では
ないでしょうか。

実際に私に相談する方の中には「リストラされました」
「派遣切りに遭い、ネットカフェ難民になりました」
「生活保護を受けています」「離婚し、女手一つで
子供を養いながら仕事を掛け持ちしています」
「日雇いで食いつないでいます」という
方が少なくありません。

仮に組織に属していても、もはや会社が従業員の
給料を保証できなくなっていますから、副業を
奨励し、「自分の生活費は自分で確保してください」と
いう時代にもなっています。

> あれから数年が経過し、結婚して子供が出来て今度は、お金も
> 時間もかけられなくなりました。
> 休みは数分机に向かうだけで、子供がよってきたり、妻から休み
> ぐらい子供の世話や家事をやってくれとうるさく、勉強の時間がとても
> とれずに、なんとかしなければと時間ばかりが過ぎてしまう毎日です。

確かに結婚し、小さいお子さんがいるご家庭では
「土日が一番勉強できない」という切実な問題があります。

そこで、オリジナル勉強法をご利用いただくことで、
ご自分の生活サイクルに適した勉強スタイルを
確立することが望ましいのです。

このあたりは多くの受験生からすでにご相談いただいており、
私たちには実績がありますので、安心してご相談ください。

そうはいっても、ご家族の理解と協力は
不可欠です。

「この資格を取ることで、将来どのような
生活を手に入れることが出来るのか」を
しっかりと奥様に説明し、理解してもらうことも
必要ですよね。

> 正しい勉強のノウハウには大変興味がありますが、本屋でよく
> 見かけるノウハウ本との違いを教えてください。

整理しますと、

●著者の実体験を1日単位で解説している

●オリジナル勉強法やメールサポートを活用することで
著者に直接相談し、サポートを受けられる

●毎月の限定特典や追加特典がもらえる

このような点が市販のノウハウ本と異なる点です。

さらに、マニュアルは毎年改訂しているため、
ご購入者は

●毎年、改訂したマニュアルを無償でもらえる

という点も市販のノウハウ本とは大きく異なる点です。

是非、ご参考の上、今年度の合格を掴んでください。
それではよろしくお願いします。
坂庭
行政書士試験勉強法


今からでも間に合いますか?

2009年07月22日 [記事URL]

こんにちは。行政書士の坂庭です。

勉強は順調に進んでいますか?
焦らず、だけど着実に進みましょう。

さて、私は毎日多くの受験生からご質問・ご相談を
いただきます。その中で毎月必ずいただく
ご質問というのがあります。

どんな質問だか分かりますか?

それは、「今からでも間に合いますか?」
というものです。

特に私のマニュアルを購入しようかどうか
迷っている方は「147日で合格する
ノウハウということですが、すでに
147日を切っていますが、今からでも
間に合いますか?」というご相談を
いただく方もいます。

先日も39歳、会社員のSさんから
このようなメールをいただきました。
私の回答と合わせてご紹介します。

もし、あなたが「今からでも
間に合うのだろうか?」と思っていたら
短期合格に必要な「要素」に気づいてください。

↓↓↓ ここから ↓↓↓
==========================

>過去3回不合格の結果なので、正直今年はというのが
>正直で勉強をまったくと言っていいほどしてません。

そうですか。合格を目指すのであれば、やはり
少しづつでもいいですから、継続して
勉強する必要があります。

>過去には、某通信講座を3年間約10数万円つぎ込みました。
>今回今からはたして間に合うのか、何といっても平日は
>仕事もあり、疲れて読む気もなく忘れてしまうし
>覚えられないのが現状です。

「今から間に合うかどうか」という問題は、
これまでのインプットとアウトプットの量に
よりますので、一概に「今からでも絶対に
間に合いますよ」とは断言できません。

ただし、すでに3回受験なさっているという
ことですから、一通りのインプットは完了して
いると思います。

ですから苦手な箇所を重点的に補いながら、
アウトプットを繰り返せば、今からでも
間に合う可能性は高いですよね。

>もちろん、合格したい気持ちもありますが、
>過去の結果をみると無理かなが先に立ち
>悩んでるのが正直な気持ちです。

何度も受験で失敗してしまう方の傾向は
「間違った自己流に陥って抜け出せない」という
共通点があります。

特に2回、3回と繰り返すうちに、知らず知らず
暗記に頼ってしまい、理解がおろそかになって
しまうことも多々あります。

自己流に固執してしまい、暗記に頼ってしまうと
なかなか解決策が見出せないまま、
受験地獄から抜け出せずに苦労して
しまうわけです。

しっかりとご理解いただきたいのは
正しい勉強法を知り、実践すれば
行政書士試験は一回で十分合格できる
試験だ、ということです。

マニュアルを購入した方も実際に
一発合格している方は多数いらっしゃいます。

Sさんのようにこれまでの失敗から「今年も
またダメかもしれない」というトラウマを
抱えてしまうのは、自然な心理です。

そこから自力で抜け出すのは難しい
ですから、実際に短期合格している人の
勉強法を取り入れ、自己流から抜け出す
ことから始めてみてください。

>S 39歳 会社員

>通勤時間 電車で乗り換え混ぜて片道1時間

>8時~20時位まで会社で仕事、土日は休みですが、
>疲れて何もする気になれない。

>23時に寝て、5時に起床です。

私が見る限り、Sさんも隙間時間を攻略し、
正しい勉強法を実践すれば、合格が困難な
生活スタイルではないですよ。

実際にマニュアルを作成した石井は
毎日、14時間半の残業サラリーマンを
続けながら一発合格しています。

毎晩、深夜に帰宅し、ヘトヘトになりながらも
効率の良い勉強を実践した結果、147日で
合格しています。

最終的にはSさんのご判断になりますので、
是非、じっくりと検討してみてください。

それではよろしくお願いします。
坂庭

==========================
↑↑↑ ここまで ↑↑↑

Sさんは4回目の挑戦ですが、今回が初めて受験しようと
思っている方からも毎日、ご相談をいただいています。

じゃぁ、初めての人は今からじゃ受からないか?
というと、そんなことはありません。もちろん、
勉強時間を毎日、どれくらい確保できるかに
よりますが、

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
最終的に合否を分けるのは勉強時間ではありません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1.効率の良い勉強

2.絶対に受かるという覚悟

この2つです。
この2つがあれば今からでも十分合格を狙えます。

仮に効率の良い勉強をしていても、
「今年ダメだったら、また来年受ければ
いいや~」という気持ちなら受かりません。

逆に、「何が何でも絶対に受かるぞ!!!」と
覚悟があっても、闇雲に効率の悪い勉強を
続けていたら残念ながら受かりません。

勉強は「時間」で決まるのではなく、
「質」で決まるからです。

ここを間違ってしまうと、「もっと頑張れば
受かるはずだ」とガムシャラに勉強時間ばかり
増やして効率が落ちるという悪循環に陥ります。

今年度の受験で合格したいのであれば

1.効率の良い勉強

2.絶対に受かるという覚悟

この2つを意識してください。


それでは頑張りましょう。
坂庭

行政書士試験勉強法


一般知識問題と記述式問題の対策

2009年06月25日 [記事URL]

Fさんから一般知識と記述式の対策について
ご質問をいただきました。

回答と合わせてご紹介します。
参考にしてください。

> 現在は、●●●●の通信講座を受講しています。
> ある程度勉強も進んでいます。

なるほど。●●●●の講座で勉強を
なさっているんですね。

> しかしここに来て壁というか
> これで合格できるのか?という疑問がわいてきました。

「教材の質」と「効率の良い勉強方法」は
全く別の問題になってきます。

実際に、大手スクールに通っている方や、
有名な通信講座で勉強し、行き詰ってしまった方、
もっと言ってしまうと、「挫折してしまった方」の多くが
私の提供しているマニュアルをご購入しています。

質の高い教材で勉強をすることと、
効率の良い方法を実践して勉強することは
別の問題だからです。

通信や通学で挫折してしまった方でも、
マニュアルを実践することでその年の試験で
合格している方もいらっしゃいます。
よろしければ、参考にしてみてください。

> というのは、一般知識問題と記述式問題です。
> 記述式問題は、得点配分も高いので
> これを何とかしないと合格できないと感じていますが、過去問も少
> ないうえ、勉強の仕方進め方がわかりません。
> このマニュアルには、この辺りのフォローはありますか?

まず、一般知識に関しては「9月まで勉強しなくて
構いません」とアドバイスしています。

なぜなら、9月になってからでも十分、知識が
身に付けられますし、また、足切りを意識するあまり、
最初から一般知識に時間を割きすぎると、法令科目まで
手が回らず、本試験までに全体をカバーしきれないことが
よくあるからです。

マニュアルでは法令科目から重点的に勉強し、
一般知識は9月から手を付けることをアドバイスして
います。また、9月からの具体的な一般知識対策も
解説しています。

次に記述対策です。

マニュアルでは「択一式」と「記述式」を特に
区別していません。と言うのも、択一式の
勉強をしっかりと行えば、記述式の対策にも
なるからです。

その意味で、あえて区別せずに効率の
良い勉強法を実践してもらいます。

もちろん、記述式の勉強が択一式の勉強にも
なりますので択一に関する解説もありますが、
ページ数としてはそれほど多くありません。

それでも合格出来る、という判断です。
マニュアルをご購入の際は予めご了承ください。

記述式の配点も無視できませんが、その前に
しっかりとインプットとアウトプットを行い、
さらに択一式で得点を稼ぐこともお考えください。

回答は以上です。

行政書士試験ラクラク勉強法


必要な教材費について

2009年06月23日 [記事URL]

行政書士試験を目指したい方から共通していただく
ご質問なので、ご紹介します。

> いつも、メールありがとうございます。
> 過去に、法律関係資格に挫折したものですが、(ほとんど、かじっただけですが。)
>
> 推奨される市販の教材を購入した場合、どれくらいの金額が必要ですか。
> 御社のマニアル+どれくらい必要か知りたいので、よろしくおねがいします。
> (●●●2006年版と●●●一般教養2008の教材はもっています。)
                            
どの教材を使うかによって異なるので、
申し訳ありませんが、一概に「いくら」とは
言えません。

通信の教材を買うのか、スクールに通うのかに
よって違いますし、一般の書籍を使って独学するのか、
など、極端な話、「桁」が違ってきます。

マニュアル内では独学による合格を目指す方のために
一般の書籍をご紹介していますが、それでも、
どれを使うか、あるいは全て使うのかによって異なります。

あくまでも参考までにお伝えすると、
独学でも最低1万円はかかるかと思います。

もし●●●2006年版をお使いになるならば、
法改正が何度も入っているため、
別途、法改正情報を仕入れた上で学習しなければなりません。
正直なところ別の教材を新たに購入した方が良いと思います。

一般知識についても毎年、時事ネタは変わるので
最新のものを購入して学習された方が良いでしょう。

また、それ以外にも各スクールで開催する模擬試験等も
ありますから、「このマニュアル以外にいくらかかる」とは
断言できません。

その人が、どの教材をどの程度揃えるかに
よって異なります。

スクールなどを利用しないという前提でお話しますと
最低限のものだけならば1万円。
標準的に揃えると、2~3万円。
徹底的にやる人は3~10万円といったところでしょうか。

ただ、これも考え方や勉強形態によって異なりますので、
あくまでも目安とお考えください。

歯切れの悪い回答で恐縮ですが、「ご自分に
適した教材をどの程度揃えるかによって金額が
異なる」とお考えください。

よろしくお願いいたします。

回答は以上です。

マニュアルをご購入後、メールサポートをご活用いただければ、
より具体的にお勧めの教材をはじめとした、個別のアドバイスが
ご提供できます。

行政書士試験ラクラク勉強法


過去問は役に立たないのでしょうか?

2009年05月18日 [記事URL]

Sさんから、過去問についてご相談をいただきました。
以下、実際に回答したメールをご紹介します。

参考にしてください。

> 毎日の配信ありがとうございます。先生お二人の会談
> の録音は、時間があるたびに拝聴させていただいてお
> ります。

ありがとうございます。お陰さまで、
受験生からも非常に評判が良く、すでに2000名以上の
方が聴いてくれています。

合格者からも「何度も聴いていました!」と
言っていただいている音声です。

是非、繰り返し聴いて実践し、活かしてもらえると
嬉しいですね。

> 私は、去年の行政書士試験受けましたが、結果は見る
> も無残でした。記述式の問題は0点で、全体でも40点
> にも満たないありさま、しばらくは不合格通知の記述
> 式の欄に、何も書いてない部分が浮かんでくるような
> 状態でした。

そうでしたか。
ご自分でも非常に大きなショックを受けていると
いうことですね、、、。

それだけSさんが行政書士試験に真剣で
必死に取り組んだということでしょう。

お気持ちをお察しします。

> 私も先生と同じように、ゴールデンウイーク前に仕事
> を退職し、一発合格、必勝体勢で毎日血のにじむよう
> な勉強をしておりました。しかし、意気込みとは裏腹
> に、やっていくしなからその内容を忘れていくという
> 始末。

なるほど、そうでしたか。

私も毎日が「忘れてしまう」という状況との戦いでした。

つまり、暗記に依存し、忘れないように、基本書や
過去問を繰り返し、「回転させること」に必死でしたよ。

忘れてしまうことが怖かったです。

正直、今勉強しても、テキストを閉じて布団に入ると
次の日には忘れてしまうことが怖くて、実際に
翌朝になると昨日勉強した内容を忘れている事実に
愕然とし、毎日、「また覚えなきゃ・・・」と、その繰り返しでした。

「記憶との勝負」
「覚えることと忘れないこととの戦い」

そんな感じでした。

今思うと、それは明らかに最初の段階での
インプットの仕方に問題がありました。

さらに、その後のアウトプットの方法を
いかに工夫するかで、インプットした知識の
強化が飛躍的に違ってきます。

> 速読や、いろんな暗記術の本を読み試してもほ
> とんど効果はありませんでした。

まず、行政書士試験のような思考力が問われる
資格の場合、ベースになるのは「理解力」です。

そもそも、理解できていないことは知識として
頭に定着しませんから、覚えられないんですよ。

もちろん、暗記術を否定するわけではありませんが、
まずは、しっかりと理解することがベースであり、
理解が伴った状況で初めて暗記術や記憶術が
活きてくると思います。

実際にいただくご相談で多いのは
「過去問を繰り返していると答えを覚えてしまう。
だけど、模擬試験で似たような問題が別の表現や
違う角度から問われると全く太刀打ちできない。」
という方は非常に多いです。

この状況は「すでに過去問を覚えている」わけですし、
「覚えることで満足し、安心してしまっている」状況ですから
とても危険ですよね。

速読にしても否定はしませんが、それ以前に、
速読を身につけるのにお金も時間がかかります。

かなり高度な技術ですから、市販の本を
ちょっと読んで実践した程度では、とても
身に付きません。

数十万円もするセミナーに泊まりで参加し、以後も
実践しながら身につけないと、「速読」と呼べるレベルには
達しないのが現実です。

私のように「ビジネス書を1日に1冊読みたい」とか、
「おおまかにポイントをチェック出来ればOK」という
読み方であれば、速読で「1冊●分」という読み方も
良いでしょう。

では、それが思考力を問われる資格の勉強に
どれだけ活かせるのか?というと、私には正直
分かりません。

実際に速読の中には「小説のようなストーリーを
重視する書籍や難解な実用書を読み込むには、
速度を落として読みこむ必要があるため、速読には
向かない書籍もある」、と謳っているものもあります。

もし、小説でさえ速読に向かないのであれば、
より深い理解と知識が問われる資格の勉強には
向かないのではないか?という気もします。
(あくまでも私の独断と偏見ですが)

速読にも種類がありますし、私自身、速読を
身につけているわけではありませんので、
参考として受け止めてもらえれば有難いですが、
最初にしっかりとインプットを行い、アウトプット
しながら、その知識を定着させ、理解を深めることが
大切です。

その上で暗記術や記憶術を活用すれば
より効果があるでしょう。

速読に関しては「1日に1冊以上ビジネス書を
読みたい」など、いわゆる多読をしたいという
状況になってからでもいいと思いますよ。

> 結局、繰り返し学習しかないのかな?と思い、何度も
> 間違えるようなところは、ノートに書いて思いつくた
> びに、それを見るようにしていきました。

「繰り返し学習」となると、行き着くところ、「本番までに
基本書を●回、読みこむ」とか、「過去問を●回転させる」
という勉強になるでしょう。

ある程度のインプットが終了したら、
以後は、アウトプットしながらインプットした
基礎知識を強化し、理解を深めることが重要です。

インプットを繰り返しても、結局は暗記になって
しまうので、悪循環ですよ。くれぐれも注意してください。

> 試験の数日前に、それまで一度も合格点に達しなかっ
> た模擬試験、書店で買ってきた大手の会社の模擬試験
> でようやく合格点に到達し、これでようやくいけると
> 思って自信を取り戻したのですが、本番試験の内容を
> 見て頭がくらくらしてきました。
> まったく見たことも聞いたこともないような問題が大
> 半ではありませんか。それまで勉強してきた知識がほ
> とんど役に立たないのです。

勉強で最終的に目指すのは、「見たこともない
問題をどこまで解答できるか」です。

暗記に頼った勉強だと、「角度を変えて問われた
だけで分からない」というケースも出てきます。

ところが、理解し、思考力を養う勉強を日頃から
実践していれば、多少、見たことがない問題でも、
正しいプロセスで回答を導けます。

暗記重視の勉強と理解重視の勉強がここで
合否を分けることになりますよね。

だからと言って、「他の受験生も解けないような
難問・奇問」までは解けなくても構いません。

他の受験生も解けるであろうレベルの問題を
確実にこなし、その上で見たこともない問題を
どこまで拾っていけるか、です。

> 一般知識などは本当に全くわからなかったのです。

一般知識に関しては直前まで手をつけない方が賢明です。
実際に、私たちは「9月まで勉強するな!」とアドバイスしていますし、
私もマニュアル作成者の石井も9月なってから本格的に
手を付け始めました。

足切りだからと言って、早い段階から一般知識に手をつけると
法令科目が終わらないうちに本試験になってしまいます。

また、早くから勉強しても、それこそ、一般知識の場合
忘れてしまうことが多いのが難点です。

Sさんがどのような一般知識対策を行ったのか
分かりかねますが、9月までは法令科目に専念しましょう。

> 半分あきらめかけていた行政書士なんですが、先生お
> 二人の言葉や姿で、もう一度頑張ろうかなとおもうよ
> になりました。

私たちが何かのきっかけになれたのであれば
これほど嬉しいことはありません。
一緒に合格を目指しましょう。

> ここまでは、私自身のことを知っていただくため、拙
> 文にお付き合いいただきましたが、質問いくつかよろ
> しいでしょうか?
> 一つ目は、過去問は全く役に立たないのでしょうか?
> 私の試験体験からは、過去問が役に立っているように
> は思えませんでした。一般知識に関してはやるだけ無
> 駄のように感じたくらいです。

「過去問が全く役に立たない」とは言いませんが、
今の知識の確認程度に思ったほうがいいですよ。

過去問は文字通り、過去に出された問題に過ぎません。
つまり、全く同じ文言で、全く同じ問題と設問が出題
されることは、おそらくないでしょう。

それにも関わらず、「過去問が全て」と思い込み、
繰り返し過去問を解き続けると、結局は問題文も
設問も暗記してしまい、「解けている錯覚」をするんです。

その弊害として、模擬試験で同じような問題を
別の角度や違う表現で聞かれると、
「サッパリ解けない・・・」ということになるわけです。

ですから、過去問は「今の知識の確認」程度に
思ったほうがいいですね。

> 二つ目は、先生お二人の考案した勉強法は、昔の戦
> 争、中国史でいうところの兵法のようなものなのでし
> ょうか?もし、兵法のようなものであれば、それを使
> う人間の裁量次第で、大いに役に立ったり、何の役に
> も立たなかったりしますが?

正直、私たちのマニュアルは兵法のようなものとは
全く違うと思ってください。

兵法のように使う人間の裁量次第で結果が異なる、
という類のものでは全くありません。

むしろ、「それまでの自己流は捨てて、素直に
マニュアルに書かれていることだけを実践して
ください」とアドバイスしています。

マニュアルに書かれていることだけを忠実に
実践すれば「合格」という同じ結果が得られます。
書かれていないことまでやる必要はありません。

もし、本人の裁量次第で結果が異なるとすれば、
マニュアルを忠実に実践しない場合です。

「ここは実践してみるけど、ここはやらなくていいや」という
方法では正しい結果(合格)が出ません。
必ず全てを実践する必要があります。


また、「何の役にも立たない」という場合があるとすれば、
「買っただけで実践しない場合」でしょうね。

> わたしはごく普通の頭脳の持ち主であります、どちら
> かというと数学のような分野が得意で、暗記モノは苦
> 手なほうなのですが、先生お二人の考案した方法は、
> 子供でも使えると説明にありましたが、本当でしょう
> か?

マニュアルは行政書士試験に特化していますが、
この方法を子供の学校の試験勉強に当てはめれば
そのまま使えます。

それどころか、「この方法を実践すれば司法試験にも
受かるのではないか?」と言ってくれた合格者の方もいます。

ノウハウには応用も必要ありませんし、暗記も必要ありません。
もちろん、記憶力はないよりあったほうが良いですが、
マニュアルは記憶力や暗記力は全く使いませんので
ご安心ください。

ちなみに、実は私も暗記が苦手です。

それにも関わらず正しい、効率の良い勉強法を
知らなかったので、「覚えなきゃ!」「忘れないように
繰り返し勉強しなきゃ!」と必死でした。

必死に基本書を頭から繰り返し勉強し、
過去問を解いていました。

忘れないように睡眠時間を削って勉強時間を増やし、
死ぬ気で取り組みましたが非常に効率が悪く、
手応えもありませんでしたね。

模擬試験を受ければ受けるほど成績は下がり、
最後の最後の模試、つまり、本番直前の模試では
「合格圏外」でしたよ。

辛くも一発で合格しましたが、もし、不合格で
その先も、同じような効率の悪い、暗記に頼った勉強を
続けても一生受からなかったでしょう。

今、思うと、本当にぞっとしますよ。

> いきなりの質問で失礼かとは思いましたが、わたくし
> も真剣なので、お忙しいとは思いますが、答えられ範
> 囲でお返事いただきたいのですが、どうかよろしくお
> 願いします。

行政書士試験の勉強では、インプットとアウトプットの
バランスと、その方法が極めて重要です。

最初のインプットに時間をかけすぎると
本試験までにアウトプットする余裕がありませんから、
効率よくスピーディーにインプットを完了し、
後はアウトプットを繰り返すことになります。

マニュアルでは、この最初のインプットから
しっかりと実践していただきますので
皆さん、手応えを感じてくれていますね。

お聞きした感じではSさんも私と同じような
勉強方法ですから、これまでの方法で勉強を
実践しても、なかなか結果に結びつかず、
受験が長期化する可能性もあります。

マニュアルには合格保証もついていますから、
もし、本気で取り組んでいただけるなら、是非、
購入して実践してみてください。

一緒に合格を目指して頑張りましょう。
ご相談、ありがとうございました。
坂庭

行政書士試験ラクラク勉強法

※ 今年度版のご提供は先着500名様になります。

※ 今月の限定特典にご注意ください。


択一問題、記述式等にも対応できるのでしょうか?

2009年05月08日 [記事URL]

Hさん

こんにちは。
行政書士の坂庭つとむです。
ご質問、ありがとうございます。

> 昨日HP見ましてメールさせてもらいました。
> 小生も行政書士試験に向けて勉強しておりますが
> 覚えたことをすぐにわすれてしまう悪循環になっております。
> 勿論小生もやる気はあるのですが・・・。

確かに慣れない法律用語は難しいですから
覚えようとしてもすぐに忘れてしまいますよね、、、。

ただし、重要なのは、「覚えようとしないこと」です。
まずは、しっかりと理解し、それからアウトプットで
理解を深めるのがポイントになります。

特に判例等はつい覚えてしまいますが、
単にストーリーとして覚えても違う角度から
問題が出ると混乱し、解けない受験生が
ほとんどです。

実際に暗記した知識は使い物にならず、
「同じ問題でも少し違う表現で問われると
たちまち分からない」という受験生がほとんどです。

それは理解が圧倒的に足りない証拠ですから、
まずはインプットに重点を置いてください。

> 今年あきらめようかなと考えてましたが、
> こちら様のHP見て迷っております。

せっかく目指した資格ですから、諦めてしまうのは
もったいないですよね。こうして出会えたのも何かの
ご縁です。

> この勉強方法は試験勉強自体を教えるのではなく
> 勉強方法を教えることのようですが
> 今年の試験に対して最新の勉強方法のノウハウを
> 教えてくれることになるのでしょうか?

そうですね。
あくまでも勉強法ですので、憲法や民法などの
勉強自体を教えるものではありません。

ところで、「最新の勉強方法」ということはありません。
勉強方法そのものは、毎年変わりませんので
しっかりと基本となるノウハウを身につけて
いただきます。

マニュアルは最新の情報を掲載しておりますので
その都合で、今年度版として改訂したものを
現在、ご提供中です。

毎年、勉強法は変わりませんが、最新の
情報を追加している、と表現したら
分かりやすいでしょうか?

ノウハウ自体は変わりませんので
「新しい情報に修正し追加した」という形で
毎年、改訂版を無償配布しております。

> 例えば、択一問題、記述式等にも対応できるのでしょうか?

もちろん、対応できます。
ところが、記述式に関しては個別の対応は
特に必要ありません。

マニュアルでも解説してありますが、インプットと
アウトプットがしっかりと出来て、択一問題がこなせれば
必然的に記述式にも対応できるからです。

そのため、私たちは「択一と記述を区別しない」という
アドバイスをしています。

それではよろしくお願いします。
坂庭

行政書士試験ラクラク勉強法

※ 今年度版のご提供は先着500名様になります。

※ 今月の限定特典にご注意ください。


ダブル受験について

2009年04月04日 [記事URL]

Gさん

こんにちは。行政書士の坂庭です。
ご相談、ありがとうございます。

お返事が遅れてしまい、申し訳ありません。

>私はこの年度末で派遣切りに遭い、ネット難民になってしまいました。
>そこで、雇用保険制度や、労働契約法、会社の就業規則等に
>興味を持ち、社労士にもなりたいと考えるようになりました。
>立場の弱い労働者を助ける、そんな法律家になれたら、
>と思っております。

なるほど。
ご自身が現在、ネット難民になってしまわれたことから、
同じような方の力になりたいと思っているわけですね。

>すぐに仕事も見つかりそうもないですし、ダブル受験をせよ
>との天のお導きではないかと思っております。
>この点について、どうお考えになりますか?

まず、私の考えから申しますと、ダブル受験は
あまりお勧めしませんし、受験生にも、「最短で
合格したいなら、どちらかに絞ってください」、
とアドバイスしています。

なぜなら、1つの国家資格でさえ、難関なので
一発合格するには効率が求められるからです。

もし、2つのことを同時で進めれば、
時間もお金もエネルギーも分散されます。

時間もお金もエネルギーも分散されれば
効率が落ち、集中力が維持できなくなります。

必然的にモチベーションも続きませんから、
結果が出るのに時間がかかります。

また、資格の内容自体、社労士と行政書士では
異なります。

それを同時にこなすことで勉強が長期化することは
ほとんど避けられないでしょう。実際に同様の
ケースに陥っている方もいらっしゃいます。

何事も「フォーカス」です。

今やるべきことを徹底的に絞り込み、そこに
集中することで一点突破することが、結果を出す
最短距離になります。

もちろん、現時点でGさんが「ダブル受験したい」と
お考えでしたら、私にそれを止める権利はありません。

まずは、ご自分で思った通りに、やりたいように
やってみるのがよろしいかと思います。
実践する過程で、実感し、腑に落ちることも
あるでしょう。

ただし、全く異なる資格である社労士と行政書士を
目指すのであれば、「なぜ、社労士になりたいのか?」
「どうして行政書士じゃなければダメなのか?」を
じっくりと自分自身と向き合って、考えてみてください。

「天のお導き」というご自分の直感を信じることも
私は否定しませんが、自分自身とじっくり向き合って
答えを見出す作業も必要ではないでしょうか?

資格は取ることが目的ではなく、活かすことが
大切です。

もし、社労士を取って合格し、独立開業後に
「やっぱり行政書士の資格もあったほうが
業務の幅が広がるし、多くの人の助けに
なれる」と思ってからでも遅くはないでしょう。

その逆も同じです。

まずは行政書士試験を突破し、独立開業後に
「やはり、社労士の資格もあったほうが
メリットが大きい」と思ってからでも
遅くはないはずです。

何はともあれ、誰かの力になるには、
Gさん、ご自身が生活の基盤を
立て直すことが先決です。

そのためにも資格コレクターにならず、
1つの資格を活かしてしっかりと稼げる生活を
目指してください。

ご質問ありがとうございました。
坂庭

行政書士試験ラクラク勉強法

※ 今年度版のご提供は先着500名様になります。

※ 今月の限定特典にご注意ください。



《 前 1  2  3  4  5  6 


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop