行政書士試験に合格するために必要な覚悟とは? - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 行政書士試験に合格するために必要な覚悟とは?

行政書士試験に合格するために必要な覚悟とは?

2010年07月08日

こんにちは。

いい年して、いまだに七夕になると短冊に
願い事を書いている坂庭です。

今年は大雨でしたが(苦笑)

さて。

今回は"記念受験よりもヒドイ、残念な受験生"について。

このことに気づかないと、一生、行政書士試験には
合格できないので、思い切って書くことにしました。

心臓の弱い方は読まずに削除してください(笑)

あなたは行政書士試験に臨むにあたって、
どれくらいの決意で取り組んでいますか?

実際に勉強する場合、通信・通学・独学など、
さまざまな勉強形態があります。

たとえ、高額なスクールであろうと、有名な
大手通信講座であろうと、10年間独学を
続けていようと、一生、受からないタイプの
人間がいます。

それは、

"今年ダメだったら、また来年受ければいいや"

"今年受からなかったらお金を返してもらえばいいや"

というタイプの人間です。

あなたは、私からのメッセージを毎回、熱心に読んでくれている
くらいですから、きっと相当の決意と覚悟で取り組んでいるはずです。

もちろん、今年度の合格を狙っていることでしょう。

ところが、私のところには、"残念な受験生"から
ときどき、今すぐ舌を噛み切って死んでしまいたいくらい
悲しいメールが届くのも事実です(苦笑)

例えば、、、

「もしマニュアルを購入する場合、不合格時の返金制度、
商品の返品は可能でしょうか?」という
問い合わせです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
確かに一時期、返金制度を行っていた時期がありますが、
その時期にマニュアルを買った受験生の結果といったら、
目を覆いたくなるくらい、散々たるものでした。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

もちろん、「返金制度を設けていた時期に買った
受験生の全てがヒドイ結果だった」ということではありません。

実際に、その時期にマニュアルを買ってノウハウを実践し、
「いくら不合格なら返金してもらえるといっても、
やっぱり、受かっていて嬉しい!」という方も多数
いらっしゃいました。

また、「あと一歩!」という本当にギリギリで
受からなかった惜しい方もいらっしゃいます。

そして、「必死になって頑張ったけど、あと一歩と
いうところで、不本意な結果に終わってしまった」という方は、
引き続き、マニュアルを実践し、今年度の
合格を目指して、今でも、必死に勉強を続けています。

おそらく、彼ら彼女らは今年度の試験で、
確実に合格をもぎ取ることでしょう。

ところが。

「マニュアルを買ったけど、受からなかったので返金してほしい」
という受験生の不合格通知書を拝見しましたが、とても、
「本気で勉強して試験に臨んだ」とは思えない点数です。

もう、なんて表現したらいいのか・・・。

「とりあえず名前だけ書いて出せ」みたいな(苦笑)

当然、私のマニュアルの特典についている
メールサポートも活用していません。

つまり、「マニュアルを買っただけでノウハウを
実践しなかった」ということです。

そして、ロクに勉強もせず、「とりあえず、
不合格なら返金してもらえるから」という
理由で試験を受け、不合格の通知書を
私宛に送ってきた、という状況です。

もちろん、「全ての受験生が」とは言いませんが、
実際に返金制度の期間にマニュアルを購入し、
「不合格だったから返金してほしい」という受験生の多くが、
そのようなお粗末な採点結果だった、というのが事実。

そもそも、なぜ、私が返金制度をつけたのか?

それは、「経済的に余裕のない受験生にも
一歩踏み出し、マニュアルを活用してほしい」という
願いからです。

それにも、関わらず、返金を希望する受験生の
採点結果が"記念受験以下"なんて、悲しすぎませんか?

「経済的に余裕のない受験生にも一歩踏み出し、
マニュアルを活用してほしい」という願いからつけた返金制度でしたが、
実際に不合格で返金を請求してきた受験生の多くが、ほとんど
マニュアルを実践せずに記念受験以下の結果だった、という現実・・・。

私はつくずく思いました。

「しょせん、"不合格だったら返金してもらおう"という
意識の低い受験生の力にはなれないんだ」と。

「"これだけのお金を投資してマニュアルを買う以上、
絶対に今年度の試験で合格するんだ"という意識の
高い方の力になりたい」と、改めて思ったんです。

「不合格だったら、返金してもらえますか?」と、
最初から「受からなかった場合」を想定している時点で、
もう結果は見えています。

受ける前から不合格だった場合のことを
考えている時点で、もう受かりません。

私自身、なけなしの20万円ちょっとのお金を
握りしめてスクールに飛び込み、申し込みしました。

「今年不合格だったら、来年は安く講座が
受けられるのかな?」なんて考えもしませんでしたよ。

なぜなら、「今年度の試験で絶対に合格したかったから」です。

アントニオ猪木が試合前にインタビューに答える
シーンを見たことがありますか?

アナウンサーに「負けたらどうしますか?」と
聞かれて「出る前から負けることを考えるバカがいるかよ!」と
ビンタです(笑)

その動画を見てください↓
アントニオ猪木(ビンタ)

まったく、その通り。

しかも、私のマニュアルは毎年、500名様限定となっています。

残り207名様を切りました。
行政書士試験短期合格勉強法

もし、「不合格だったら返金してもらおう」という意識の低い人間が
うっかり間違って買ってしまうと、本気で合格を目指している方が
買えなくなってしまいます。

数に限りがあるからですね。

そのような理由から、私のご提供しているマニュアルには
返金制度などは今後、一切つけないことにしました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「不合格だったら返金してもらおう」という人には
二度とマニュアルは売りません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本気で合格を目指す方にだけご提供します。

アントニオ猪木流に言えば
「受ける前から落ちることを考えるバカ」は
絶対に買うな、ということです(笑)

残り207名様を切りました。
行政書士試験短期合格勉強法

今回の話は、何も私のマニュアルを買う、買わないという
話だけではありません。

どんなに高額なスクールに通っても、有名な大手
通信講座で勉強しても、独学で10年以上勉強しても

"今年ダメだったら、また来年受ければいいや"

"今年受からなかったらお金を返してもらえばいいや"

と思っている間は、残念ながら一生受かりません。

時々、「2年目から講座が安くなる」と喜んでいる
受験生がいますが、正直、どうかと思いますよね(苦笑)

「講座を安く受けること」を目的にするのではなく、
一刻も早く合格し、講座を卒業して本物の行政書士に
なることを目的にしましょう。

いよいよ、207名様を切りました。
行政書士試験短期合格勉強法

まだまだ梅雨でジメジメした日が続きますね。
こんな時こそ、こもって一気に勉強を進めたいところです。

梅雨が明けると、やれお盆休みだ、子供の夏休みだ、と
なかなか集中して勉強出来る時間が確保できませんよね?

この梅雨時期をつかって、部屋にこもり、
勉強を進めておくことをお勧めします。

ところで、今月の追加特典はかなり強力です。

すでにマニュアルを購入し、ノウハウを
実践している方にとっても、"カンフル剤"に
なること間違いなしですね。

くれぐれも、ショック死しないように(苦笑)

近々、追加特典の内容も公開しますので、
楽しみにしてください。

それでは次回またお会いしましょう。
坂庭


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop