平成23年度行政書士試験メルマガの準備ができました。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 平成23年度行政書士試験メルマガの準備ができました。

平成23年度行政書士試験メルマガの準備ができました。

2010年09月02日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

今日は新しいメルマガのご紹介です。

前回もご案内いたしましたが、
平成23年度の合格を目指す受験生向けに
新しく別のメルマガを立ち上げることにしました。

今ご覧いただいているこのメルマガは
平成22年度版という形になります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
注意していただきたいのは、新しい平成23年度版の
メルマガはご登録しないと届きません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

もし、「今年の受験は見送って、すでに来年の
合格を目指して計画を立てている」という場合には、
下記から平成23年度版のメルマガにご登録ください。
平成23年度版行政書士試験メルマガ

お送りする内容は平成22年度版と平成23年度版では
異なりますのでご注意くださいね。

今、平成23年度版のメルマガにご登録いただくと、
坂庭と石井の対談音声ファイルを無料で差し上げます。

昨日、対談したばかりなので、録音ホヤホヤです(笑)

ちなみに、対談では下記のようなお話をしています。

これまで他で話したことのないことも
喋り尽くしています(笑)

途中、毒舌あり、暴露合戦ありの
とんでもない対談になりました・・・。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

平成23年度の行政書士試験はココに気をつけよう!

・なぜ、古いテキストを使ってはいけないのか?

・古いテキストを使うことによるハンデとは?

・経済的に毎年新しいテキストを買い揃えられない方も
是非、しっかりと聴いてください。

・ダラダラ受験が伸びてしまう人の傾向とは?

・オークションで前年度の教材を安く購入することの
デメリットとは?

・5~10年前に購入した数十万円の教材は使えるのか?

いわゆる「資格商法」といわれる手口で高額な
行政書士試験の教材を買ってしまった方は要注意。

・石井曰く、「●年過ぎたら教材は完全に買い直した方がいい」

新しく買い直そうか悩んでいる方は、
絶対に聴いてほしい部分です。

・勉強は"基本テキスト"を中心に!

過去問題中心や六法、判例集を中心に
勉強している方は合格が長期化する危険が
あります。

平成23年度に合格したかったら、
基本書をおろそかにしないでください。

・自己流の落とし穴に要注意!

一年目に自己流にハマってしまうと、
受験地獄から抜け出せなくなります。
ここが最も怖いですから要注意。

・勉強の計画の立て方はコレだ!

本試験までに勉強が終わらない
受験生の特徴とは?

下記の音声も参考にお聴きください。
行政書士試験の勉強計画の立て方

※右クリックしてパソコンに保存してからお聴きください。

・「つまらない質問が減った」という坂庭ですが、
以前は、どのような質問が多かったのか?

言いかえれば、意識の高い方が増えている証拠です。

ありえないような質問内容を聴いて、
あなたも驚かないでください(笑)

・合格する方とそうでない方の違いとは?

毎日、多くの受験生をサポートしている石井がズバリ斬る!
なかなか受からない受験生に共通する特徴とは?

思わず坂庭も毒舌になってしまいました(苦笑)

・坂庭が自ら「最近、つくづくバカになった」と思う瞬間とは?

話が脱線し、坂庭と石井がお互いに自分が「ますますバカになった」という
暴露合戦に発展してしまいました・・・。

・こんな詐欺商材には気をつけろ!

私たちがご提供しているマニュアルの
まがい物やパクリ教材に注意してください。

最近、同じ教材に手を出す受験生からの
ご相談が増えています。購入前に
販売者の実績等を必ず確認し、
慎重に判断の上、購入しましょう。

・坂庭に送りつけられる「ありえないクレーム」とは?

貴重なお金と時間をドブに捨てることがないように、
教材を購入する際はあなたも注意してください。

もし、購入前にご心配でしたら、必ずご相談ください。
ご質問・ご相談フォーム

・こんな予備校や通信講座は気をつけろ!

某教材では誤字脱字が多くて「訂正の訂正の、また訂正が
送られてきた」というご相談もあります。くれぐれも
気をつけましょう。

・平成23年度の合格を目指すあなたへ

坂庭と石井からのメッセージ

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

いかがでしょうか?

もし、平成23年度の合格を目指していたら、
是非、ご登録ください。

---

さて。

私のご提供しているマニュアルですが、
平成23年度の合格を目指す受験生向けに
販売を開始しました。

例年、合格発表後から「本年度版」という形で
500部限定で販売しています。

ところが、今回、平成23年度版のメルマガを
立ち上げる都合、来年の合格を目指す方向けにも
マニュアルをご提供したいと思っています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
つまり、平成23年度版は本日から
先着500名様限定となります。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

もちろん、今年度の合格を目指す方のご購入も
大歓迎です。

それから、例年、毎月の限定特典を配布する
裏メルマガ(マニュアル購入者通信)は
毎年、その年の本試験日までの発行としていました。

ただし、今年から願書締め切り後から
仕切り直しした場合、本試験まで2ヶ月しか
ありませんから、せっかく、今、マニュアルを
ご購入いただいても、11月までしか裏メルマガならびに
毎月の限定特典が受け取れないことになります。

そこで、救済措置として、今日からご購入いただく方には、
平成23年度の本試験日まで、裏メルマガ
ならびに毎月の限定特典を差し上げることにしました。

「毎月の限定特典」はバックナンバーを公開していませんので、
マニュアルを買うタイミングによっては、欲しい特典が
聴けない場合があります。

でも、今から平成23年度の合格を目指してマニュアルを
ご購入いただくと、丸1年分の特典が全て入手できますから、
かなりお得ですね(笑)

今後、私たちがご提供する補助教材やセミナーは
基本的に全て「マニュアルご購入者様限定」にする
予定ですので、よろしければ、お早めにご購入ください。
行政書士試験短期合格マニュアル

---

さて、さて。

ご案内が長くなってしまって申し訳ありませんが、
私がご提供しているマニュアルの9月限定特典だけ
最後に告知させてください。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

・一般知識は試験範囲が幅広いから、
やってもやってもキリがない!?

『一般知識の範囲があまりにも広すぎて
何から手をつけたらいいのか分からない』、
という受験生が非常に多いのが現状です。

その一方で足きりを免れなければならないので、
慎重にかつ、効率的な勉強法を実践しいただきます。

・現役行政書士が「一般知識は9月からスタートしろ!」
という重大な理由

・これから一般知識の勉強するにあたっての効率的な勉強法

・一般知識の正しい勉強の仕方、進め方

・法令科目の勉強法と一般教養の勉強法は全く違う!
だからこそ、一般常識の勉強は●●●から入る!
●●●●から覚えるな!

多くの受験生が一般知識と法令科目を全く同じ
勉強法で覚えようとしますが、これは致命的です。

特に一般知識は足きりに引っかかると不合格が
決まり命取りになりますので、正しい勉強法を
理解してください。

・●●●●を活用し、復習作業を多くしろ!

・足きりの逃れ方と正しい得点の稼ぎ方とは?

・受験生が陥りがちな間違った一般知識の勉強法とは?

マニュアルのご注文はこちら↓
行政書士試験短期合格マニュアル

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

いよいよ9月ですね。

今月から一般知識にも手をつけて、
法令科目もアウトプット中心の勉強に入りましょう。

今年度の合格を目指す方は、焦りと不安が
大きくなる時期です。

もし、悩んでいたら、是非、ご相談ください。

ご質問やご相談はこちらから↓
ご質問・ご相談フォーム

それでは今月もよろしくお願いします。

坂庭


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop