平成23年度の行政書士試験に合格できる人と出来ない人の違いとは? - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 平成23年度の行政書士試験に合格できる人と出来ない人の違いとは?

平成23年度の行政書士試験に合格できる人と出来ない人の違いとは?

2010年11月29日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

平成22年度の行政書士試験は「難しい」と
感じた受験生が多いようです。

そこで、私のご提供しているマニュアル作成者で
サポート担当の石井浩一が、ブログを更新しました。

彼によると今回の試験の印象は「難しい」というよりも
「合格しづらい問題だった」という認識のようです。

その理由は2つありますが、詳しくはこちらの
解説をご覧ください。
行政書士試験短期合格ブログ

あなたが平成23年度の試験を目指すなら、
今回の彼のブログを必ずチェックしておいてくださいね。

ところで。

私は受験生だけでなく、行政書士として
開業している方にもアドバイスしていますが、
今月に入ってから、行政書士以外の起業家にも
お会いしています。

ところが、「結果の出ない人」「うまく行っていない人」は
同じような点で共通している。

それは、「今のうまくいっていない方法を
改善しようとしていない」という点。

もっと、言ってしまうと、「自己流に固執して
やり方を変える」という柔軟な思考が、もはや
停止していて、進歩がない。

正直、これでは何年やっても結果は出ません。

当たり前です。

うまくいっていない方法を続けているわけですから、
毎年、結果が出るわけがないんです。

実際に、お話した方は皆さん、同様に、
「あと1年は、この方法で頑張ってみようと
思うんです」と言います。

もちろん、その方の人生ですから、ご本人が
納得いくまで「うまくいかない自己流」を
貫くのも1つの選択肢。

私の人生ではありませんから。

でもね・・・。

それで何年も失敗しているんだから、
どうして、今すぐ「うまくいっている人」の
「うまくいく方法」を実践しないの?

と、不思議で仕方ありません。

ですから、私は「それで何年もうまく
行っていないから、今、苦労しているんですよね?
だったら、今すぐ、やり方を変えればいいじゃないですか?」と
言っても、

「いえ、あと1年はこの方法で頑張ってみます」と
言い張ります。

「あぁ、そうですか。じゃぁ、
頑張ってください」としか言えません(苦笑)

私の人生ではなく、その方の人生ですからね。

仮に、時間とお金とエネルギーを膨大に浪費して、
遠回りして、「あぁ、あの時、坂庭が言っていたのは
このことか」と気づいた時には、廃業していることでしょう。

それも、その方の人生です。

---

私は受験期に、効率の良い勉強法も知らず、
そもそも、「勉強法」なんて意識もせずに、
ひたすら、自己流で目の前のテキストを
頭から勉強し、何度も基本書を回転させ、
ガリガリと取りんでいました。

有名な大手スクールに通えば、短期合格できると
信じていたわけです。

全くの幻想です。

なぜなら、「良い教材を使って勉強すること」と
「効率の良い方法を実践すること」は全く
別の話だから。

本試験終了後、自己採点して、「ダメだった
かもしれない・・・」と思ったときに、
こう感じました。

「会社を辞めて、これだけ死ぬ気で勉強したのに、
もし、これで不合格だったら、来年、同じ方法で
勉強しても、受かる見込みはゼロだな・・・」と。

何とか一発合格はしたものの、万一、不合格だった場合、
それまでの方法をもう1年繰り返したところで、
おそらく何年やっても受からないでしょう。

ビジネスも勉強も一緒です。

これまでやってきた方法でうまくいかず、
結果が出ないなら、今後も同じやり方で
取り組んでも、永遠に結果は出ません。

厳しいですが、そのことに自分で気づけるかどうかですね。

気づいた人は短期合格し、翌年に行政書士になりますが、
気づけない人は受験地獄に陥り、毎年、苦しい思いをします。

時間とお金とエネルギーを無駄にせずに、
そして、遠回りせずに結果を出したいなら、
「自己流を捨てて、うまくいっている人のやり方を
実践する」こと。

行政書士試験に置き換えると、遠回りをせずに、
最短で合格したいなら、短期合格した人の
やり方を実践すればいいだけのことです。

難しいことはありません。

うまくいった人のやり方をマネするだけ。
これだけです。

あなたが、もし、これまでの方法で
すでに何年も合格を逃していたなら、
勉強法そのものを見直してみてください。

これまでの勉強で手応えを感じられないなら、
是非、「勉強法」を疑ってみましょう。

恐ろしいことに、中には「毎年、受験すれば
するほど得点が下がり、合格から遠ざかっている」
という受験生もいます。

一度、そうなると、自力で受験地獄から抜け出すのは
ほぼ不可能。

是非、これまでの勉強法を見直し、
「短期合格した人」のやり方をマネしましょう。

いくらテキストを変えようが、スクールを変えようが、
勉強時間を増やそうが、基本書の回転を増やそうが、
記憶力を上げようが、問題はそんなところにありません。

短期合格の秘訣は、ズバリ、"勉強法"です。

それに気づいた方だけが、今度の行政書士試験で合格し、
法律家として独立開業出来るんですね。

ちなみに、今月の限定特典は今日で終了です。

11月の特典はこちら↓
行政書士試験短期合格マニュアル

では、では。
坂庭


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop