平成23年度の行政書士試験に中学生が挑戦? - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 平成23年度の行政書士試験に中学生が挑戦?

平成23年度の行政書士試験に中学生が挑戦?

2011年02月18日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

最近、つくづく思うことがありまして。

それは、「今日という日は、常に残りの人生の
初日だ」ということです。

私のところには、ほぼ、毎日のように
「今から勉強をして間に合いますか?」
「この歳から勉強して受かると思いますか?」
というご相談をいただきます。

迷っているヒマがあったら、一歩踏み出せばいい。
一歩踏み出せば分かることなんて、たくさんあるんだから。

しかも、「今から」とか「この歳」なんて心配している人が
多いですが、考えてもみてください。

過去はもう取り戻せないし、昨日の自分を
変えることも出来ない。

言ってみれば、私たちは毎日、【死】に向かって
生きているということ。

一度しかない人生、日々、死が近付いているということ。

であれば、今日も、残りの人生の初日であるということ。
そして、明日も、残りの人生の初日であるということです。

何歳になってからでも勉強を始めるのに
遅すぎることはありません。

大事なのは、【今日】、具体的な一歩を
踏み出すことです。

実は、先日、中学生からメールをいただきました。
このメールを読んで「中学生なんて、まだまだ
これからだよなー」「まだ未来があって
羨ましいなー」と思うのか?

それとも、「自分にとっても、常に今日は
残りの人生の初日だ」と思うのか?

どう思うかは、すべてあなた次第です。

どう思うかは、あなた次第ですが、
少しでも、明日からの人生が実りあるものになり、
成果をものに出来るように、是非、下記の内容を
参考にしてください。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

>【受験回数】: 0回
>【ご意見・ご感想・ご質問】:
>僕は、今年の4月で中学2年生になるんですけど僕は今金銭的な問題
>でユーキャンの行政書士講座を受講しています。なのでマニュアル
>を購入できません。

もうすぐ中学2年生で行政書士試験を目指しているとの
ことですね。

私の知っている限りでは最年少です。
若いうちから行政書士に興味を持つ方がいると
いうのは、嬉しい限りです。

また、私自身も良い刺激になりますし、
気が引き締まる思いです。

是非、合格し社会に貢献してください。

>そこで坂庭先生にアドバイスをお願いしたいんですが、僕は中学2
>年生で行政書士試験を受験したいと本気で思っています。
>ユーキャンで一生懸命努力して頑張りますし
>勿論、学校の学習も頑張ります。

>そこで他社で申し訳ないんですが、中学2年生でも頑張って勉強し
>たら行政書士試験に合格するでしょうか?

>ご回答よろしくお願いします。
>あくまでも可能性で良いです。

もちろん、「可能性」であれば、
誰でも合格する可能性はあります。

ただし、では、「一生懸命努力して頑張れば
必ず結果が出るか?」と言えば、そうではありません。

厳しいですが、世の中、死ぬ気で頑張っている人間は
たくさんいます。

では、なぜ、頑張っているのに試験に受からない、
開業できない、お金が稼げない、いつまで経っても
時間にもお金にもゆとりがない人が多いのでしょうか?

「一生懸命努力して頑張れば必ず合格できますよ~」と
耳触りのいい、口当たりの良い、適当な言葉で
私はあなたに回答をはぐらかすことは出来ません。

なぜなら、一生懸命努力しても受からない人が
たくさんいるのが事実だからです。

言ってみれば、勉強でもスポーツでも
「頑張るのは当たり前」なんです。

大事なのは、「ガムシャラに頑張る」のではなく、
「正しい方法でアプローチ(努力)すること」です。

「効率よく結果を出す」といっても
いいでしょう。

例えば、魚を釣るのに、木に登っても
魚はとれませんよね?

あるいは、野球を習うのに、山登りの
準備をしても意味ないわけです。

言っている意味が分かりますか?

つまり、「的外れなことをしていたら
いくら死ぬ気で努力しても合格できませんよ」
ということです。

こんな当たり前のことでも、理解できず、
的外れでトンチンカンな努力を必死に
やっている人が多いのも事実です。

それでは何年、死ぬ気で頑張ろうが
残念ながら一生、合格は無理でしょう。

もちろん、「可能性」は誰にでもありますし、
「努力すること」は大前提ですが、是非、
Mさんは「残念な大人たち」の仲間入りを
しないよう、今から正しい方法で努力してください。

その努力が無駄にならないよう、そして、
最短で合格できるように。

>僕は、本気で勉強する気合もあります。
>とにかく本気です。
>よろしくお願いします。

わざわざ私にメールをくれた方に
耳触りのよい言葉を投げかけても仕方ないので
現実を見すえてお伝えしました。

中学生の今から行政書士を目指し、まして
私に熱心なご相談をいただくくらいですから、
Mさんは向上心の高い方でしょうし、
私の言っている意味がおそらく理解できるはずです。

是非、短期合格を果たし、社会に貢献してください。
ご相談、誠にありがとうございました。

坂庭

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

「一生懸命頑張れば、必ず結果はついてくる」
私もそう教えられてきました。

厳しいですが、一生懸命頑張ったところで
必ずしも結果が出るとは限りません。

「正しい方法で頑張る」からこそ
短期間で成果を手にすることができるわけです。

もし、2年、3年と頑張っても合格できないばかりか、
「年々、得点が下がっている・・・」という場合、
やはり、今の勉強法を疑ってみた方がいいでしょう。

行政書士試験にわずか147日で合格する方法はこちら↓
行政書士試験短期合格勉強法

ところで、今、マニュアルをご購入いただくと
追加特典として、こんな音声を配布しています。

追加特典の詳細はこちら↓
追加特典の詳細

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
この追加特典は今月いっぱいで削除することにしました。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年で受験回数3回目のNさんは、これまで
どのような勉強法で失敗を繰り返してきたのか?

なぜ、平成21年度と平成22年度では、
平成22年度の方が、得点が低くなってしまったのか?

3回目の今年は、どのような点を意識して
どんな勉強法を実践するべきなのか?

さらには、特別に独立開業後のアドバイスもしています。

録音時間は1時間半を超える、かなり濃いアドバイスに
なっていますので、繰り返し聴くことによって、「短期合格者」と
「そうでない人」の決定的な違いに気付けるでしょう。

あなたがすでに、何度も試験に失敗しているのであれば、
受験地獄から抜け出す、重要なきっかけになるはずです。

あるいは、初めての受験であれば、同じ遠回りを
せずに、短期合格を果たせる、ということですね。

この音声は今月中にマニュアルをご購入の方に
追加特典として配布いたします。

以後は削除しますので、興味があったら
お早めにどうぞ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
それから、裏メルマガ(ご購入者様通信)では、
今年度のお勧め教材も紹介しています。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

もし、現時点で教材選びで悩んでいたら
裏メルマガでお会いしましょう。

2月限定特典もお忘れなく↓
行政書士試験一発合格マニュアル

それではまた次回、お会いしましょう。
坂庭


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop