平成23年度行政書士試験で、どん底の人生から、這い上がるために。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 平成23年度行政書士試験で、どん底の人生から、這い上がるために。

平成23年度行政書士試験で、どん底の人生から、這い上がるために。

2011年06月06日

こんにちは。

最近、体を鍛えすぎて、
ボロボロになってきた坂庭です(苦笑)

咳をするだけで、腹筋に響き、寝返りはもちろん、
朝、自力で起き上がるのも難しい。

今朝は、歩行困難になりました(苦笑)

そんな今日この頃ですが、あなたにおかれましては、
今日も変わりなく、お元気で勉強も順調でしょうか?

どうでもいい坂庭の近況はいいとして、
今日はマニュアルの追加特典のご紹介です。

もちろん、マニュアルに興味がなければ、
完全に無視を決め込んでもいいのですが。

ただ・・・。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
どん底の人生から這い上がるためには、
是非、さわりだけでも読んでほしい。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

というのも、今回の音声は、今年の1月に実施した
無料個別コンサルティングの3人目のSさんでして。

しかも、このSさん。

今回が、なんと【9回目】の受験です。

といっても、誤解があるといけないので、説明しますが、
決して、これまでのSさんの人生が「どん底だった」という
意味ではありません。

今回のコンサルティングの中には、「結局、
こーゆー人は、何をやってもダメなんですよ」と
私が断言しているパート(部分)があるんです。

幸い、Sさんが、そのような方ではなかったので、
良かったですが。

そのような部分も含め、今回も非常に濃い
コンサルティングとなっています。

Sさんは、9回目の受験だけに、1人目、2人目とは
また違ったご相談・アドバイスになっています。

正直、質・量ともに、相当、聴きごたえがあります。
(時間にすると、実に1時間34分。)

なので、マニュアルを買う買わないは別として、
Sさんの8年間のダイジェストだけでも、
見てください↓

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

愛知県 Sさん 35歳

土地家屋調査士事務所に勤務中

今年で9回目の受験

マニュアルご購入日:2010年4月

【音声ファイル1時間34分】

2003年から8年間のダイジェストで
Sさんのプロフィールをお伝えします。

■2003~2004年

職場の所長から行政書士の資格を勧められる。

最初は都内の学校に通学。
先生の講義がお経のように聞こえた・・・。

「目だけは開いていたけど」という状況が
最初の2年間は続く。

■2005年

「通学だと一度、行きそびれるとカバーできない」という
理由から、自宅でパソコンを使った穴埋め形式の講座を基礎として
補足的に大手スクールの単科を複数受講。

その他、通学してスクールの答練を、2社(6回分、8回分)をこなす。

結局、パソコンを使った穴埋め形式も半分くらいしか
こなせず、すべて中途半端に終わってしまった。

■2006年

●●塾の基礎講座を通信で受講したものの、
この年も基礎講座すら終わらずに、
中途半端に終わってしまった。

振り返ると、Sさん曰く、

・意志の弱さ
・中途半端
・欲張りすぎ

で、「やらないより、やったほうがマシ」程度の意識。

軽い気持ちで、いろいろな講座に手を出し
すべて中途半端で失敗。

■2007年

結婚(現在まで、奥様と二人暮らし)

新婚生活を優先し、勉強はせずに、
「試験を受けただけ」で終わった。

■2008年

以前とは異なる、パソコンを使った穴埋めソフトを活用。

さらに、市販の模擬試験を活用し、別途「●●記憶術」というものを
試したものの、やはり、この年も、すべて中途半端で終わってしまった。

■2009年

この年も前年度と同じパソコンのソフトを使った
穴埋めソフトや、ある勉強法を活用したものの
やはり、失敗。

******************************************************************
当時は、実力を超える過酷な仕事をしていたこともあり、
とても、勉強まで手が回らず、パソコンを使ったソフト以外にも、
「●●勉強法」や「●●記憶術」のような「魔法のような勉強法に
頼るしかない」という心境だった。
******************************************************************

■2010年

スクールに通ったり、ソフトを使ったり、「記憶術」や
「勉強法」を試してきたが、仕事も落ち着き、
小細工ばかりの自分に嫌気がさして、独学を決意。

その頃、私たちの教材と出会う。

教材は市販のテキストならびに、それまで活用した模試で
アウトプット。

ところが、この年も失敗・・・。

敗因は

それまでの、

「意志の弱さ」「すべて中途半端」「欲張りすぎ」によって
落ち続けてきた期間が長く、それゆえ、「勉強に対する甘さ」
「負け癖」を払しょくできなかった。

********************************************
私たちのマニュアルと出会って、
「勉強に対する甘さ」と「負け癖」を実感。
********************************************

良く言えば2010年度は「これまでの膿(うみ)を
出し切る年だった」と分析。

収穫と言えば、マニュアルの特徴でもある「全体」を
把握でき、問題に対して戦略的に取り組めるようになったこと。

また、坂庭のセミナーに参加することで、

●夢に向かうまでの過程を分析・図式化していくことで
何と何を組み合わせれば、次の段階に進めるか?が、
分かるようになった。

●毎日のルーティンに落とし込むことで、
根本的な問題を発見できた。

ちなみに、この頃、「職場でも毅然とした態度をとれるように
なった」とのご報告もいただき、「2010年度は自分にとって
軌道修正の年だった」と振り返る。

---

※この無料個別コンサルティングは2011年1月に
録音しています。

ここまでが、過去8回の試験に失敗してきてしまった
Sさんのプロフィールです。

あなたには、身に覚えがありませんか?

もちろん、「一切、身に覚えがないし、
自分には関係ない」「負け癖もついていない」
「消化不良も起こしていない」というのであれば、
私も安心です。

是非、今の勉強法、勉強スタイルを
続けてください。

ところが・・・

もし、過去のSさんの失敗と1つでも
同じ個所があったら、要注意です。

私たちが、1時間半以上にも及ぶコンサルティングで
アドバイスした内容を今すぐ、確認してください↓

■Sさんの意識が変わった部分はこれだ!

8回もの受験の中で、決定的にご本人の
意識が変わっています。そのあたりに
注意して聴いてください。

石井が「これまでに一番点の良かった年は?」と
聞いたところ、「覚えていません・・・」とのこと。

理由は、「試験が終わると、反省点を
せいぜい、1~2枚の紙にまとめる程度で、
正直、点数を見たくなかった」と。

「今までは試験が終わると、今年はダメだった・・・
と思い、分析をしっかりとしてこなかった」「点数を
見るのもイヤで、自己採点すらしていない
時期もあった」というSさん。

それまでの、Sさんの本試験での得点とは・・・
ちょっと、ここでは書くのもはばかれるので
あえて書きませんが(苦笑)

そのSさんが、2010年度の試験後、今回は、
自己分析をじっくりと行い、10枚以上に
わたって紙に書いて、まとめてみた。

そこには、どんな心境の変化があったのか?

※私たちは試験終了後の自己分析などは
一切、勧めておりません。Sさんご自身が
自主的に行ったものです。

また、「それまでは、スクールなど、人が作った文言を
理解するだけで、頭を使ってこなかった。
ところが、2010年度には、独学で勉強することによって、
●●で●●●ということが実践できた。」とのこと。

それまでの意識や勉強法と何が変わったのでしょうか?

---

■受験地獄に陥っていたSさんに、不足していたものとは?

これまで、8年間、資格の学校、パソコンを使った勉強など、
いろいろ試してみたが、当時は、「どの勉強法が自分に向いているかも
分からず、もがいていた」そうです。

それを聞いた石井は「独学でも通信でも通学でも、
パソコンを使った勉強でも、どれでもいい」

「どれでもいいけど、まず、Sさんの場合、
ここが不足している」と指摘。

一体、何が不足していたのでしょうか?

---

■独学・通信・通学のいずれでも合格
出来ない受験生が一番に考えなければ
ならないこと、とは?

Sさんのように、受験回数が多く、あれこれと
いろいろなスタイルを試しても
うまくいかなかった受験生が、まず、一番に
考えなければいけないこととはなんでしょうか?

「それさえ分かれば、あとは、やるだけ」と
石井が断言。

※もし、あなたの受験回数が多く、
受験地獄から抜け出せていなかったら、
必ず聴いてください。

---

■ヤル気はあったけど、気持ちが乗っていなかった・・・

2003~2009年は、ほとんど、勉強らしい
勉強になっていなかったSさん。

「ヤル気はあっても、欲張りすぎて、
すべて中途半端」「最近では、魔法のような勉強法に
手を出してしまっていた」と、おっしゃっています。

ようやく、2010年に私たちのご提供している
マニュアルと出会って勉強らしい、勉強に
取り掛かったわけですが。

ちなみに、私たちのマニュアルは「魔法」では
ありません(笑)

Sさんご自身、「マニュアルに出会うまでは、
パソコンを使った穴埋め講座も、スクールでも
通信でもダメで、意志が弱くて続かなかった」、

「ヤル気があった気がしただけで、そこに
気持ちが乗っていなかった」と。

その理由とは?

また、マニュアルと出会って、Sさんの中で
どのように意識が変わったのか?

「得点を見るのもイヤ」「自己採点すら
したくない」「試験後は、せいぜい1~2枚
メモ程度に反省点を書き出していた」にすぎない
Sさん。

そのSさんが、2010年度の試験終了後、
自己分析を紙に10枚以上、書くまでに・・・。

そこには、どのような意識の変化があったのか?

※私たちは試験終了後の自己分析などは
一切、勧めておりません。Sさんご自身が
自主的に行ったものです。

---

■Sさんの2010年度の勉強法とは?

それまでは通信・通学・スクール、パソコンの
穴埋めソフトを活用してきたSさん。

マニュアルと出会った2010年度には
市販の基本書、過去問、模試を利用して
独学を行ってきました。

それ以前と比べて、どんな変化があったのか?

「勉強が楽しくなった」「自分で何とかしなければ」
という意識になったそうです。

その秘訣とは?

---

■9回目の受験に際して、毎年、短期合格者を輩出している
石井がSさんに一番、お勧めしている勉強スタイルとは?

「通信でも、通学でも、独学でも合格する人はする」と
前置きをした上で、「9回目の受験で絶対に
失敗できない以上、このスタイルをお勧めします」と
石井がSさんにアドバイスした勉強スタイルとは?

---

■初学者は、こんな教材には手を出すな!

Sさんが検討中の通信講座を聞いた石井が、
「ちょっと心配なのが、上級者向け」、
「行政書士試験向けの教材ではない」と指摘。

「このような教材は、前年度に合格ライン
ギリギリの方が活用するのが良い」とアドバイス。

初学者や、受験回数が多いにも関わらず、
得点が伸びないような受験生が手を出すべきでない
「上級者向けの教材」で「試験向けではない教材」とは?

また、初学者や、受験回数が多いにも関わらず、
得点が伸びないような受験生が始めた方が
良い教材とは?

※もし、あなたが、これらの教材を使って
勉強している初学者だったら、くれぐれも注意してください。

※具体的な教材名や講師名を出してアドバイスしているため、
一般のメルマガでは公開できません。

※裏メルマガにて、この音声をしっかりと聴いて
教材を確認してください。

---

■自ら短期一発合格者であり、毎年、合格者を輩出している
石井が勧める教材や、「教材を選ぶ際のチェックポイント」とは?

確かに講師との相性も大切ですが、「相性だけ」で選ぶと
初学者には、かなりハードルの高い勉強になり、
遠回りをしてしまいます。

くれぐれも、教材選びと、選ぶ際のポイントは
注意してください。

※実際に、私たちが推奨している教材ではないテキストを
高額で購入し、一年間、使いずらい教材で勉強し続け、
期待した結果が得られない受験生もいます。

※お金も時間も大切ですから、まだ、教材が決まっていない
場合には、あなたも、是非、マニュアル内で推奨している教材や
この音声を参考にしてください。

---

■あれこれ手を出し過ぎて、消化不良になるな!

2003年から勉強をしているSさんの場合、
以前から購入している教材が膨大にあります。

つまり、受験が長引くと、それだけ、多くの教材に
お金をかけているわけです。

また、毎年、新しい教材に目移りしてしまうと、
さらに高額を使ってしまう。

それだけでなく、坂庭が今回、Sさんに対して
心配したのは「消化不良にならないか」という点。

特に、Sさんのように、受験回数が多く、
毎年、「中途半端終わってしまった」とか
「基本書を半分もこなせなかった」「欲張りすぎた」
という方は、受験が長引いている重大な原因があります。

高額な教材を買い込み、毎年、消化不良に
ならないためにも、使いやすい教材を具体的に
「出版社名」や「教材名」までお伝えしてアドバイス。

もちろん、教材を選ぶ際の注意点やポイントも解説。

もし、あなたが、これまでの受験で、毎年、

・すべて中途半端
・欲張りすぎた
・消化不良
・お金を相当、使っている

という場合には、必ず聴いてください。

石井も、「初めから手を広げすぎず、
このような教材で、まずは徹底的に
勉強してください」とアドバイスしています。

坂庭からも、「これをメインに勉強するよりは、
補足的に使って、必要なら、●●してください」と
アドバイスもしました。

もし、あなたも、これまで、お金を相当
使っているにも関わらず消化不良を起こしていたら、
繰り返し聴いてください。

---

■過去8年間を振り返って、Sさんが反省する点とは?

今年36歳になるSさんですが、過去を振り返ると
「●●しすぎた・・・」とおっしゃっています。

これは、なんと、勉強に関することではありませんでした。

逆に、プライベートで「●●しすぎた」ことが、
勉強に大きなストレスとなり、効率を下げていたと
いうことでしょう。

同じような境遇に陥っている方も多いでしょうから、
一度は聴いてほしい内容です。

---

■Sさんの受験回数が8回と長期戦に陥ってしまった
「勉強以外の原因」とは?

Sさん曰く、「●が足りない」とのこと。

それが原因で、「ちょっと勉強すると
やった気になってしまっていた」そうです。

また、●が足りないことから、家庭や仕事に遠慮してしまい、
「勉強中心の生活に出来なかった」と振り返っています。

そして、その生活に対する「慣れ」ですね。

・受験が長引く一方で、

・家庭や仕事に遠慮して、勉強に専念できず、

・ズルズルと受験回数を重ねてしまい、

・今の生活に慣れてしまった方

は、是非、聴いてください。

******************************************
ご自分でも分析されているように、Sさんの
受験生活が長期化した最大の原因はここに
あったようです。
******************************************

あなたの生活スタイルと比較してみてください。
●は足りていますか?

---

■マニュアルと出会ってからのSさんの生活サイクルとは?

短期合格者の多くが実践している、
生活サイクルをすでに取り入れています。

また、「今は勉強中心の生活をしています」と
断言するSさん。

従来のスタイルと、どのような変化があったのか?

もし、あなたが、まだ勉強サイクルや、生活スタイルが
確立できていなかったり、仕事で残業が多かったら、
今すぐに、この方法を取り入れてください。

---

■これでは何年受験しても一生受からない!
時間内に問題を解き切り、合格を掴み取る秘訣とは?

「模擬試験の段階から時間内で問題が解き切れておらず、
本試験でも時間がなくて記述まで手が回らなかった」というSさん

そこで、石井が「考え方が逆なんですよ」と指摘しています。

特に最近では、問題文が長文のため、
「読んで理解するだけで時間がかかり、
最後まで解き切れなかった」

「最後は、問題文すら読まずに、適当に
マークしてしまった」という受験生が
続出しています。

正直、これでは何年、受験しても一生受かりません。

では、模擬試験の段階から時間内に問題を解き切り、
本試験でも合格を掴み取る方法とは?

「本試験でも、このルール通りに解いてください」と
石井がスバっと、アドバイス。

もし、あなたも「時間内に問題が解き切れない」と
悩んでいたら、今から、この音声を聴いた上で、
問題演習をおこなってください。

---

■毎年不合格の受験生が「負け癖」を払しょくする方法とは?

これまで、あれこれと遠回りをしてしまいましたが、
「2010年度で膿は全部、出し切れた」というSさん。

では、「どうしたら、負け癖も払しょくできると
思いますか?」という質問に対するSさんの回答とは?

「●●ではなくて、●●と思うようになった」と
おっしゃっています。

***********************************************
この気持ちの違いは非常に大きく、実際に
以前、坂庭のセミナーにいらした際の表情と
大きく違っていました。
***********************************************

もし、あなたが、Sさんと同じように、
受験地獄から長年抜け出せていなかったら、
是非、Sさんと同じように気持ちを切り替えてください。

※この気持ちの切り替えが今年の試験で決着をつけられるか
どうかの最重要ポイントです。

---

■なかなか結果の出ない受験生の共通点はこれだ!

「結局、こーゆー人は、何をやってもダメなんですよ」と
坂庭が断言するタイプの人間とは?

これは、勉強以外の部分にも言えますが、正直、
これまでお会いした方やメールサポートで
フォローしてきた方で、「あるタイプの方」は、非常に
苦労しています。

おそらく、家庭でも職場でも、人間関係はもちろん、
人生そのもので苦労していることでしょう。

**********************************************
そして、残酷ですが、その人生が、これからも
一生続きます。
**********************************************

もし、あなたが、このタイプの1つにでも該当したら、
くれぐれも注意してください。

特に、「●●●意識」の強い人は要注意。

ペーパー試験に突破しないばかりか、何をしても
うまくいかずに、人生が立ち行かなくなる危険が
非常に高いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
最後には、誰からも見向きもされず、
社会から疎外され、一人ぼっちで、
どん底の人生を送ることにもなりかねません。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここでは、坂庭が「今のあなたの生活(現実)は、
●●が原因です」と、まで、言い切っています。

また、石井も、「メジャーリーガーの松井秀喜選手の
言葉」や、「日本政府と日本人、中国政府と中国人」の
考え方の違いを引用しています。

心臓には悪いと思いますが、普段、「行政書士の
試験勉強レベル」では、恐らく、他では聞けない
興味深い話になりました。

もし、勉強以外でも何をやっても、うまくいかないと
感じることがあったら、必ず聴いてください。

*************************************************************
あるいは、あなたが、「自分の人生がうまくいかない原因が
分からない。でも、何とか改善したい、もっと
よい人生にしたい」と思っていたら、この部分だけでも
繰り返し聴いてください。
*************************************************************

半年後、あなたの人生が好転するでしょう。

---

■演習問題は、何度も繰り返すべきか?
それとも、新しい問題を解くべきか?

正直、毎日のようにいただくご質問です。

「ここまでくれば、暗記してしまっても
何の問題もない」「大事なのは、●●●することだから、
1回であろうと、2回であろうとどちらでも構わない」と
石井が回答しました。

問題演習や過去問を解いていて不安を
抱いたら、この部分をりっかりと意識してください。

安心して、演習問題に取り掛かれるはずです。

---

以上は、今回で受験回数9回目のSさんに
アドバイスした「ほんの一部」です。

どうですか?

あなたには、一切関係のないことだったら、
私も心配しません。

万一、1つでも身に覚えがったら、今回の
無料個別コンサルティングの音声は
必ず手に入れてください。

「膿が出し切れた」「負け癖を払しょく出来た」と
言い切ったSさんの音声です。

9回目の受験というのは、ご本人にとって、
実に長い期間でしょう。

短期合格に必要なのは、シンプルな勉強法です。

膨大の量のテキストや、難しいテクニックなんて
必要ありません。

そして、マニュアルを実践してくれている
受験生は、すでに2700名を超えています。

これだけ、多くの受験生が実践してくれていますから、
私たちには、膨大なデータが揃っているんです。

まして、私たちも通ってきた道ですし、自身が
一発合格を果たし、毎年、合格者を輩出しています。

だからこそ、受験生からの相談にはピンポイントで
アドバイスできますし、ご本人が気づいていない
問題にまで言及し、改善策をアドバイスすることも可能。

今回の音声は、マニュアルをご購入いただくと
「毎月の限定特典」の他に「追加特典」として、
裏メルマガにて差し上げます。

クリックして、今すぐご注文ください↓
行政書士試験短期合格勉強法

特に、Sさんのように、受験地獄から抜け出せず、

・どんな教材を買っても、毎年、すべて中途半端に終わっている

・あれこれと教材に手を出し、欲張りすぎた

・消化不良を起こして、理解が深まっていない

・お金を相当、使っている

あるいは、

・受験が長引く一方で、

・家庭や仕事に遠慮して、勉強に専念できず、

・ズルズルと受験回数を重ねてしまい、

・今の生活に慣れてしまった

そして、

・負け癖が払しょくできずに、

・「どうせ今年も無理だろう」

と、思っている方にはもちろん、

あなたが、「自分の人生がうまくいかない原因が
分からない。でも、何とか改善したい、もっと
よい人生にしたい」と思っていたら、今回の
音声は、絶対に聴いてほしい。

そんな音声特典になっています。

音声は、今年の1月に実施した無料個別
コンサルティングですが(苦笑)

今から聴いても、全く問題なく、むしろ、
残りの半年を遠回りせずに、そして、
軌道修正する意味でも、聴いておかないと
後悔します(笑)

言うまでもなく、すでにマニュアルをご購入の方には
後日、裏メルマガにて、今月の限定特典と、今回の
追加特典を差し上げます。

くれぐれも、お聴き逃しなく。

今月の限定特典も忘れずに↓
行政書士試験短期合格勉強法

ちなみに、平成22年度、合格対談インタビューの
音声は下記からご請求いただけます。
平成22年度合格者対談インタビュー請求フォーム

それでは、次回またお会いしましょう。
坂庭


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop