行政書士試験で商法を捨てていませんか? - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 行政書士試験で商法を捨てていませんか?

行政書士試験で商法を捨てていませんか?

2012年07月27日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

今日は、マニュアルご購入者だけが活用できる
メールサポートの内容を特別に公開します。

というのも、非常に重要なご相談で、是非、
あなたにも知ってほしい内容だったからです。

具体的には商法が苦手な受験生から、
「商法を捨て科目にしてしまおうか」という
ご相談でして。

あなたは、商法はバッチリですか?

もしかしたら、すでに捨て科目として
諦めていますか?

だとしたら、今回の記事は最後まで必ず
読んでください。

実際にマニュアル作成者の石井がお送りした
回答を一部ご紹介します。

最後まで、じっくりと読み、参考にしてください

↓↓↓ ここから ↓↓↓

>坂庭様、石井様、こんにちは、そして、お世話になります。
>Sです。

>法令編の「商法」についての相談ですが、恥ずかしい話ですが、
>私自身、昔から、商法が苦手で、商法を理解するどころか、丸覚
>えすら、まともに、出来てない状態です。

>そのため、自分自身、もはや「商法は捨て科目にしてしまっても
>良いのではないか」という話になりつつあります。

>とはいえど、商法を捨て科目にした場合、合格できるのかという
>不安があります。

>つきましては、上記を件で、図々しいとは、思いますが、答えて
>はもらえないでしょうか。

確かに、商法・会社法の試験範囲は膨大なわりに、
問題数は合わせてたった5問です。
得点にしたら20点程度です。

そのため受験生の中には捨て科目とする人もたくさんいます。

今が10月ならばS様のおっしゃるとおり、
捨て科目とする選択もあるでしょう。

しかし、今はまだ7月です。
その時期ではありません。

よく試験範囲が広いと、その分、手を広げて
勉強しなければならないと勘違いする人がいますが、
それは違います。

出る確率の高いところを中心に勉強するのです。

やるべきところは「設立」「機関」「株式」の3つです。
あとは「持分会社」を軽く押さえておけば良いでしょう。

ただ、漠然にそういわれても、
「そこが覚えられない」という場合もあるでしょう。
そういった場合には、これらをおこなってください。

1、マンガで学ぶ
2、「行政書士試験直前期総まとめ」を活用する

ぜひ「マンガはじめて行政書士 会社法」を購入してください。
難しい科目はマンガで学びましょう。

マンガで学ぶと、法律の流れや関連性を
分かりやすく理解することができます。

一度ではなく何度も繰り返し読んでください。

概要が分かると、テキストを読んでいても頭に定着しやすくなります。
苦手なものほどマンガを活用してください。

それから、市販されている「直前期総まとめ」を利用するのも良いでしょう。

例えば、TACから発売されている
「平成24年度行政書士 出るとこ予想 合格るチェックシート」
がお勧めです。

苦手な科目であっても、最低限、試験に出やすいポイントだけでも
抑えておくと本試験で1問、2問は取れるものです。

「直前期総まとめ」関連の書籍をいくつか勉強しておくと良いと思います。

確かに商法・会社法は合計で20点しかありませんから、
重要度は低いでしょう。

時間をかけて勉強するメリットもないので、それならば、
行政法など主要科目に重点を置くという考えは正しいといえます。

しかし、同じ苦手科目であっても、20点中0点なのと、
20点中8点取れているのとでは、まったく違います。

重要度の低い科目には、それなりのやり方があるのです。

商法・会社法を得意科目とする必要はまったくありません。
ですが必要最低限のところはきっちり抑えて、
5問中2問くらいはしっかり取れるようにしておいてください。

逆にいえば、それ以上の勉強は必要ありません。
間違っても深追いは禁物ですから、
やるべきことを明確にして、それだけを徹底してやりましょう。

では、今回の回答は以上となります。
よろしくお願い致します。

行政書士  石井 浩一

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

いかがでしょうか?

通常、活用しているスクールや通信でしたら、
相談しても、「自社の教材」しか勧めません。

まぁ、当たり前ですが。

「本当にその教材、必要なの?」って感じです。

通信やスクールは「受験生に受かってもらうこと」よりも、
「受験生に自社の教材を買ってもらうこと」が目的ですから。

毎年、落ち続けてくれれば、毎年、カモにできますから、
「超優良顧客」です(笑)

ところが、私たちはそのようなスクールや
通信ではありませんし、どこかと提携している
わけでもありません。

だからこそ、あなたからの相談に対して、
出版社を問わず、紹介し、個別具体的な
もっとも適したアドバイスをすることが
できるわけです。

もし、あなたが勉強法に悩んでいたり、

「もう、後がない」

「絶対に今年合格したい」

「今年で終わりにしたい」

そう思っていたら、是非、マニュアルを活用してください。
行政書士試験短期合格マニュアル


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop