石井氏のセミナー内容を公開します。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 石井氏のセミナー内容を公開します。

石井氏のセミナー内容を公開します。

2013年10月03日

こんにちは、坂庭です。

先日からご案内している、直前期対策の
音声セミナーに関してですが。

このようなメッセージをいただきました。

---

坂庭さま
お忙しいのに、メルマガありがとうございます。

音声セミナーの発売、とっても嬉しいです。
模擬試験も3回終わり、落ち込みっぱなしでした
学習も進まず、まだまだ分からないことだらけなのに
誰にも聞けない、自分で調べてもさっぱりわかない
とにかくここから抜け出したいとの思いでいっぱいです

日曜日が待ち遠しいです。

---

ありがとうございます。

実は、10月6日(日)正午からの
音声セミナー販売に向けて、とてつもなく
忙しいです。

冗談でもなんでもなく(苦笑)

現在、入れていた予定も、ほとんど
キャンセルしているほどです。

それでも、今回は音声セミナーということもあり、
比較的、安価な5000円という価格でご提供できますし、
期待してくれる方が非常に多いので。

私も何とか、頑張って今後の日曜日(正午)の
販売に間に合うように準備します。

ダウンロード版が5000円で、
オーディオCD版は6000円になります。

さて。

今日は、石井氏の講座の内容を一挙大公開です。

もし、直前期対策音声セミナーに興味が
なかったら、お手数ですが削除してください。

ちょっと、長くなったので、ポイントを
先に記載します。

●不安から自信に変えるための勉強法とは?

●ここ数年、行政書士試験で出題される問題の傾向とは?

●憲法も民法も行政法も同じ勉強では通用しない?

●なぜ、民法は得意、不得意の差が出るのか?

●行政書士試験のメインである、行政法の攻略方法とは?

●足切りをクリアするための一般知識対策とは?

●文章理解の苦手な方の攻略法とは?

●問題を解くペース(時間配分)とは?

●問題を解く順番とは?

●前日の効果的な勉強の仕方とは?

あなたの興味のある個所から
チェックしてみてください↓

不安から自信に変えるための勉強法とは?

模擬試験を受けたり、予想問題集を解いて
問題が解けずに「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と
思ったら、どうしたらいいか?

・不安から自信に変える第一歩として
確認するべきこととは?

・自信をもって本試験に臨む方法とは?

「これが、行政書士試験に受かるために
最も大切なことです」と石井氏が断言。

・この直前期にやるべきことは、●●だけ、です。

これを間違えると致命的です。

・今から問題を解くとしたら、どのような問題を解くべきか?

・今から新しい教材を買うとしたら、どのような
教材を買うべきか?

・これからの勉強として、避けなければならないこととは?

まずは、これが大前提です。

ここから具体的な勉強法について解説していきます。

平成18年に一度、大きな試験改正がありました。

・なぜ、この時に大きな改正があったのか?

ここ数年、行政書士試験で出題される問題の傾向とは?

具体的に、どのような問題が「焼き直し」して作られ、
出題されているかご存知ですか?

この傾向を知っているのと知らないのとでは
対策が全く違ってきます。

「平成、●●年度以降の問題を繰り返し解いた方がいい」と
石井氏は解説しています。

直前期となった今、限られた時間の中で
勉強する以上、是非、平成●●年以降の問題を
繰り返し解いてください。

・石井氏が予測する、今年度の試験傾向とは?

・平成23年より前は、過去30年、文章理解で
回答の「●」が選ばれたのは1度しかなかった・・・

それが、昨年は選ばれました。

かつて、行政書士試験の回答として
選ばれやすかった選択肢とは?

ところが、石井氏が「現在は、この傾向はなくなったと
思ってください」と指摘。

この最新の傾向を知らないと、「行政書士試験の
選択肢で、●が選ばれる可能性が少ないから」と
いう誤った判断をしてしまいます。

くれぐれもご注意ください。

※もし、昨年までのスクールで「選択肢の●は
あまり選ばれません」という情報を聞いていても
すでに、その傾向は当てはまりませんので要注意です。

憲法も民法も行政法も同じ勉強では通用しない?

「テキストを読んで、過去問を解いて、予想問題集を解いて・・・」
この勉強は間違いではありません。

間違いではありませんが、これ以外に、
「直前期に意識すべき勉強法」とは?

・憲法の勉強では「●●」の原則を貫きましょう。

直前期の勉強として憲法では、何を意識するべきか?

憲法の「人権」に関する効果的な勉強法とは?

「統治」の中でも、要注意な部分と、その対策は?

ここでは具体的な箇所にとどまらず、
具体的な条文の範囲も指摘しています。

・憲法で平成23年、24年の2年連続で
狙われている個所とは?

憲法を勉強する際に、すべてをまんべんなく
学習するのではなく、人権については、特に●●を、
統治については、特に●●を重点的に勉強しましょう。

なぜ、民法は得意、不得意の差が出るのか?

・民法で出題される問題のポイントとは?

民法は問題を作る際に、「ある特徴」があります。

その特徴をおさえることで、問題が解きやすくなります。
ただし、その特徴ゆえに、「単に暗記しただけ」では
問題は解けません。

民法の苦手な受験生が得点するための効果的な対策とは?

具体的な事例として、去年の、ある問題をピックアップ
して解説。

・民法は総則、物権法、債権法、家族法の4つありますが、
この中でも出題される割合のバランスとは?

・民法の中でもあまり重要度の高くないものとは?

・民法の中でもっとも重要度の高いものとは?

・民法は条文は多いですが、狙われる個所は
比較的決まっています。

・総則、物権法、債権法、家族法の中でも、
特に狙われやすい個所をそれぞれピックアップ。

これを知らずに、まんべんなく勉強していたら
非常に効率が悪いですね。

時間が無い人は、それぞれの箇所で出題されやすい
部分だけを重点的に勉強しましょう。

・特に記述式で狙われる●●法は要注意です。

・民法に関して、これからの復習で
意識すべきポイントとは?

これを意識するだけで、「記述問題の解き方」が
見えてきます。

行政書士試験のメインである、行政法の攻略方法とは?

・「行政手続法」「行政不服審査法」「地方自治法」は
●●の確認を。

「行政事件訴訟法」「国家賠償法」は、●●の確認を。

それぞれ、おさえるべきポイントが異なります。
直前期には、特に意識して勉強しましょう。

・行政法は何を頭に入れておけば、比較的、
問題を解きやすいのか?

・本当に直前の直前は、行政法を勉強せよ。

行政法は行政書士試験の合否を左右します。
その行政法の中でも、特に狙われやすい個所とは?

この狙われやすい個所を重点的に勉強するか
しないかで、合否の分かれ道となります。

・特に国家賠償法については、
どこを重点的に勉強するべきか?

近年狙われやすい箇所がありますので
要注意です。

・商法、会社法は、どちらを重点的に
勉強するべきか?

この配分を間違えると、勉強のロスが
大きくなります。

効率よく勉強するためにも、
ここはしっかりと覚えておいてください。

・会社法の中でも狙われやすい個所とは?

効率的に勉強すべき箇所とは?

ここで解説している【3つ】に絞って、
最低限の勉強にしましょう。

・基礎法学で狙われやすい個所とは?

基礎法学は重要度は高くない?

どのような部分に気をつけて
直前期は勉強すべきか?

・法律については、「●●」は要注意。


・裁判については、「●●」は要注意。

このポイントについて知らない受験生が
非常い多いですね。

重要度が低いゆえに、深入りせずに、
ここで解説したポイントに絞って
勉強しましょう。

足切りをクリアするための一般知識対策とは?

・一般知識では特に、「●●」と「●●」で
得点を稼げ!

この【2つ】にポイントを絞りました。

時間が無い受験生は、このポイントだけでも
しっかりと勉強してください。


・●●は、あまり点数に結びつかないから、
最低限の勉強にしましょう。

文章理解の苦手な方の攻略法とは?

ご相談の中でも、非常に多いのが
「文章理解」です。

どのような部分を注意すれば、
得点が稼げるのか?

ここでは、「問題の解き方」を
解説しています。

・文章理解が苦手な受験生は、
この過去問を解きましょう。

この問題集を解くことで、問題に
慣れることがポイントです。

・択一問題の解き方とは?

私たちは「択一だけで合格ラインを突破しろ」と
受験生に指導しています。

この択一を攻略する際の解き方とは?

石井氏が「必ずこの方法で解く」と
強く指導しています。

必ず、この方法で解いてください。

問題を解くペース(時間配分)とは?

択一、多肢問題は1問●分以内、
文章理解は1問●分以内、記述問題は
1問●分以内を基準としましょう。

このペースを維持できないと、残念ながら
時間切れで不合格が決定します。

この時間配分を意識すれば、
ほとんど自動的に問題が解けます。

すぐにでもこの時間配分で予想問題や
模擬試験に臨んでください。

問題を解く順番とは?

この順番の中から、自信のあるものから
解き始めるのがベストです。

・これが石井氏お勧めの解く順番です。

毎年、短期合格者を輩出している石井氏が
推奨している問題を解く順番とは?

・この順番で解くのはキケンです。

ある解き方で進めると、かなり致命的です。
くれぐれも注意してください。

現時点で、問題を解く順番が確定していない受験生や、
毎回、時間切れで時間内に解けない方は、
是非、石井氏のお勧めする順番で解いてください。

前日の効果的な勉強の仕方とは?

受験生からのご質問にも答えていますが、
最後の最後で詰めが甘い受験生は不合格に
なります。

前日にどのような勉強方法を実践するべきか?
石井氏が解説しています。

是非、試験前日には、この方法を意識して
過ごしてください。

これで合否が確定します。

以上です。

いかがでしたでしょうか?

1つでも気になる箇所があったら、
是非、「直前期対策・音声セミナー」を
入手して活用してください。

金額は、わずか5000円です。

この5000円で、残り30日をどう過ごすか?

いえ、今年度の合否が決まります。

販売日時については、10月6日(日)正午~
10月20(日)正午の期間限定です。

前回までのご案内を見ていない場合には、
下記を参照してください↓

『行政書士試験直前期対策について』

『行政書士試験の直前期対策とは?』

『直前期対策音声セミナーのご案内』

『行政書士試験直前期対策(音声セミナー)販売日時のご案内。』

『参加者の声と特典のご紹介』

音声セミナーはダウンロード版だけでなく、
オーディオCD版も販売することにいたしました。

どちらか、ご希望の方をご注文ください。

すでに、プレスを依頼していますが、
【オーディオCD版は、先着100セット限定】と
なります。

追加で発注をかけている時間もありませんので、
オーディオCD版に関しては、【売り切れ御免】
ということになります。

ダウンロード版につきましては、
販売期間中は人数制限をせずに、
ご購入いただけます。

気になるお値段ですが。

●ダウンロード版5000円

●オーディオCD版6000円(送料込)

といたします。

ダウンロード版には、

・石井の講義(MP3ファイル)

・坂庭の講義(MP3ファイル)

・合格者との対談音声(MP3ファイル)

・石井のレジュメ(PDFファイル)

・坂庭のスライド(PDFファイル)

この5つがインターネットからダウンロード
出来ますので、パソコンに保存してから
ご活用いただきます。

オーディオCD版は、

・石井の講義(オーディオCD)

・坂庭の講義(オーディオCD)

・合格者との対談音声(オーディオCD)

・石井のレジュメ(冊子)

・坂庭のスライド(冊子)

こちらを宅急便でお届けいたします。

ダウンロードして、すぐに活用したい、
という方で、パソコンをお持ちでしたら、
迷わずにダウンロード版をご購入ください。

iPodやiPhoneに入れれば、持ち歩いて聴けますしね。

PodやiPhoneは持っているものの、パソコンを
お持ちでない場合には、オーディオCD版を
ご購入ください。

オーディオCDですので、カーステレオなどでも、
通常聞ける形態となっています。

また、販売日時についてですが。

10月6日(日)正午~10月20(日)正午

上記の期間限定を【予定】しています。

お支払いが遅れれば、その分、発送も
当然、遅くなります。

もし、銀行振り込みをご希望の場合には、
迅速な送金をお勧めいたします。

現在、CDのプレスを発注していますが、
私の手元に届くのが、本日の予定です。

そこから、梱包作業に入るため、今から
販売の準備に取り掛かっていますが、
10月6日(日)の販売でも、
かなり、ギリギリの状態です。

ですので、一応、販売開始は10月6日(日)
正午からの、【予定】とさせてください。

現在、販売に向けて、急ピッチで
準備を進めています。

では。

坂庭


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop