行政書士試験のお勉強以前の問題です。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 行政書士試験のお勉強以前の問題です。

行政書士試験のお勉強以前の問題です。

2014年01月09日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

年末に、簡単な課題を出しました。

お名前を伏せて、シェアいたします。

1.今年一年を振り返って、漢字一文字に表すと?

2.その理由は?

3.来年のコンセプトを漢字一文字に表すと?

4.その理由は?

この4つを書いて、31日までに送ってください、
という課題でした。

たくさんの方に送っていただき、感激しました。
ありがとうございます。

紙面の都合ですべては掲載できませんが、
いくつかご紹介します。

---

坂庭先生お世話なっております。
いつもメルマガありがとうございます。

試験結果のご報告以来の投稿になります。
メルマガにありました4つの質問について、
自分なりにまとめてみました。

1.今年一年を振り返って、漢字一文字に表すと?
→初

2.その理由は?
→行政書士「初」受験
「初」ビジネススクール受講
新居への引っ越し。「初」の業者さんでの引っ越しをしました

3.来年のコンセプトを漢字一文字に表すと?
→躍

4.その理由は?
→今年始めたことを更なる高みに・・・と言うことで、
躍進や飛躍を誓ってこの一文字にしました。

以上となります。
何だか文字にするとより一層実感がわきます。
来年も今年以上に新しいことに挑戦し、
日々成長していきたいと思います。

今後もメルマガの配信、楽しみにしておりますので、
よろしくお願いいたします。

---

早速の回答です。

今年の漢字は、耐 でした。

今年と言うよりこの三年間厄年でとにかく、
何があっても控え我慢していました。

よって来年の漢字は、挑 です。

こん三年間のうっぷんを晴らすべく、
仕事のみならず行政書士の試験に挑み勝利を
勝ち取る年にすると心に誓っています。

---

坂庭先生、こんばんは。
いつも貴重なメルマガありがとうございます。
メルマガを読んでは自分に置き換えてみたり
励みになったりしています。

先生からの課題が出てから、二日間自分なりに
振り返ってみました。

1.今年一年を振り返って、漢字一文字に表すと?→[運]です。

2.その理由は?

運を味方につける、運も実力のうち、なんて言葉が
ありますが今年はまさに、その運に見放された一年
だったような気がします。

言い訳になるので詳細は省きます...

試験問題も自分の得意分野が出れば運が良ければ
合格点取れる、みたいな感じのものでした。

まさに、運まかせな都合のいい考えで試験勉強を
していたと思うからです。

3.来年のコンセプトを漢字一文字に表すと?→「知」です。

4.その理由は?

とにかく、いまの自分を客観的に見つめ、何が今年は
いけなかったのか、まず知ること。

そして、あいまいで足りない知識はなんだったのか知ること。
自分に必要なものは何か、見極めること。
以上です。

この自分を見つめ直して知ること、という作業は
自分の中で整理しました。

来年のコンセプトに向けて今から頑張ります。

年の瀬でなにかと坂庭先生はお忙しいと思います。
お体に気をつけてください。
ありがとうございました。

---

坂庭様、お忙しい中メールに目を通していただいて
ありがとうございます。

そちらのマニュアルを購入したYと申します。
坂庭様から送られてくるメルマガはいつも実用的な
話題が多く、目から鱗が落ちる思いで拝見させてもらっています。

メルマガにて今年の漢字、そして来年のコンセプトを
表す漢字の課題が出されましたので、この場を借りて
発表させていただきます。

まず私の今年一年を振り返り、それを漢字一文字に表すと
「進」となります。

理由は、やはり今年になり真剣に行政書士を目指し、
坂庭様と石井様のマニュアルを購入し、勉強を
始めたことが自分にとって大きな前進だったからです。

それまでも自分の将来に対して、「今のままでは
一生うだつが上がらない」と不安を感じ、現状打破のために
資格取得を考えていましたが、具体的な行動に移すことなく
ダラダラと日々を過ごしていました。

そんな情けない自分と決別すべく、今年ようやく
行政書士試験に向けての勉強を始めました。

まだ合格というゴールには程遠い状況ですが、
それでも自分にとっては「進歩」だと感じ、
この一文字を選びました。

そして来年のコンセプトを漢字にすると「必」となります。

2014年度の行政書士試験に必ず受かる。
必ず合格して行政書士になる。

そのために必死になって努力する、という決意を
この一文字に込めました。

しかし目標を立てただけで満足してしまわないよう自分を戒めて
います。メルマガに書かれていた「漫然とこのメルマガを読んでい
る96%の受験生は、来年も不合格」というフレーズにはハッとさ
せられました。

自分は以前から「自分を変える方法」「人生が変わる~の習慣」
といった類の本を読んで、自己を改善しようとしてきました。

しかし読み終わって数日は本の内容を意識していましたが、
やがて内容を実践することを忘れ、そのたびに「やっぱり
自分はできなかった。

どうして自分はこんなにダメなやつなのか」と
自己嫌悪に陥ってきました。

実は「12月中に、今年の改善点をピックアップする」
という課題もクリスマスが過ぎた後思い出して、
慌ててやりました。

また同じことを繰り返してしまいました。

また自己嫌悪です。今後も一生自分に自信が持てずに、
自己嫌悪だらけの人生を送ると考えると虚しくなってきます。

もうその繰り返しに終止符を打ちたいのです。
だからこそ2014年度の行政書士試験に落ちる
わけにはいかないのです。

自分を誇りに思えるような結果を出したいのです。

行政書士の試験勉強は、範囲も広く、果たして試験まで
間に合うのかという焦りが常に付きまとっています。

世間が「クリスマスだ、年末年始だ」と受かれている中で、
何で自分は一人寂しく法律の勉強をしなければならないのか
という思いが湧き上がってくることもあります。

それでもこうして一年を振り返り、来年のコンセプトを
考えると、自分は本当に行政書士になりたいんだと
再確認できました。

これからも苦しい時期は何度も訪れるでしょうが、
そんな時は坂庭様や石井様のメルマガや音声対談
を励みに頑張ります。

最後にもう一度来年に向けての決意を
表明して終わりにさせていただきます。

2014年度の行政書士試験には、「必ず」合格します。

そして必ず坂庭様と同じ行政書士になり、
バリバリ実務をこなします。

長文失礼いたしました。
後ともよろしくお願いします。

---

坂庭様・石井様、どうも、こんばんわ、
そして、おせわになります。
Sです。さて、今回の課題を提出いたします。

1.今年一年を振り返って、漢字一文字に表すと?
答え→忙

2.その理由は?
地元、伊勢神宮が式年遷宮のため、その仕事と、
試験勉強のため、今年は、特に、忙しかったためです。

3.来年のコンセプトを漢字一文字に表すと?
答え→覚

4.その理由は?
今年で何が何でも決めるという、覚悟をもって挑むためです。

---

1.今年一年を振り返って、漢字一文字に表すと?
「苦」

2.その理由は?
結果的に色々な面で苦しい1年でした。

仕事環境の事も有りますし、当然勉強は楽では
無いですし現段階で試験結果を待っている環境で
はありますが、1年を通して考えた時には「苦」
という文字がしっくりくる感じがします。

3.来年のコンセプトを漢字一文字に表すと?
「前」

4.その理由は?
前進の「前」、さらに前を向いて歩いていく思いで「前」
止まったら終わりと思って日々行動をしていますが、
来年はさらに意識強化をして前に進んで行きます。

今日も明日も仕事です。会社の方針でこの環境に
追い込まれていますが、レミオロメンの曲で
「もっと遠くへ」と言う曲があります。

そのフレーズの中で「時代のせいや、誰かのせいに
するくらいなら、もう一度夢を描けるはずさ・・」
という部分があり、この部分を肝に銘じて負けずに
進みます。

めげそうになったら曲を聴いて気合を入れます!
最近、頻繁に聞いているような気がしますけど(笑)

来年も宜しくお願い致します。

---

*今年一年を漢字で表すと
「迷」

*その理由として
試験勉強においては、周りの情報に流されすぎてしまい、
自分を見失ってしまったこと。結局、方向性が定まらず、
自分の中での整理整頓ができていなかったいうことで
この一文字にしました。

*来年を漢字で表すと
「整」

*その理由として
「心の整理」「整理整頓」など基本的な部分の見直しも含め、
この文字にしました。

仕事、勉強にしても整理整頓がされて初めていい
パフォーマンスが発揮されると思いますし、それが
生活面に規律・秩序をもたらすと思います。

また、あらゆる面においてON/OFFの切り替えも今以上に
出来ると思い、それが試験勉強にもいい効果を生み出して
くれると信じています。

@上記のような自己の一年の振り返りなど、
今までわざと避けるような行動を知らず知らずのうちに
していたのかもしれません。

今回の報告で多少なりとも振り返り・目標を
計画することができました。

どうもありがとうございました。

---

先日、坂庭先生から頂いた課題の回答を
お送りさせていただきます。

1.今年一年を振り返って、漢字一文字に表すと?

「考」です。

2.その理由は?

今年は、以前から信じていた人に裏切られ、
大切に想っていた友人が死別しました。

前者には人付き合いに時間をかけ、後者にはあまり
時間をかけなかった事で、酷く後悔をしました。

この事から、自分を取り巻く人達への付き合い方を、
今一度考え直さなければならないと感じました。

3.来年のコンセプトを漢字一文字に表すと?

「巡」です

4.その理由は?

今までの人の付き合い方を変え、特定の人ばかりに
時間を費やさず、一個人として、行政書士として、
様々な人と巡り合える1年にしていきたいです。

---

いかがでしょうか?

あなたは、実践してみましたか?

どんな成功法則をマネしようと、高額なスクールに
申し込もうと、この程度のことが実践できなければ、
合格率1ケタの行政書士には受からないでしょう。

以後は特に受け付けませんが、まだでしたら、
是非、時間をとって実践してみてください。

言うまでもなく。

「どれが正解」とか「どれが間違っている」という
話ではありません。

あなたご自身が、去年1年間を振り返り、
そして、この1年間をどう過ごすべきか?

あるいは。

どう過ごしたいか?

参考にしてみてください。

ところで。

上記以外にも多数、送っていただきましたが。

非常に残念なことに、「前置き」も何もなく、
単に、4つを箇条書きにして送ってきた受験生が、
結構、いました。

せっかく、行動に移してくれたにも関わらず、
残念だなー、と。

「メモかよ」と(苦笑)

別に、「坂庭にお世辞を言え」とか、
「ペコペコしろ」という話ではありませんよ。

せめて、

「いつもメルマガ読んでます」とか。

「来年こそ合格します」とか。

何か書けなかったものでしょうか?

まして、「こんにちは」なんていう挨拶は、
社会人としての礼儀ですよね?

そのことをある受験生に返信したところ、
ご丁寧にお返事をいただきましたが。

---

坂西さん

>ところで。
>せっかく送っていただいたのに、挨拶も前置きも
>ありませんね。
>「メモ」ではありませんから、何か一言くらい、
>書けませんか?
>そういうところで、人間性を見られますよ。

ご連絡有り難うございます。
独りよがりの判断でアンケートのようなものと
理解し回答した次第です。失礼しました。

---

とのことでした。

まぁ、「坂西」ではなく「坂庭」ですが(苦笑)

この課題って、アンケートですか?

私のデータ収集ではないですからね。

あなたご自身の課題や改善点を明確にするための
ワークでした。

それを「アンケート」って(苦笑)

小銭を入れれば、勝手に出てくる自動販売機
ではありませんからね。

今回は、人間性を見るために課題を出したわけでは
ありませんが。

結構、いました。

まさに、「アンケートの回答」のような、
ご連絡が。

もっというと、「メモ」のような回答です。

単なる箇条書きです。

せっかく、年末の忙しい中、時間を割いて、
課題を出してくれたのに、「コミュニケーション力が低い」
ということが残念でした。

厳しいこと言いますが。

ペーパー試験に合格したくらいじゃ、開業したところで、
お金は稼げませんからね。

当たり前ですが。

無人島で自給自足する生活なら、まだしも。

困っている人の相談に乗り、ヒアリングして、
書類を作成する、あるいは、書類の提出代行を
するわけです。

「アンケートのようなやり取り」では、
依頼者のニーズはくみ取れませんし、
書類は作れませんし、報酬はもらえませんよ。

これは、オフラインでもオンラインでも同じです。

つまり。

私のようにネット中心で集客し、依頼者に会わずに、
書類を納品するようなビジネスモデルでも、
「人と会わない=コミュニケーション力が必要ない」
ということではありません。

むしろ。

顔の見えないやり取りだからこそ、対面での
サービス以上に気を遣います。

対面の接客なんて、教えれば、
子供でもできますからね(苦笑)

このメールも機械が自動的に活字を
カタカタと打っているわけでもなければ、
自動的に送られているわけでもありません。

毎回、受験生からいただくご相談や、
ご報告を1つ1つ拝見した上で、
「今、もっとも伝えたいこと」や、
「今、もっとも聞きたいであろうこと」を
書いて送っているわけです。

それを、「アンケート」って(苦笑)

この方を個人的に非難しているわけではありません。

このような意識の高い方ですら、
「アンケート程度の気持ち」というのは、
ちょっと残念すぎやしませんか?

「相手とコミュニケーションをとろう」という
意識がくみ取れません。

単なる、「メモ」や「アンケート」なら、
他でやってくれればいいわけで。

何も、私が毎回、必死に書いているメールなんて
読む必要はないわけです(苦笑)

もちろん、悪意が無いことも分かっていますし、
実践して送ってきてくれたくらいですから、
行動力もあり、意識の高い方ばかりです。

だからこそ、「もったいないなー」と思いました。

このようなコミュニケーションに関しては、
日頃の人間関係にも影響します。

「試験に受かって開業すれば、人間関係なんて
関係ない」と思わないでくださいね。

いくら、難関の国家資格をいくつも持っていても、
コミュニケーション能力がゼロだったら一生
お金は稼げません。

むしろ。

コミュニケーション能力が高ければ、
なにも、国家資格にしがみつかなくても
お金は稼げますから。

時々、フォームを通さずに、名前も名乗らずに、
「おすすめのテキストを教えて下さい」という
しょーもないメールを送りつけてくる輩もいます。

「名前も名乗れない人間に回答しなければなりませんか?
試験のお勉強をする前に、社会人としてのモラルを学びしょう。」

と丁寧に返信までしていますが。

ここまでくると、人としての残念さを通り越して、
笑えますが(笑)

あなたには、あえて言うまでもなく、最低限の
マナーや礼儀、コミュニケーションが備わっていると
思いますが。

「この程度のことが出来なければ、いくら
ペーパー試験のお勉強をして開業しても、
お金は稼げませんよ」という確認でした。

ちなみに。

礼儀もマナーも無い方にマニュアルを買われても
困るので、一応、確認までに書かせてもらいました。

ということで。

合格発表が近いこともあって、リベンジを
果たすべく、再スタートを切っている受験生が
ゾクゾクと現れています。

あなたも、

「絶対に26年度の行政書士試験で合格したい」

「今年で終わりにしたい」

と思ったら、私がご提供しているマニュアルを
是非、実践してください。

行政書士試験に短期合格する方法

では。

坂庭


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop