効率よくインプットする方法とは? - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 効率よくインプットする方法とは?

効率よくインプットする方法とは?

2014年05月09日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

勉強をするには、まさに、ゴールデンな
ウィークでしたが。

私の時は、「ゴールデンウィークまで悔いの残らないように
遊んでから勉強をしよう」と思っていました。

結果、体調を崩してしまいましたが(苦笑)

その後、ズルズルとスタートが延びていたので、
「これは、マズイな・・・」と思い、ちょうど、
翌週くらいから始めました。

今はまだ、実感がないと思いますが。

どれだけ勉強しても、勉強しても、勉強しても、
時間は足りません。

そこで、今日は効率よくインプットを行う方法を
解説します。

今はまだ、本試験を意識せずに、のんびり
していると、「本試験まであと2週間」という
あたりになって、

「せめてあと、1週間あれば、模擬試験を
総復習できるのに・・・」

「せめて、あと2週間あれば・・・」

「せめて、あと1ヵ月あれば・・・」

と思います。

そして、

「どうして、ゴールデンウィークから
勉強しておかなかったんだろう」

「どうして、もっと、夏休みに
集中して勉強しなかったんだろう」

「どうして、もっと、早くから
勉強しなかったんだろう」

という後悔ばかりが募ってきます。

あなたには、私と同じような
気持ちになってほしくありません。

勉強は余裕を持って、早ければ早い方がいいです。

なぜなら、「貯金」が出来るから、ですね。

すでに勉強をしているのであれば、
休み休みせずに、振り返らずにドンドン進めてください。

「この科目を完璧にしてから先へ進もう」と
思わないこと。

ここで大事なのは、「ドンドン進める」ということです。

受験生の中には、憲法が終わってから民法に入り、
民法が終わるころに、憲法を忘れていることに気づき、
また、憲法に戻ってしまいます。

憲法あたりなら、まだ、比較的、覚える範囲が
少ないからいいですが。

民法あたりで途方に暮れ、また、民法を
ゼロから勉強し直してしまいます。

これでは時間がいくらあっても足りません。

行政法が終わる頃には、民法も、真っ白。

復習しても復習しても、行政法もサッパリ。

この繰り返しで、とうとう、一通り
終えることなく、時間切れで本試験・・・

これが例年、「受からないパターン」の典型です。

「日数が足りなくて、まったく手がつかない科目があった」という
受験生は少なくありませんから。

では、どうすればいいのか?

忘れることを恐れずに、ドンドン進めること、です。

私の高校時代の同級生は、授業中に
「内職」をしていました。

「内職」というのは、受験に関係ない科目の
授業中に、他の勉強をすること、です。

そして、授業のチャイムが鳴り終えると、
「いやー、単語帳を10回、回した」と
言っていました。

確か、数千個も収録されている分厚い単語帳ですよ。

フツーなら、「1時間に10個覚えよう」とか、
「1日に10個覚えよう」と思って、コツコツ
覚えますよね?

でも、たいてい、翌日にはほとんど忘れています。

ほとんど忘れているので、翌日には、また、前日の
復習をしてしまいます。

この繰り返しでは、膨大な情報量を短期間に
インプットするのは、ほぼ、不可能です。

先の同級生は、結局、1浪したものの、早稲田大学の
政経学部に入りました。

「早稲田の政経」と言えば、政治経済学部では
最難関です。

この「ドンドン先へ進む」というのは、
行政書士の勉強法にも言えます。

さすがに、単語帳などとは異なりますが。

私がご提供しているマニュアルでは、
なんと、膨大な範囲の行政書士試験の情報を、
たったの1日で終わりにします。

下記のページも記載してますが↓
行政書士試験短期合格勉強法

作者の石井浩一、曰く、
「最短で受かりたいなら、●●●●を●●せよ!
私は、たった1日で行政書士の勉強が終わりました(笑)」
ということです。

このインプットが、非常に画期的であり、
受験生からも「目からウロコ」と言っていただいています。

もちろん、「単に早く終わらせるだけ」では、
意味がありませんが。

忙しくて時間のない社会人が、

◎スキマ時間を活用して、

◎効率よくインプットし、

◎理解を深めながら、ドンドン進める

という方法です。

いいですか?

憲法が終わってから民法を勉強し、
民法が終わってから行政法を勉強し、

憲法の忘れている個所を復習して、
また、民法も復習して完璧にしてから、
また、行政法に戻って・・・

このような勉強法をしていたら、
確実に時間切れで不合格です。

「完璧にしてから先へ進もう」と
思わずに、ドンドン先へ進めましょう。

いかに、効率よくインプットを終わらせて、
アウトプットに比重を移せていけるか?

ここがキモですね。

是非、あなたも今からマニュアルを活用して、
効率よくインプットしてください。

夏以降のアウトプットが非常に楽になり、
直前期には相当の手ごたえを感じますよ。

では。

坂庭

行政書士試験にわずか147日で独学一発合格する方法


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop