行政書士になって、やりたいことを全部やりませんか? - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 行政書士になって、やりたいことを全部やりませんか?

行政書士になって、やりたいことを全部やりませんか?

2014年05月27日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

昨日の夜、関東では結構、雨が降ったようですね。

私は、司法書士2人と、その事務所のスタッフで、
現在、私たちがご提供しているマニュアルを実践中で
行政書士を目指している女性と4人で食事を
しました。

新しいビジネスのことで情報交換をしたり、
アイディアを出し合っていたんですが。

本当に刺激になりますね。

帰る頃は小雨でしたが、深夜の間に
結構、雨が降ったようでして。

朝起きたら、逆に、すがすがしい快晴です。

ということで、今日も、自宅の庭で、
午前中は仕事をしています。

庭といっても、たいしたことはありませんよ。

田舎ですから。

ワイヤレススピーカーから、iPhoneの音楽を流し、
BGMにしています。

ちなみに、BGMはモーツアルトにしています。

「リラックス効果がある」

「脳にいい」

と聴いたので。

意外と単純です。

半袖にサンダルのスタイルで、庭にパラソルを出して、
ノートPCを使っています。

家族からは「ニート」と言われていますが・・・

むしろ、本望です。

近所の人からは「無職」と思われているかも
しれませんが(笑)

先日も庭で仕事をしており、途中、トイレに
入ろうと思ったら、なぜか、玄関の鍵が
閉まっていたり。

突風でパラソルが飛んでしまったり。

小さなトラブルに見舞われましたが。

そんなことにもめげず。

今日も元気に庭で仕事をしています。

あなたは、開業後の生活をイメージしたことが
ありますか?

「合格」はゴールではありません。

スタートです。

どこで?

どんな服装で?

どんな業務を?

どんなお客さんを相手に?

朝は何時から?

夜は何時まで?

夜は誰とどこで食事を?

休日の過ごし方は?

などなど。

「合格して会社を辞めて開業する」のは、
「当たり前」というか「前提」であり、
「予定の一つ」であり、「通過点」と考えてみてください。

大事なのは、その先の先までイメージすることです。

たとえば、私の場合、

最初はマイナスからのスタートで、
税金が払えなかったことが恥ずかしくて
たまりませんでした。

その後、

書類の作成で軌道に乗せると、一人では
手一杯になります。

一人で手一杯になると、こなせる依頼に
限界がきます。

そこで、スタッフを雇うことになります。

この時点で、自宅では手狭になりますから、
外に事務所を構えることになるでしょう。

さらに、売上を伸ばすべく、効率を上げたり、
それでもこなせなくなると、依頼を断ったり、
他の士業に回したり。

そこで、売上が頭打ちになってしまいますよね?

自分の体は1つしかありませんし、1日は
24時間、1年は365日しかありませんから。

場合によっては、サービスの形態そのものを変えたり。

そうやって、新たな経営スタイルを模索し、
確立していく必要があります。

もちろん、書類作成も行政書士の大事な
仕事です。

一番、ポピュラーな業務ですし。

でもね・・・

「代書屋」で満足しないでください。

時々、

「年収1000万円は可能ですか?」と
聞かれますが。

「年収1000万円で、いいんですか?」と
聞き返してしまいます。

起業家であり、経営者ですから。

やりたいことは、なんでもやればいいと
思います。

別に1億でも10億でも好きなだけ
稼げばいい。

といっても、

本業の行政書士でまずは稼ぐことが大前提ですよ。

行政書士で稼げないヤツは、何をやっても
稼げませんから。

社労士をとろうが、司法書士になろうが、
弁護士になろうが、ラーメン屋をやろうが、
雑貨屋をやろうが、ネットショップをやろうが。

1つの資格で飯も食えないヤツは、何をやっても
稼げません。

稼げませんが。

言いかえると、

1つのビジネスで稼げるようになると、
コツが分かってきますから。

何をやっても稼げるようになってきます。

さすがに、メッキのはがれた、誰かさんみたいに
「秒速」とまで言いませんが。

「日給」や「時給」どころの話ではなく、

「分給●万円」くらいは稼げるようになりますから。

昨日も、夜遅くまで食事をしながら
情報交換をしたり、アイディアを
出し合っていましたが。

極論、

「やってみなきゃ分からない」ということになります。

でも、小さくテストをしてみて、「イケる」と
思ったら、本格的に参入すればいいわけですからね。

たいしたリスクもありませんし、ほとんど
損失もありません。

だとしたら、チャレンジしないほうがおかしいですよね?

特に、今の時代、自宅でパソコン1台使って
ネットで集客すれば、24時間365日、
依頼や注文を獲得し続けることができます。

24時間、365日、パソコン1つで、
稼ぎ続けることができる、ということです。

そろそろお茶が出てこないか、
期待しているんですが(笑)

つまり、あなたが代書屋で満足するか
どうかは別にして。

非常にリスクの少ないビジネスモデルですから、
スタートの時点では、行政書士で起業する
というのは、賢明だと思いますよ。

その後、

「やっぱり、社労士の資格もあった方が幅が広がるな」

「どうせなら登記まで受けられた方が報酬が増えるな」

と思ったら、社労士や司法書士まで目指せばいいですよね?

物販や他の業界にも参入したいと思ったら、
違う屋号でコンテンツを立ち上げたり。

私のように必要に応じて法人を立ち上げたり。

あっ、マンゴーティーが出てきました(笑)

ここは南の島、ではありません。

数年前まで「村」だった田舎、

いえ、

ド田舎です。

ということで。

一度しかない人生、やりたいことは
なんでもやりましょう、ということです。

私は物欲がほとんどないので。

「アレが欲しい」「コレが欲しい」という
所有する欲はありませんが。

「したいことは、全部やろう」と思っています。

歳をとって病院のベッドでチューブだらけになり、
「もっと、やりたいことをやっておけばよかった・・・」
と後悔しながら死ぬより。

「やりたいことは全部やってきたしな。
いつ死んでも後悔はないよ。」という
生き方を日々、したいと思っています。

それを可能にするのが行政書士の資格です。

あなたは、1年後、5年後、10年後・・・

どんな生活を送っていたいですか?

現時点で私は50歳で引退しようと思っていますので、
そこ向けて、着々と準備を進めています。

もちろん、50歳になった時点で、やりたいことの1つに
ビジネスがあれば、やると思いますが。

少なくとも、現時点では、

あと5年のうちに、自分がいなくても
回っていく仕組みを作り、10年後には、
のんびりしていたいですね。

まぁ、今も庭でのんびりはしていますが。

その頃には行政書士試験の勉強法の
マニュアル販売や受験指導も終了しているでしょう。

まさか、あなたが、5年後も、10年後も、
まだ、ペーパー試験のお勉強をしているとは
思いませんが。

というか、思いたくありませんが(苦笑)

私が受験指導をしている間に、是非、
マニュアルを購入して合格してください↓
今年度の行政書士試験で合格する方法


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop