平成26年度の行政書士試験、最後のメッセージです。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 平成26年度の行政書士試験、最後のメッセージです。

平成26年度の行政書士試験、最後のメッセージです。

2014年11月07日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

本試験まで、あと2日となりました。

今年度のメルマガも、これで最後になります。

これまでに、耳の痛い話もしたかもしれません。

嫌われるのも覚悟で耳の痛い
話も随分としてきました。

耳触りのいい、フワフワした話だけ、で
あなたを合格まで導けるとは
到底思えませんので。

でも、いつも私が思うのは、「もし、自分が
受験生だったら、どんな言葉をかけてほしかった
だろうか?」ということでした。

私の受験期にこのようなメルマガはありませんでしたし、
現役行政書士とのつながりもありませんでした。

「本当に、こんな勉強をしていて受かるだろうか・・・」

いつも、その不安と恐怖と焦りの中にいましたし、
本当に心細く、孤独でした。

だからこそ、

自分の受験経験を通じて、「今、伝えられる
最高のメッセージ」を常に意識して、
メールを配信してきました。

まして、

個人攻撃をするような意図はありませんでしたし、
文面には細心の注意を払ってきました。

それでも、万一、私の意図していないところで
あなたを不快にさせてしまったことがあったと
したら、

それは、私の不徳の致すところです。
ご容赦ください。

それでも、今、思うのは、やっぱり、

「あなたに今年度の行政書士試験で受かってほしい」

それだけ、です。

今日まで、本当にあっと言う間でした。

受験生のあなたを励ましていたつもりが、
毎回、送っていただくご報告やご質問、ご感想から、
むしろ私の方が励まされていたような気がします。

日曜日は、早めに会場へ足を運んでください。

天候の都合や人身事故、交通の事情により、
遅れないとも限りません。

くれぐれも、余裕を持って会場入りしてください。

それから。

残り時間が分かるよう、時計は必ず持参してください。

会場には時計が無い場合もあります。

私の時のように、時計があっても、後ろの方だと、
毎回、振り返って確認しなければなりません。

そうなると「カンニングだと思われたら困るな・・・」
という意識から、時計を確認しづらくなってしまいますし、

後ろを振り返って時計を見るのも、ロスになり、
結果として時間配分も狂ってきます。

何より焦ってしまいます。

デジタルよりはアナログの方が残り時間が
把握しやすいと思います。

あとは、耳栓ですね。

試験中は使えませんが、試験前、賑やかな会場でも、
集中して復習ができるようにお持ちください。

他にも衣類ですね。

暑かったり、寒かった場合に、すぐに一枚、
脱いだり、羽織ったりできるよう、服装にも
気を配ってみてください。

最後の公開模試から、あなたの実力をはかる
目安がないでしょう。

それでも、「最後まで得点が伸び続けている」と
ご自分を信じて、やり遂げてください。

あとは、ご自分を信じるだけ、ですから。

そして。

試験終了のチャイムが鳴り終るまでが試験です。

「試験終了のチャイムが鳴り終るまで」あるいは、
試験官が「はい、終了です。鉛筆を置いてください」と
言うまで、諦めない。

最後の最後まで鉛筆を置かずに、食らいつく。

「試験終了のチャイムが鳴り終るまで、
鉛筆を置かない」

それくらいの気概で臨んでください。

私は「試験終了と同時に、血ヘドを吐いて
救急車で運ばれてもいい」という決意で
勉強をしていましたから。

それでも、本試験の時は試験会場の外がうるさくて、
諦めそうになりました。

群馬大学教育学部、というキャンパスが
試験会場でしたが。

ここは最悪でしたね。

受かったから良いものの、落ちたら
火をつけていたかもしれません(苦笑)

こっちは、人生をかけていますからね。

それにも関わらず、

本試験開始とともに、けたたましいホイッスルが鳴り、
外で、サッカーの試合が始まりました。

あまりの「騒音」に集中できず、「あぁ、ダメだ・・・」と
一瞬、諦めかけました。

天井を仰ぎましたね。

「会社を辞め、親に罵られながら今日まで死ぬ気で
勉強してきたのに」

「こんなところで、終わってしまうのか」

「ここで諦められるのか?」

「いや、諦められられない」

ものの数分だったと思います。

「今日までの勉強を無駄にしたくない!」

「こんなところで諦めてたまるか!」

そんな気持ちで一度、深呼吸をしてから
再度、問題用紙を向き合い、集中し直しました。

あとは、「心頭滅却すれば火もまた涼し」ですね。

外の「騒音」は一切、私の耳に届きませんでした。

「言い訳はしない」

「今年度の本試験で合格する」

そもそも、たったこの2つを決意して始めた
行政書士試験の勉強です。

この2つを貫き通した結果、私は、5ヵ月ちょっと、
という短期間で一発合格を果たすことが出来ました。

私は決して物覚えが良くありませんし、
理解力が人より優れていたわけでもありません。

むしろ、記憶力は悪いですし、物覚えも
悪い方です。

それでも、受かったのは、「最後まで
諦めない」という意志になります。

最後の最後に「精神論かよ」って話ですが。

最後まで決して諦めないでください。

本試験には一人で行かなければなりませんが。

これまで培った知識や情報、鍛え抜いたメンタルは、
その頭の中に、胸の中に詰まっています。

離れていても、私もついています。

気持ち悪いと思いますが(苦笑)

まだまだ、話し足りないですし、言葉は
尽きませんが。

最後になります。

明日の正午までにメールをいただければ、
一通り目を通せます。

100%の返信はお約束できませんが。

一通り目を通していますので、もしかしたら、
お返事も出来るかもしれません。

すべてのメールにお返事はできませんが。

場合によっては、お返事できるかも、
しれません。

あなたの健闘と合格を心より
祈念しています。

ありがとうございました。

行政書士試験短期合格勉強法


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop