行政書士試験の勉強で過去問はムダです。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 行政書士試験の勉強で過去問はムダです。

行政書士試験の勉強で過去問はムダです。

2015年02月03日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

今回は切実なご相談をいただきました。

坂庭からの回答とあわせてご紹介します。

前回の試験では補正措置といって、
166点で合格とされています。

それを踏まえてご覧ください。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

こんにちは、坂庭です。
ご相談、ありがとうございます。

>【受験回数】: 5

受験回数が5回目、今年で6回目というのは、
ちょっと多いので心配ですね。

>【ご意見・ご感想・ご質問】:
>11年前から行政書士試験合格のために勉強(独学)を
>続けております。
>金銭的な都合や時間の制約などから、市販の模試と予備校の直前模
>試だけを利用してきました。

>今年で5回目でしたが、合格点の166点に22点及ばない144点でした。

144点でしたら、基礎的な学力は
備わっていると言えます。

やはり、後は、アウトプット、つまり、
演習問題ですね。

>しかし、私としてはこれまで受験したなかでは最高点でした。
>今回、特に点がとれなかったジャンルは、択一では憲法(判例知識
>を要するもの)、行政法総論、行訴法、民法(ほぼ全滅)、商法。

行政法と民法はウェイトが高いので、
ここで取れないと、合格は、残念ながら、
ほぼ、不可能です。

これは、今年チャレンジする上でも、
くれぐれも、注意してください。

行政法と民法を攻略すること、です。

>法令知識では、択一72点、穴埋め16点、
>記述式は20点しかとれませんでした。一般知識は36点でした。

>予備校が出している正解を見ながら後で復習したのですが、
>問題文をきちんと読めば正解できたと思われる問題、
>判例の知識が少し正確あれば解けた問題(憲法・行訴法)、
>がありました。

>特に、それまでの勉強できちんと理解していたのに
>どういうわけか、試験場で勘違いしたために、
>間違ってしまった問題がけっこうありました。。。
>このミスがなければ、
>今回難しかったといわれていた試験であっても、
>合格できたのではないかと思っています。

「正解を見ながら」の復習で理解できるのは、
まだ、基礎の段階です。

本番では解説を見ながら問題は解けませんから。

ときどき、「過去問は、ほぼ満点のレベル」という方を
みますが、このような受験生も、ほぼ不可能です。

「すでに解いた問題」を解説を見ながらであれば、
満点で当然です。

これでは、残念ながら、本番では太刀打ちできません。

なぜなら、少し表現を変えたり、角度を変えた形で
問われると、もう、分からないからです。

「正解を見ながら後で復習」して、
「問題文をきちんと読めば正解できた」ですとか。

「特に、それまでの勉強できちんと理解していたのに
どういうわけか、試験場で勘違いしたために、
間違ってしまった問題がけっこうある」というのは、

まさに、「過去問ではほぼ満点」だけど、
「本番では太刀打ちできないレベル」です。

つまり、アウトプットが足りず、
問題を解く学力が身についていない、
ということになります。

>あと一歩でした。
>今は、過去問はひととおりすべて説いておりますので、今後、次の
>受験日まで何をやったらいいのかわかりません。

過去問はムダですので、止めましょう。

いくら、過去問を繰り返し解いて満点をとったところで、
本試験では太刀打ちできませんし。

過去に出た問題を解いたところで、同じ問題が
出る可能性は高くはありません。

過去問よりは予想問題です。

>法学部出身ではなかったので、そのハンデを克服すべく、受験対策
>としては択一本(LECの民法、憲法、商法、行政法)を三回程度
>まわし、市販の模試(5種類)や予備校の直前模試をやりましたが、
>それでもあと一歩でした。(市販の模試もバカにならないと思っ
>ています。類似した問題が、わずかですが出ました)

そうですね。

過去問よりは、予想問題ですね。

行政法と民法が弱いようですから、
そこを克服しない限り、いくら、予想問題を
解いても解決しないでしょう。

民法と行政法を重点的に、基礎からやり直す
必要がありそうです。

>問題は、記述式です。
>記述式については、市販の問題集のレベルより上の問題が出ますので、
>いったい何を使って、どう対策していったらいいのか、わかりません。。。

記述は特別な対策は不要です。

あくまでも、択一でしっかり理解を深めること、です。

実際に私たちは、記述式の特別な対策は特に
指導していません。

>このような私ですが、次の受験日(今年の11月)まで、
>今からいったい何をしていけばいいのか、わかりません。。

◎行政法と民法の攻略

◎過去問ではなく予想問題

◎特別な記述対策ではなく、択一

です。

記述は今回のような調整が入るので、
年度によっては採点が厳しく、また
年度によっては甘くなります。

記述をアテにした勉強は非常に危険です。

目指すは「択一だけで合格ラインを突破」です

>法学部出身でなく、もともと法律のことを勉強してこなかった人間
>でしたので、本番まで
>基本からやり直すべく、
>基本書(司法試験向けなど)を買ってきて読めばいいのか。。。

司法書士と行政書士ではレベルが違いすぎます。

そこまで難易度の高い問題に手を出すと、
収拾がつかなくなりますよ。

行政書士試験のレベルで構いません。

まずは、しっかりと民法と行政法を克服すること、です。

>問題演習が不足ぎみであれば、いったい何をすればいいのか。。。

>問題数の多い、司法書士の過去問(民法商法)を買ってきて
>やればいいのか。。。

繰り返しになりますが、司法書士レベルの問題には
手を出さないこと、です。

そのような問題が仮に出されても、他の受験生も
解けませんから合否に影響しません。

他の受験生が拾っている問題を確実に拾うだけで
合格は可能です。

>よくわかりません。。

>今後どうすればいいのか、アドバイスしていただけましたら幸いで
>す。

随分、混乱していますね。

闇雲に司法書士レベルの問題まで手を出さないことです。

◎行政法と民法の攻略

◎過去問ではなく予想問題

◎特別な記述対策ではなく、択一

です。

そして、「択一だけで合格ラインを突破」を
目指しましょう。

>金銭的な都合や時間の制約などから、市販の模試と予備校の直前模
>試だけを利用してきました。

とのことですから、独学と解釈しています。

スクールや通信を活用したところで、
受験が長引くだけ、です。

膨大なテキストを前に、挫折するケースが
圧倒的に多いので。

ある程度の基礎は見についているようですから、
今度も市販のテキストで頑張りましょう。

独学でもじゅうぶん合格できます。

>桜庭さんのメルマガをいつも拝読しております。

「桜」「庭」ではなく、「坂」「庭」です。

以後、お見知りおきを。

ありがとうございました。

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

いかがでしょうか?

もしかしたら、同じような悩みを抱えているかもしれません。

上記でも回答した通り、

闇雲に司法書士レベルの問題まで手を出さないことです。

他の受験生が拾える問題をしっかりと拾っていれば、
合格ラインは超えますので。

他の受験生が拾えているような基本的な部分を
落としている方が司法書士レベルの問題を解いたところで
理解できるわけがありませんし。

そもそも、そんな問題解けなくても合格できます。

◎行政法と民法の攻略

◎過去問ではなく予想問題

◎特別な記述対策ではなく、択一

です。

そして、「択一だけで合格ラインを突破」を目指しましょう。

前提として、ウェイトの高い民法と行政法の攻略が
不可欠ですが。

通信や通学で挫折した受験生も、ゾクゾクと合格を
果たしています。

今年度の合格を果たす秘訣はこちら↓
行政書士試験合格勉強法


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop