行政書士試験におけるテキストや教材選びの重要性について。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > メルマガバックナンバー > 行政書士試験におけるテキストや教材選びの重要性について。

行政書士試験におけるテキストや教材選びの重要性について。

2015年02月26日

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

前回、積雪の話をしました。

受験生の中でも積雪の影響で、一部、
孤立した地域から、ご連絡をいただきましたが。

私の地域でも、交通の混乱が大きかったですね。

通常、自宅から20分の事務所に辿り着くのに、
なんと、1時間半もかかっていましたから。

それなので、

朝は、いつもより、1時間以上も早く家を出て、
帰りは午後3時や夕方4時には事務所を出て
身支度をする騒ぎです。

私の知人は、通常、出勤に1時間のところ、
5時間かかった、と言っていました。

5時間ですよ(苦笑)

スーパーもコンビニも棚が空っぽで、
一部のガソリンスタンドでは給油制限を
していました。

至るところに車やトラックが乗り捨てられ、
スーパーの駐車場に夜間、無断駐車していた車は、
出すことも出来ず、孤立状態。

除雪車が来るまで、動かせない状態でした。


まさに、震災以来のパニックですね。

関東平野は豪雪地帯ではないため、除雪の重機と
人材が圧倒的に不足し、雪かきもままなりません。

遂に、新潟市から、除雪の重機と人材が
前橋にも派遣されることにもなったのです。

どうやら、新潟市と前橋市は災害協定のような
ものを締結しているらしいです。

ちょうど、昨日、うちのホームページ作成で
お世話になっているウェブデザイナーさんと
スカイプで打ち合わせをしまして。

「去年の今頃は、大変な騒ぎでしたね」

「お互いに、万一の時は、不足している物品を
送り合いましょう」という話に。

たまたま、そのデザイナーさんも新潟市の
方なので。

それは、「たまたま」、ですが。

他県や国外からの応援は、本当に有難いですね。

「逆の立場だったら、どんな協力が出来るだろうか?」と
改めて、考えさせられました。

こんな時でさえ、クラクションを鳴らしたり、
自分のことしか頭にない、バカ野郎も時々
見かけますが・・・

人間性を疑いますね(苦笑)

私自身、去年の積雪ではトラブルに2度、遭遇しました。

まぁ、大きな問題に発展せずに済んだので
助かりましたが。

こんな時だからこそ、近隣の方はもちろん、
県内、県外、国内、国外を問わず、助け合いましょう。

そんなこんなで。

除雪が済み、交通が落ち着くまで、私は
読書やDVD鑑賞の合間に、自宅の
雪かきをしていましたが。

その後は、事務所で、仕事の合間に
雪かきをしていました。

スーパーなど、物流に依存せざるを得ないサービス、
飲食店などは、仕入れに打撃を受けていましたね。

それだけでなく、

仕入れが無ければ、商品を提供できませんから、
お客様が来ません。

仮に、

商品を陳列できても、駐車場が積雪で入れなかったり、
そもそも、お客様が自宅から出られなかったり、
交通に支障があると、当然、客足が遠のきます。

つまり、売上、もっと言ってしまうと、収入、
家計に大打撃を受けてしまう、ということです。

去年の2月、地元の飲食店は大打撃でしたよ。

何せ、物流が止まり、仕入れも出来ず、積雪で
お店には行けないし、客は来ない。

当然、予約はすべてキャンセル。

知り合いの飲食店のオーナーや店長は、
深刻な状態に頭を抱えていました。

その点、

行政書士のような業務は、自宅にノートパソコン
1台あれば、いつでも仕事が出来ますからね。

インターネットから集客すれば、全国から依頼が
入りますから外回りの営業も不要です。

「書類の作成だけ」であれば、最悪、
メールに添付して送ることも出来ます。

つまり、物流に依存しなくて良い、
ということです。

実際に、

私も、当日の依頼で、当日の契約書の納品には、
職印が押せなくても、添付ファイルという形で
納品することもあります。

「職印」というのは「行政書士のハンコ」のことです。

着手は「お振込み確認後」ですから、
とりっぱぐれもありません。

言い換えると、

「入金が確認できるまで、着手しない」
ということです。

このように

◎天候に左右されない

◎在庫を抱えない

◎インターネットの恩恵を受けられる

◎自分の知識が商品・サービスとして売れる

◎一括前金で振込み確認後に着手する

というビジネスモデルは、本当に小資本で
独立起業でき、そして、リスクも少ないですね。

あらためて、行政書士という資格に出会い、
短期合格を果たし、独立してサラリーマンを
辞められたことに有難みを感じています。

どんなに素晴らしい商品を取り扱っていても、
物流が止まって、仕入れが確保できなければ、
アウトですし、

自宅でどんなに素晴らしいオリジナルの商品を
手作りしても、物流が止まって発送できなければ、
それまたアウトですから(苦笑)

さて。

今日は今年度、初めての受験を目指す方から
ご相談をいただきましたので、坂庭からの
回答とあわせてご紹介します。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

O様

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

熱心なお問い合わせ、誠にありがとうございます。

>坂庭様

>メールを拝読させていただき、毎回色々な内容をご提供していただ
>いていることに感謝いたしております。

そう言っていただけると光栄です。

これからも、有益な情報をご提供できるよう、
努力しますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

>私は現在弁護士事務所に勤めております。結婚前にも弁護士事務所
>に勤めており、結婚・出産後9年のブランク後、社会復帰いたしま
>した。司法試験を目指していたわけではありませんが、大学時代は
>民法を勉強しており、地道に小さな文字を読むのが好きで、長く弁
>護士事務所に勤めている40歳です。

弁護士事務所にお勤めとのことですね。

学生時代から、法律に興味をお持ちのようですね。

>現在の事務所では、交通事故ももちろん扱っており、自賠責の案件
>を多く扱っています。なおかつ、現在のボスは、弁護士家業から派
>生して、色々なお金儲けを考えることが大好きな方で、そんなボス
>に感化されたのか、何か自分で開業できることはないかな・・・と
>考えたのがきっかけです。ボス曰く、弁護士も倒産する時代、それ
>だけでは生き抜いていけない、プラスアルファを・・・とのことで
>すが。
>そんな時、坂庭さんのHPにたどり着き、興味を持った次第です。

ボスは私に似ているかもしれませんね(笑)

確かに弁護士も厳しい時代のようです。

地元の知り合いの弁護士も、「毎年、顧問先が減っていく」と
嘆いていました。

まして、行政書士とは比較にならない程、資格の取得までに
時間もお金もエネルギーも消耗するだけに、開業しても
一本で稼ぎ続けるのが厳しいというのも、大変な世界かと
思います。

>坂庭さんの提供している勉強方法の中には『この問題集を使う』とか、
>問題集のお勧めなどは教えていただけるのでしょうか。
>あと9か月、何とか頑張ろうと考え中です。

はい。

あくまでも勉強法ですので、基本書や参考書のような
テキストは付属されておりませんが。

勉強法の中には、お勧めのテキストや問題集を
ご紹介しております。

また、独学、通信、通学に関しても解説してありますが、
ご予算、ご希望の勉強形態(独学、通信、通学)にあわせて
アドバイスもしております。

是非、メールサポートも徹底的にご活用ください。

スタッフの方が法律に興味をお持ちで、感化されて
資格を目指すとなるとボスも心強いですし、
嬉しいでしょうね。

今年度の合格を目指して、一緒に頑張りましょう。

来年の今頃はO様からも嬉しいご報告が届くのを
今から楽しみにしています。

熱心なお問い合わせ、誠にありがとうございました。

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

テキスト選びは重要です。

短期合格を果たしたいなら、大前提として
クリアしておかなければならない最低限の問題です。

毎年、「有名」「テレビでCMをしている」という理由
だけで、高額な通信やスクールに申し込んでしまい、
後悔する受験生が後を絶ちません。

「合格率」なんて、ウソですから、信用しない方が
いいですよ。

「一度だけ模試を受けた」という受験生ですら、
本科生のような扱いで数字を上乗せし、

「水増し」といったほうがいいでしょうか?

「合格率」を誇大にアピールしていますから。

まぁ、それが資格業界の常套手段というか。

そうでもしないと、受験生を確保し、運営
出来ないんでしょうね・・・

何せ、「本業で稼げない行政書士」を講師として
抱えているわけですから(苦笑)

講師に支払う「お給料」の確保で、精一杯でしょう。

そして、スクールの生徒は、「開業しても稼げない
行政書士を講師として養っている」わけです。

そのような「業界のカラクリ」に、そろそろ
気付かないと、一生、カモにされますよ。

まぁ、私たちは、そのような形態とは
一線を画していますが。

それは、ともかく。

「使えない教材」に手を出してしまい、高額を
支払ってしまうと、引くに引けません。

市販のテキスト程度の金額であれば、
「買い直す」ことも可能ですが。

高額な教材やスクールに申し込んでから、
後悔しても、引くに引けませんから。

結局、「使えない教材」で我慢して勉強を続け、
とうとう、不合格・・・

という受験生も毎年、います。

もったいないですね。

時間も、お金も。

まして、

そんな理由で、あなたのやる気をそいでしまったり、
挫折してしまったら、本当にもったいないですよ。

私がご提供している勉強法は、あくまでも、
勉強法ですので、基本書や問題集のような
教材は一切、ついていません。

ついていませんが。

今年度、お勧めの教材なども掲載していますし、
市販のテキストでも優良な書籍はあります。

独学、通信、通学のポイントも解説していますし、
あなたの予算や勉強形態、今の学力、これまで
使用してきたテキストに応じた、個別のメールサポートも
行っています。

マニュアルに興味があったら、是非、スクールや
通信のような高額のサービスに申し込む前に
メールサポートからご相談ください。

大事なことなので、もう一度、お伝えしますが。

テキスト選びは重要ですよ。

短期合格を果たしたいなら、大前提として
クリアしておかなければならない最低限の問題
ですので。

テキスト選びで失敗したくなかったらこちらをクリック↓
行政書士試験合格勉強法

では。


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop