写生大会と行政書士の勉強の共通点 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > 試験情報 > 写生大会と行政書士の勉強の共通点

写生大会と行政書士の勉強の共通点

2012年09月21日

小学生のとき学校の行事で写生大会に参加したことがあります。
時間は約3時間ほどで、動物公園の風景を模写するものでした。

「題材を何にしようか」
「馬を正確に書こう」
と気をつけている間に終了の時間となってしまい、
書きかけの段階で提出したことを覚えています。

一体私は何を失敗したのでしょうか。

「時間配分のミス」と「細かく描写しすぎたこと」が
間違いだったと記憶しています。

当たり前の話ですが、
「1週間かけて書く絵」と「1日かけて書く絵」そして
「3時間で書きあげる絵」はまったく違います。

3時間は3時間なりに仕上げなければなりません。

そのためには、全体の構図をまずは考えて、
バランス良く時間を使って書く必要があります。

しかし、私は「馬の顔」ばかりにデッサンやら絵具の選択やらで、
時間を使ってしまい、ラスト30分を切ってから
焦って「馬の胴体」や「周りの風景」を書きだす始末でした。

出来上がった絵は「完璧な馬の顔」と「3頭身の胴体」、
「幼稚園児が書いたのかと思わせる原っぱ」
の風景画でした。

これは笑いごとではありません。
おそらく、行政書士受験生の中でも私と同じミスを
犯している人は多数いることでしょう。

「インプット学習に完璧を求めて、問題集になかなか入れない」
「択一式問題集を仕上げ切ってから記述式に入ろう」
「一般知識にたくさんの時間をかけよう」

これでは、行政書士試験に合格することは難しいと
いわざるを得ません。

「行政書士試験でおこなうべき勉強」の
全体像を考えてから行動に移さないと、
「完璧な馬の顔」と「3頭身の胴体」、
「幼稚園児レベルの原っぱ」の絵が出来上がってしまいます。

行政書士試験の学習も
バランスを考えて取り組むよう心がけましょう。


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop