法改正情報(8)民法Ⅱ - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > 試験情報 > 法改正情報(8)民法Ⅱ

法改正情報(8)民法Ⅱ

2012年11月02日

親権制度が改正されましたので、
確認するようにしましょう。

1、父又は母による虐待又は悪意の遺棄があるとき、
  その他父または母による親権の行使が著しく困難
  又は不適当であることにより子の利益を著しく害する時は
  家庭裁判所は、子、その親族、未成年後見人、未成年後見監督人
  又は検察官の請求により、その父又は母について、親権喪失の
  審判をすることができる。
  ただし、2年以内にその原因が消滅する見込みがあるときは、
  この限りでない。

2、父又は母による親権の行使が困難又は不適当であることにより
  子の利益を害する時は、家庭裁判所は、子、その親族、
  未成年後見人、未成年後見監督人又は検察官の請求により、
  その父又は母について、親権停止の審判をすることができる。

3、家庭裁判所は、親権停止の審判をするときは、
  その原因が消滅するまでに要すると見込まれる期間、
  子の心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して、
  2年を超えない範囲内で、親権を停止する期間を定めることができる。


「親権喪失」と「親権停止」についての制度改正ですが、
当たり前ですが、「親権喪失」の方が重い判断です。

2つとも似たような文章ですが、
「親権喪失」の場合には、「親権の行使が著しく困難」
「親権停止」の場合には、「親権の行使が困難」というように
「著しく」という言葉が入っているかで、基準が違いますから、
覚えておくようにしましょう。

また、両方とも「2年」という言葉が入っているので、
注意が必要です。

「民法834条」「民法834条の2」は
軽く一読しておくことをお勧めします。


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop