行政書士試験の受験資格 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > 試験情報 > 行政書士試験の受験資格

行政書士試験の受験資格

2012年11月23日

行政書士試験の「受験資格」は、
「年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験できます」
となっています。

他の法律資格は、何かしらのハードルがありますが、
行政書士試験は、ほぼ皆無と言えます。

中学生でも受験できますし、外国人でも試験を受けることが
可能なのが、行政書士試験の魅力の一つと言ってよいでしょう。

例えば、社会保険労務士などは学歴などにも壁があるため、
大学を卒業していない人には、そもそも受験資格そのものが
なかったりもします。
(「学歴」以外の受験資格を得ていれば、受験することはできます)

一方で、行政書士試験は実力主義です。

合格点を取りさえすれば、誰でも行政書士になることができるのです。

ただし、行政書士受験には「欠格事由」があり、
一定の人は行政書士として登録することが認められていません。

例えば、行政書士として登録するには「未成年ではないこと」が
条件になりますので、未成年者が例え試験に合格しても、
20歳になるまでは開業できないこととなっています。

また、破産者や禁錮以上の刑に処せられた者も
「欠格事由」にあたります。

しかし、復権を得たり、刑の執行から3年たつなどすれば、
晴れて行政書士として開業することができます。


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop