なぜテキストと問題集は並行して学習しなければならないのか。 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > 試験情報 > なぜテキストと問題集は並行して学習しなければならないのか。

なぜテキストと問題集は並行して学習しなければならないのか。

2013年02月19日

こんばんは。
行政書士の石井です。

既に行政書士の試験勉強を始めている受験生の中には、
2つ目、3つ目の法令科目に入っている方もいます。

「憲法」をとりあえず学習して、
「民法」や「行政法」を学んでいる人も多いのではないでしょうか。

私は日ごろから、
「基本テキストで憲法を終えたら、必ず憲法の問題を解きなさい。
間違っても問題を解く前に、次の科目の民法に入ってはダメですよ」
という話をしています。

それはなぜでしょうか。

なぜなら、インプットだけでは力が身につかないからです。
インプットのあとにアウトプットを交えて、
初めて知識が知恵へと変化するのです。

先を急ぐばかりにテキストだけをどんどん進め、
すべての法令科目をインプットしてから問題集に
入ろうとするのは大間違いです。

それではテキストを1巡したとしても、
最初に覚えた「憲法」あたりは
すっかり忘れてしまっているはずです。

そんな状態で問題集に入っても、
決してアウトプットにはなりません。

必ずテキストと問題集は交互に進めるようにしましょう。

それにひとつの法令科目をインプットしたら、
「自分がどれだけ覚えているのか問題を解いてみたい」
という気持ちが沸いてくるはずです。

結果として問題集の1巡目は間違えだらけになってしまい、
「全然、理解していなかった」
とがっくり肩を落とすこともあるでしょう。

しかしそこに挑んだ意義は大きいのです。

逆に「自分の知識量を知るのが怖くて、問題に入れない」
という人は、間違いなく今年も不合格です。

問題集を解いたことのない人は、
試験直前期になればなるほど更に恐怖が増すということを
知っておいたほうが良いでしょう。

今、怖がって挑戦できない人は、
この先、挑戦するのによりハードルが上がるのです。

中には「インプットを完璧に覚えてから問題集に入る」という
受験生もいます。

そういった受験生の多くは、
試験直前期になって初めて問題を解き始めますが、
そのときになって初めてアウトプットが
圧倒的に足りていないことに気がつきます。

そして「もっと早く問題集に入っておけばよかった」と
後悔するのです。

それでは遅いのです。

今のうちから「問題を解くことは日常の当たり前のことであり、
解けなくても前向きに切り替えられる」ようにしておかないと、
行政書士試験には決して合格できません。

問題を解くのは何も特別なことではなく、
また解けないことも当たり前であり、
そこからがスタートだという気持ちを持つようにしましょう。

行政書士試験に合格するためには、
問題集を解く重要性をきちんと理解しておきましょう。

石井


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop