イタリアの選挙制度 - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > 試験情報 > イタリアの選挙制度

イタリアの選挙制度

2013年02月28日

こんばんは。
行政書士の石井です。

イタリア総選挙が今週おこなわれましたが、
下院はモンティ首相のいる「中道左派連合」が勝利しましたが、
上院では過半数を取ることができず、
「ねじれ」となってしまいました。

今回の選挙は、ベルルスコーニ前首相率いる「中道右派連合」
グリッロ氏の「五つ星運動」が予想以上の躍進を遂げ、
3つどもえの様相で、不安定な政局となっています。

モンティ首相は、前ベルルスコーニ氏から政権を奪い、
イタリアを立て直し、ユーロ危機を回復させ、
国際的評価が高かった一方で、
緊縮財政を推し進めたために
イタリア国内では批判の声もありました。

特に緊縮財政により若年者の失業率が大幅にあがったことで、
若者からの支持は低かったとみられています。

一方で「脱・政治家」を掲げ戦った、
「五つ星運動」が予想外に検討したことは驚きでした。

グリッロ氏は政治家ではなく、お笑い芸人ということで、
日本でも東国原氏や青島幸男氏、
横山ノック氏などが知事として活躍しましたが、
同じような感じなのでしょうか。
今でいうと日本維新の会のイメージに近いんですかね。
よく分かりませんが。

それにしてもベルルスコーニ氏が予想以上に
人気があったのは驚きでした。

「未成年者への買春疑惑」「マフィアとの癒着疑惑」
「汚職問題」「女性問題」とスキャンダルまみれの政治家で
ある一方で、首相を過去3回も務めたというのは
日本ではちょっと考えられないですね。

さすが、イタリアという感じです。

今回の選挙公約では、モンティ首相の緊縮財政に対して、
ベルルスコーニ氏はバラマキを目玉にしていたため、
ベルルスコーニ氏が躍進したことで、
「イタリアの財政は大丈夫か」ということから再び、
ユーロ危機の火種がでてきました。

イタリアの場合、下院と上院がほとんど平等ということで、
日本のように衆議院の優越があるわけではありません。

なので、「ねじれ」がひとたびおこると、
日本以上に深刻になる可能性があります。

今後、イタリアの政局が安定した連立政権が
組めるかどうかがポイントになりそうです。

イタリアの動向は目を離せないですね。

石井


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)
カテゴリ内の前の記事




PageTop