行政書士としては、「やっとスタートラインに立った」という気持ち - 行政書士試験 一発合格センター

お問い合わせはコチラ

HOME > 合格者の声 > 詳細(26年度) > 行政書士としては、「やっとスタートラインに立った」という気持ち

行政書士としては、「やっとスタートラインに立った」という気持ち

2015年04月13日

takeuchi-sama01.jpg
takeuchi-sama02.jpg

平成26年度合格者
鳥取県 武内 剛様
受験回数:7回目

確実に合格するために「ラクラク勉強法」を購入しました。

マニュアルを購入した後、テキストが発売されると、
早速マニュアルを実践し始めました。

実践した時に思ったのは、「こんな勉強法があったのか!」
ということでした。目から鱗が落ちるとはこのことを言うのでしょう。

私は、2年続けて「178点」でした。

特に前年度は自己採点では合格基準点を大きく超えていたため、
試験後には、他資格の勉強を始めようとしていました。

ところが、まさかの「不合格」。天国から地獄へ落ちた気持ちでした。
しばらく何もする気になれませんでした。

しかし、いつまでも落ち込んではいられないので勉強を
スタートしました。勉強方法は、市販のテキストと問題集を使って
行う独学に近いスタイルをとりました。

そして、本試験が終わりました。

あまりの難しさに自己採点だけして、ほぼあきらめて迎えた
合格発表日の「翌日」。

午前4時に目が覚めました。

昨日が合格発表だったことを思い出し、行政書士試験研究センターの
ホームページを一応確認しました。

すると、何と驚いたことに、自分の受験番号があったのです。

目を疑いました。受験票を引っ張り出して確かに自分のものだと確認し
ました。しかし、合否通知書が来るまでは落ち着きませんでした。

合否通知書によると、私の得点は「174点」でした。

しかし、合格基準点が、法令が「110点」に、合計点が「166点」に下がる
という補正的措置がとられたため合格したのです。

今の正直な気持ちは、「ほっとした」です。しかし、行政書士とし
ては、「やっとスタートラインに立った」という気持ちもあります。

最後に、来年度に向けて勉強されている方、特に私と同じような多
数回受験されていている方は、ぜひ「ラクラク勉強法」を購入して
みてください。

そして、マニュアルだけを愚直に実践してください。
そうすれば、合格はおのずと近づいて来ます。頑張ってください。

※この年は例年よりも難易度が高かったため、補正措置により166点以上で合格となりました。


さらに詳しい最新情報は無料レポートをダウンロードしていただくと、メールマガジンにて配信したします。今すぐ、このページの下部からご登録ください。

プロフィール

行政書士試験一発合格センターは短期間で一発合格した坂庭つとむと石井浩一によって運営されています。

お問い合わせ

坂庭と石井が本格的に試験勉強にとりかかったのは、世間では「直前期」とよばれる時期です。限られた時間の中で、必要な知識と理論をいかに吸収し、本番に活かせるか?必死に模索しながら、走りぬけました。

無料レポートをダウンロードしてみる
無料レポートをダウンロード

無料レポートのダウンロードは下記のフォームからお願い致します。

行政書士オンライン

report.jpg

以下のフォームにお名前と/メールアドレスを記入後、「登録」をクリックしてください。

約10秒後にあなたのメールアドレスに極秘情報をお届けします。

※今なら「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポートと短期一発合格の行政書士2名による音声対談67分(永久保存版)を特別にプレゼントいたします。

「解法テクニック!誤った選択肢はこう探せ!」無料レポート希望
お名前(姓のみ)
【注意】ニックネームやローマ字での請求は削除します。イタズラ防止のため、以後のご請求は出来なくなりますのでご注意ください。
メールアドレス
Yahooやgoo、hotmail、gmailなどのフリーアドレスにはメールが届きにくくなっていますので、プロバイダのアドレスを推奨しています。(※携帯のアドレスには対応しておりません。必ずパソコンのアドレスでお申し込みください。)

PageTop