記述式で0点でした・・・

記述式で0点でした・・・

今回は、「記述式で0点だった」という方から ご相談をいただきましたのご紹介します。 ↓↓↓ ここから ↓↓↓ > 毎日の配信ありがとうございます。先生お二人の会談 > の録音は、時間があるたびに拝聴させていただいてお > ります。 ありがとうございます。お陰さまで、 受験生からも非常に評判が良く、すでに2000名以上の 方が聴いてくれています。 合格者からも「何度も聴いていました!」と 言っていただいている音声です。 是非、繰り返し聴いて実践し、活かしてもらえると 嬉しいですね。 > 私は、去年の行政書士試験受けましたが、結果は見る > も無残でした。記述式の問題は0点で、全体でも40点 > にも満たないありさま、しばらくは不合格通知の記述 > 式の欄に、何も書いてない部分が浮かんでくるような > 状態でした。 そうでしたか。 ご自分でも非常に大きなショックを受けていると いうことですね、、、。 それだけSさんが行政書士試験に真剣で 必死に取り組んだということでしょう。 お気持ちをお察しします。 > 私も先生と同じように、ゴールデンウイーク前に仕事 > を退職し、一発合格、必勝体勢で毎日血のにじむよう > な勉強をしておりました。しかし、意気込みとは裏腹 > に、やっていくしなからその内容を忘れていくという > 始末。 なるほど、そうでしたか。 私も毎日が「忘れてしまう」という状況との戦いでした。 つまり、暗記に依存し、忘れないように、基本書や 過去問を繰り返し、「回転させること」に必死でしたよ。 忘れてしまうことが怖かったです。 正直、今勉強しても、テキストを閉じて布団に入ると 次の日には忘れてしまうことが怖くて、実際に 翌朝になると昨日勉強した内容を忘れている事実に 愕然とし、毎日、「また覚えなきゃ・・・」と、 その繰り返しでした。 「記憶との勝負」 「覚えることと忘れないこととの戦い」 そんな感じでした。 今思うと、それは明らかに最初の段階での インプットの仕方に問題がありました。 さらに、その後のアウトプットの方法を いかに工夫するかで、インプットした知識の 強化が飛躍的に違ってきます。 > 速読や、いろんな暗記術の本を読み試してもほ > とんど効果はありませんでした。 まず、行政書士試験のような思考力が問われる 資格の場合、ベースになるのは「理解力」です。 そもそも、理解できていないことは知識として 頭に定着しませんから、覚えられないんですよ。 もちろん、暗記術を否定するわけではありませんが、 まずは、しっかりと理解することがベースであり、 理解が伴った状況で初めて暗記術や記憶術が 活きてくると思います。 実際にいただくご相談で多いのは 「過去問を繰り返していると答えを覚えてしまう。 だけど、模擬試験で似たような問題が別の表現や 違う角度から問われると全く太刀打ちできない。」 という方は非常に多いです。 この状況は「すでに過去問を覚えている」わけですし、 「覚えることで満足し、安心してしまっている」状況ですから とても危険ですよね。 速読にしても否定はしませんが、それ以前に、 速読を身につけるのにお金も時間がかかります。 かなり高度な技術ですから、市販の本を ちょっと読んで実践した程度では、とても 身に付きません。 数十万円もするセミナーに泊まりで参加し、以後も 実践しながら身につけないと、「速読」と呼べるレベルには 達しないのが現実です。 私のように「ビジネス書を1日に1冊読みたい」とか、 「おおまかにポイントをチェック出来ればOK」という 読み方であれば、速読で「1冊●分」という読み方も 良いでしょう。 では、それが思考力を問われる資格の勉強に どれだけ活かせるのか?というと、私には正直 分かりません。 実際に速読の中には「小説のようなストーリーを 重視する書籍や難解な実用書を読み込むには、 速度を落として読みこむ必要があるため、速読には 向かない書籍もある」、と謳っているものもあります。 もし、小説でさえ速読に向かないのであれば、 より深い理解と知識が問われる資格の勉強には 向かないのではないか?という気もします。 (あくまでも私の独断と偏見ですが) 速読にも種類がありますし、私自身、速読を 身につけているわけではありませんので、 参考として受け止めてもらえれば有難いですが、 最初にしっかりとインプットを行い、アウトプット しながら、その知識を定着させ、理解を深めることが 大切です。 その上で暗記術や記憶術を活用すれば より効果があるでしょう。 速読に関しては「1日に1冊以上ビジネス書を 読みたい」など、いわゆる多読をしたいという 状況になってからでもいいと思いますよ。 > 結局、繰り返し学習しかないのかな?と思い、何度も > 間違えるようなところは、ノートに書いて思いつくた > びに、それを見るようにしていきました。 「繰り返し学習」となると、行き着くところ、「本番までに 基本書を●回、読みこむ」とか、「過去問を●回転させる」 という勉強になるでしょう。 ある程度のインプットが終了したら、 以後は、アウトプットしながらインプットした 基礎知識を強化し、理解を深めることが重要です。 インプットを繰り返しても、結局は暗記になって しまうので、悪循環ですよ。くれぐれも注意してください。 > 試験の数日前に、それまで一度も合格点に達しなかっ > た模擬試験、書店で買ってきた大手の会社の模擬試験 > でようやく合格点に到達し、これでようやくいけると > 思って自信を取り戻したのですが、本番試験の内容を > 見て頭がくらくらしてきました。 > まったく見たことも聞いたこともないような問題が大 > 半ではありませんか。それまで勉強してきた知識がほ > とんど役に立たないのです。 勉強で最終的に目指すのは、「見たこともない 問題をどこまで解答できるか」です。 暗記に頼った勉強だと、「角度を変えて問われた だけで分からない」というケースも出てきます。 ところが、理解し、思考力を養う勉強を日頃から 実践していれば、多少、見たことがない問題でも、 正しいプロセスで回答を導けます。 暗記重視の勉強と理解重視の勉強がここで 合否を分けることになりますよね。 だからと言って、「他の受験生も解けないような 難問・奇問」までは解けなくても構いません。 他の受験生も解けるであろうレベルの問題を 確実にこなし、その上で見たこともない問題を どこまで拾っていけるか、です。 > 一般知識などは本当に全くわからなかったのです。 一般知識に関しては直前まで手をつけない方が賢明です。 実際に、私たちは「9月まで勉強するな!」とアドバイスしていますし、 私もマニュアル作成者の石井も9月なってから本格的に 手を付け始めました。 足切りだからと言って、早い段階から一般知識に手をつけると 法令科目が終わらないうちに本試験になってしまいます。 また、早くから勉強しても、それこそ、一般知識の場合 忘れてしまうことが多いのが難点です。 Sさんがどのような一般知識対策を行ったのか 分かりかねますが、9月までは法令科目に専念しましょう。 > 半分あきらめかけていた行政書士なんですが、先生お > 二人の言葉や姿で、もう一度頑張ろうかなとおもうよ > になりました。 私たちが何かのきっかけになれたのであれば これほど嬉しいことはありません。 一緒に合格を目指しましょう。 > ここまでは、私自身のことを知っていただくため、拙 > 文にお付き合いいただきましたが、質問いくつかよろ > しいでしょうか? > 一つ目は、過去問は全く役に立たないのでしょうか? > 私の試験体験からは、過去問が役に立っているように > は思えませんでした。一般知識に関してはやるだけ無 > 駄のように感じたくらいです。 「過去問が全く役に立たない」とは言いませんが、 今の知識の確認程度に思ったほうがいいですよ。 過去問は文字通り、過去に出された問題に過ぎません。 つまり、全く同じ文言で、全く同じ問題と設問が出題 されることは、おそらくないでしょう。 それにも関わらず、「過去問が全て」と思い込み、 繰り返し過去問を解き続けると、結局は問題文も 設問も暗記してしまい、「解けている錯覚」をするんです。 その弊害として、模擬試験で同じような問題を 別の角度や違う表現で聞かれると、 「サッパリ解けない・・・」ということになるわけです。 ですから、過去問は「今の知識の確認」程度に 思ったほうがいいですね。 > 二つ目は、先生お二人の考案した勉強法は、昔の戦 > 争、中国史でいうところの兵法のようなものなのでし > ょうか?もし,兵法のようなものであれば、それを使 > う人間の裁量次第で、大いに役に立ったり、何の役に > も立たなかったりしますが? 正直、私たちのマニュアルは兵法のようなものとは 全く違うと思ってください。 兵法のように使う人間の裁量次第で結果が異なる、 という類のものでは全くありません。 むしろ、「それまでの自己流は捨てて、素直に マニュアルに書かれていることだけを実践して ください」とアドバイスしています。 マニュアルに書かれていることだけを忠実に 実践すれば「合格」という同じ結果が得られます。 書かれていないことまでやる必要はありません。 もし、本人の裁量次第で結果が異なるとすれば、 マニュアルを忠実に実践しない場合です。 「ここは実践してみるけど、ここはやらなくていいや」 という方法では正しい結果(合格)が出ません。 必ず全てを実践する必要があります。 また、「何の役にも立たない」という場合があるとすれば、 「買っただけで実践しない場合」でしょうね。 > わたしはごく普通の頭脳の持ち主であります、どちら > かというと数学のような分野が得意で、暗記モノは苦 > 手なほうなのですが、先生お二人の考案した方法は、 > 子供でも使えると説明にありましたが、本当でしょうか? マニュアルは行政書士試験に特化していますが、 この方法を子供の学校の試験勉強に当てはめれば そのまま使えます。 それどころか、「この方法を実践すれば司法試験にも 受かるのではないか?」と言ってくれた合格者の方もいます。 ノウハウには応用も必要ありませんし、暗記も必要ありません。 もちろん、記憶力はないよりあったほうが良いですが、 マニュアルは記憶力や暗記力は全く使いませんので ご安心ください。 ちなみに、実は私も暗記が苦手です。 それにも関わらず正しい、効率の良い勉強法を 知らなかったので、「覚えなきゃ!」「忘れないように 繰り返し勉強しなきゃ!」と必死でした。 必死に基本書を頭から繰り返し勉強し、 過去問を解いていました。 忘れないように睡眠時間を削って勉強時間を増やし、 死ぬ気で取り組みましたが非常に効率が悪く、 手応えもありませんでしたね。 模擬試験を受ければ受けるほど成績は下がり、 最後の最後の模試、つまり、本番直前の模試では 「合格圏外」でしたよ。 辛くも一発で合格しましたが、もし、不合格で その先も、同じような効率の悪い、暗記に頼った勉強を 続けても一生受からなかったでしょう。 今、思うと、本当にぞっとしますよ。 > いきなりの質問で失礼かとは思いましたが、わたくし > も真剣なので、お忙しいとは思いますが、答えられ範 > 囲でお返事いただきたいのですが、どうかよろしくお > 願いします。 行政書士試験の勉強では、インプットとアウトプットの バランスと、その方法が極めて重要です。 最初のインプットに時間をかけすぎると 本試験までにアウトプットする余裕がありませんから、 効率よくスピーディーにインプットを完了し、 後はアウトプットを繰り返すことになります。 マニュアルでは、この最初のインプットから しっかりと実践していただきますので 皆さん、手応えを感じてくれていますね。 お聞きした感じではSさんも私と同じような 勉強方法ですから、これまでの方法で勉強を 実践しても、なかなか結果に結びつかず、 受験が長期化する可能性もあります。 マニュアルには合格保証もついていますから、 もし、本気で取り組んでいただけるなら、是非、 購入して実践してみてください。 一緒に合格を目指して頑張りましょう。 ご相談、ありがとうございました。 坂庭 ↑↑↑ ここまで ↑↑↑ 行政書士試験を突破する上で大切なのは 「勉強時間」ではなく、「勉強の質」です。 そして、短期間で「質」を高めるには 効率の良い勉強を実践する必要があります。 Sさんのように「仕事を退職し、一発合格、 必勝体勢で毎日血のにじむような勉強」を しても「記述が0点」「受からない」とすれば、 それは勉強の方法が間違っている可能性が ありますから注意してください。 事実、正しい効率の良い方法を実践することで 一発合格している受験生は多数いますからね。 ちなみに、Sさんが聴いてくれている 「先生お二人の会談の録音」というのは、 この音声特典のことです。 オンラインセミナー まだ聴いていなかったら、是非、繰り返し聴いて 実践し、活用してください。 さて、もうすぐ今月の特典も封印します。 おそらくこのメールが最後の告知になると 思うので、5月特典が気になったら チェックしてください。 行政書士試験ラクラク勉強法 ※ 今年度版のご提供は先着500名様になります。 ※ 今月の限定特典にご注意ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME