行政書士試験に「最短で受かる人」と「何年かかっても受からない人」の違い

行政書士試験に「最短で受かる人」と「何年かかっても受からない人」の違い

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 今日は、「最短で受かる人」と「何年かかっても受からない人」の 最大の違いを解説します。 この違いを知らないと、今年も、来年も、どんなに 必死に勉強しても、おそらく受からないでしょう。 それどころか、今後も、何一つ、成果が出ないまま、 「なんでかなー」「自分なりに頑張っているつもりなんだけどなー」と いう状態が続きます。 そのまま、何一つ成果が出ない状態が続けば、 当然、生活がままならなくなる。 それじゃぁ、あまりにも悲しくありませんか? ということで、今から、「最短で受かる人」と 「何年かかっても受からない人」の最大の違いを お話します。 「受からない人」の98%の原因は、ここに あると思っていいです。 あなたは、意識が高い方だと思うで、 まさか、今からお話しする「残念な受験生」とは 無縁だと思いますが。 思いますが、 万一、心当たりがあったら、要注意です。 すぐに、意識を変え、行動を変えてください。 もちろん、「今年の行政書士試験に 受かりたいなら」ですが(笑) 前置きは、ここまで。 分かりやすく、具体例を出しつつ、 クイズ形式にします(笑) 「今から、1時間以内に、直径3メートルで、 深さ1メートルの穴を掘りなさい。 もし、1時間以内に掘れたら、合格とします。」 あなたなら、次のどのツールを使いますか? 1.何も使わずに手で掘る(無料) 2.小さいシャベルで掘る(1万円) 3.重機で掘る(3万円) まず、「1」は論外ですね。 爪先が血だらけになるだけで、おそらく、 大した穴も掘れないはずです。 「2」も、かなり可能性は低いでしょう。 だって、小さいシャベルですよ。 これで、ガムシャラに掘ったところで、 たかがしれています。 でも、重機なら、数回、掘ったところで 完了でしょう。 それまでに、1時間もかからないはず。 では、次の問題。 「今から、10分以内に、60階のビルの 最上階まで来なさい。10分以内に到着したら、 合格とします。」 あなたなら、次の、どの手段を使いますか? 1.壁をよじ登る(無料) 2.非常階段で駆け上がる(1万円) 3.エレベーターで上がる(3万円) ここでも、「1」は論外ですね。 たどり着く前に死んでいるかもしれません(苦笑) 「2」は、どうでしょうか? 「10分で60階」ですから、単純に、 「1分で6階」まで、それを10回、 ペースを落とさずに走る必要があります。 一般人なら、まず、無理でしょうね(苦笑) じゃぁ、もう1つ。 「沖縄からスタートして、半日以内に、 北海道へたどり着きなさい。たどり着いたら 合格とします」 あなたなら、どの手段を使いますか? 1.走る(無料) 2.バイクを使う(1万円) 3.飛行機を使う(3万円) 「1」は、論外ですね。 「2」も、ほぼ、無理。 あなたは、私が何を言いたいか分かりますか? 行政書士試験でも、受からない人は、 毎年、これをリセットして、ゼロから 繰り返しているわけです。 「ゼロ」は、言いすぎかもしれませんが。 でも、落ちては、また、最初から、勉強しなおし、 落ちては、また、最初から・・・ その繰り返しですよ。 言ってみれば、 毎年、また、ゼロから、手で穴を掘り始めたり、 小さいシャベルで掘ってみたり。 というか、毎年、シャベルでゼロから掘っても、 ほぼ、見込みはありませんよね? そんなところにお金を使うだけ無駄。 だったら、最初から、重機で掘った方が速いわけです。 ビルも同じです。 「はい、残念でした。また、チャレンジてください」と 言われて、また、無料で壁を登りますか? それとも、「無駄」だと分かっていて、1万円払って 非常階段を駆け上がりますか? 3つ目の「走る」「バイクを使う」も同じですよね? ★重機を使えば、余裕で掘れる。 ★エレベーターで上がれば、時間があまる。 ★飛行機を使えば、余裕で間に合う。 分かっているのに、なぜ、みんな、使わないと思いますか? そうです。 「お金がもったいないから」ですね。 違いますか? ここで、「お金がもったいない」と思いこんでいる 気の毒な受験生こそ、毎年、毎年、落ち続けて、 人によっては、かれこれ、10年近く、ペーパー試験の 「お勉強」を頑張っています。 気の毒としかいいようがありません。 だって、あとから勉強を始めた受験生が、合格し、 独立開業し、バッチをつけ、依頼を獲得し、 報酬をもらってバリバリ稼いでいるんですよ(苦笑) じゃぁ、なぜ、「あとから勉強した受験生」が 最短で合格して行くのか? その答えは、たった1つ。 「自己投資したから」です。 「お金で時間を買ったから」といっても いいでしょう。 実際に、私もこれまでに、多くの起業家を見てきましたが、 自己投資する意識のない、残念な人は、だいたい、 無料セミナーに出て、満足しています。 「無料」の「セミナー」に出て、得るものがあると思いますか? いえ、 「無料」の「セミナー」に出て、何かを身につけられると思いますか? と聞いた方がいいかもしれません。 無料でも、質の高い講義やセミナーはたくさんあります。 たくさんありますが、参加する側の意識として 「無料だから」という気持ちが、どうしてもあるんです。 だから、 ・遅れて入ってくる ・途中で眠ってしまう ・途中で退席してしまう ・懇親会に出ずに、帰ってしまう ・懇親会に出ても、「ただで教えてもらおう」という 意識の低い気の毒な人としか知り合えない 結果として、 どんなに素晴らしいセミナーでも「無料」というだけで、 何も身に付かないまま終わってしまう・・・ という、悲しい現実がまっているわけです。 だって、「どうせ無料だったから」と思えば、 聞いた情報もノウハウも実践しないですよね? そして、そのような「無料のセミナー」ばかり、 漁っている人で、合格した人はいませんし、 起業して成功した人もいません。 たいてい、その後も、ずーーーーーーっと、 合格しないままだったり、お金が稼げないままなんですよ。 くどいですが、その原因は、 「身銭を切って、スキルを身につけよう」 「お金で時間を買ってしまおう」 「自己投資して成長しよう」 という意識がないからです。 正直、このような意識の低い人は、何をやっても 結果が出せません。 さて。 私のところにも、毎日のように「勉強の 方法が分かりません」「なんど受けても受かりません」 という悲しいメールが届きます。 そりゃあ、そうでしょう。 いくら私が、ノウハウを出そうが、勉強の計画の 立て方を教えようが、「しょせん無料だし」と いう意識で読んでいるうちは受かるはずがありません。 その一方で、 ・労働時間が14時間半の ・残業サラリーマンで、 ・まったくの初学者が、 ・一日の勉強が数時間 ・しかも、隙間時間を使っただけで、 ・独学の勉強でも、 ・147日で一発合格した というツールが目の前にあるのに、 「なんで使わないんだろう?」と 不思議で仕方がありません。 いってみれば、さっきの「重機」や 「エレベーター」や「飛行機」を 使うようなもんです(笑) クリックしてください↓ 行政書士試験短期合格マニュアル 確かに3万円ちかくしますが、今年の 試験に受かれば、来年の今頃は、開業できます。 開業して、自力で稼ぐことが出来れば、 ・ラッシュアワーもない ・会社に勤めることもない ・つならない人間関係もない ・好きな時間にお金を稼ぎ ・付き合いたい人とだけ付き合い ・趣味の時間とお金を確保し ・家族と平日の昼間に買い物や旅行にいく そんな生活が手に入るわけです。 実際に、 「”今年、受からなかったら、来年は マニュアルを買って実践しよう!”と思っており、 不合格だったので、マニュアルを買いました。 結局、マニュアルを買った年に受かったので、 やっぱり、一年前に買っていれば、一年、早く、 合格していたと思います」 と、合格者のみなさんは、口をそろえていいますね。 そして、 独立開業し、今では、同じ、行政書士として 情報交換している人や、 自分でホームページを立ち上げ、依頼を獲得し、 お金を稼いでいる人も、一人や二人ではありません。 一緒に、重機で穴を掘りませんか? エレベーターで一気に駆け上がりませんか? 飛行機で飛びませんか? クリックしてください↓ 行政書士試験一発合格マニュアル 外は、春らしい気候になってきました。 あなたは、今、正直、季節を楽しんでいる 余裕もないかもしれません。 でも・・・ 今年の本試験で合格すれば、来年の今頃は 独立開業です。 もし、独立開業して、春を迎えることが出来たら、 どんなに気持ちがいいと思いますか? イメージしてみてください。 ・合格証が届き、友人や家族と喜んでいるあなたを ・行政書士会に登録し、バッチを胸に付けているあなたを ・期待と不安に包まれながらも、「どんな業務を手掛けようか?」と ワクワクしているあなたを ・すがすがしい気持ちでお花見を楽しんでいるあなたを ・「先生!」とチヤホヤされているあなたを(笑) 今年の本試験で合格すれば、夢でも何でもなく、 本当に、来年の今頃は、そんなあなたになれているんですよ。 って、思いがけず、長くなりました。 「今、どうしても、あなたに伝えたいこと」を これからも、すべて出し切っていきたいと思っています。 そんなわけで、今月の限定特典もお忘れなく。 行政書士試験一発合格勉強法 では、では。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME