行政書士試験のテキストの選び方とは?

行政書士試験のテキストの選び方とは?

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 今日はテキストの選び方について。 この時期にいただくご相談として、 多いのが「テキストの選び方」です。 私が受験生にお伝えしているポイントは、 ◎薄いもの ◎図解の多いもの ◎「初歩の初歩」でないもの この3つです。 実は、合格できない受験生に限って、 これとは逆の選択をしています。 例えば、 ×いきなり分厚い教材 これだけで、まず「アウト」ですね(苦笑) 「分厚いから解説が詳しい」と思って 買うようですが、そうとは限りません。 字が小さく、図解もなく、初心者には 分かりにくい教材もありますからね。 むしろ、最初は薄いので十分。 薄いテキストで一通り全体の流れを 把握して、内容を理解してから、 肉付けしていく感じにしましょう。 最初から分厚い教材を買った受験生の 多くが、途中で挫折しています。 ◎テキストは薄いものを選ぶ 次に「図解」ですね。 「当たり前」のように聞こえますが、 ここもポイントです。 というのも、 図解の少ない、白黒のテキストというだけで、 見づらいし、理解も進まないからです。 意外にも「図解の少ないテキスト」で 頑張ってしまう受験生がいます。 1~2冊を手にとって、「分かりやすいから、 こっち」と慌てて選ばずに、いくつも手にとって、 図解の多いもの、出来ればカラーのものを 選びましょう。 最後に「初歩の初歩」でないものを選ぶ。 「えっ?初歩の初歩の方がいいんじゃないの?」と 思ったら、受験が長引く危険があります。 その理由は、 「自分は初学者で基礎知識が全くないから、 初歩よりも、初歩の初歩から」と判断し、 思わず、「初歩の初歩」というテキストから 始めてしまう方がいます。 残念ながら、このような方も受験が 長引きます。 なぜなら、 「無駄にボリュームがありすぎるから」です。 その結果、「初歩の初歩」のテキストを消化するまでに 時間がかかり、次の「初歩」にたどり着く前に 本試験を迎えるハメに・・・。 初学者でも「初歩」からで、十分です。 整理しておきましょう。 ◎最初は薄いものを使う ◎図解の多いものを使う ◎「初歩の初歩」でないものを選ぶ この3つが最大のポイントです。 一見、「大丈夫か?」と思うかもしれませんが、 「大丈夫」です。 実際に、短期合格者は、ほぼ、みなさん、 このようにしていますから。 その一方で、短期合格を果たせない受験生は、 これとは正反対のテキストを選んでしまいます。 あなたが使っているテキストは大丈夫ですか? ここで、先日、私のマニュアルに関していただいたご相談と 私からの回答を。 ↓↓↓ ここから ↓↓↓ >購入したら、勉強方法は、わかるのですが、勉強するテキストは、 >ないようなので、どんなテキストを、かったらいいのかわからいの >で、通信講座も、一緒に、勉強したほうがいいですか、 マニュアルの中に「今年度お勧めの教材」を 厳選してご紹介しています。 マニュアルはこちらから買えます。 クリックしてください↓ 行政書士試験短期合格マニュアル また、通信や通学に関しても解説している 章がありますので、まずは、そちらをご確認の上、 メールサポートからご相談ください。 通信や通学の場合、いずれも高額ですから、 そちらに申し込む前に、必ずメールサポートを ご活用ください。 「有名な通信講座だから」「大手のスクールだから」という 理由だけで使えないものに申し込んでしまうと、 高額ゆえに、なかなか教材を切り替えられずに、 非常に苦労します。 実際に、使えない教材で勉強した結果、不合格に終わった 受験生が翌年に、「教材選びからやり直す」という ケースも少なくありません。 メールサポートでは、Yさんのご予算やご希望の 勉強形態(独学・通信・通学)などをすべてお聞きした上で、 個別具体的なアドバイスをしています。 まずは、マニュアルご購入後、お勧めの教材や 勉強形態の章をご確認の上、メールサポートを ご活用ください。 ↑↑↑ ここまで ↑↑↑ 是非、参考にしてください。 マニュアルはこちらから買えます。 クリックしてください↓ 行政書士試験短期合格マニュアル では。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME