勉強中に眠くなった場合の対処法とは?

勉強中に眠くなった場合の対処法とは?

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 昨日は、子供のイベントに参加し、そのまま 急きょ、仕事を休みにしました。 今年に入って、ほぼ、休みゼロだったので、 思いがけない休日です(笑) 昼は自宅で食べ、午後も子供と遊び、 アイスを食べてから、昼寝をし。 起きて、公園で遊び、夕方は家族で ラーメンを食べ行き。 一緒にお風呂に入ってから、夜も 遊び、一緒に、ゴロゴロ寝ました。 夜は、9時に寝ましたね(笑) 日頃、早く寝て5時すぎに起きて、6時から マラソンをしていますが、さすがに、前の夜に 9時に寝ると、4時すぎには目が覚めます(笑) 普段の疲れが溜まっていたのもありますが、 スッキリ目が覚めて、絶好調。 こんな自由な生活を送れるのも、行政書士として 起業し、今があるからです。 好きな時に仕事をして、好きな時間に好きなものを食べ、 好きな時間に昼寝をして、好きな時間に起きて、 また、好きな時間に好きなことをする。 一度しかない人生、イヤなことをイヤイヤやって 無駄な時間を過ごしている場合じゃありませんね。 さて。 今日は「勉強中に眠くなったら、どうしたら いいのか?」という相談です。 あなたは、眠くなりませんか? 私は猛烈に眠くなっていました。 まぁ、退屈ですからね。 ペーパー試験のお勉強って(苦笑) 「眠くなったら、寝ればいい」で、済めばいいですが、 それでは、一向に勉強が進まないでしょう。 それでは、どうしたらいいか? ズバリ、「やることを変える」です。 基本書で勉強していて眠くなったら、 過去問を解いてみる。 過去問で眠くなったら、予想問題集を解いてみる。 こんな感じで、メリハリをつけて、やることを 変えるだけで、違ってきます。 勉強中、眠くなったら、やることを変える。 あなたも、是非、実践してみてください。 行政書士試験に短期一発合格する方法 それでは、よろしくお願いします。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME